純名里沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
じゅんな りさ
純名 里沙
本名 中西 純子(なかにし じゅんこ)
別名 純名 りさ(旧芸名)
生年月日 1971年3月15日(43歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府箕面市
身長 160cm
血液型 AB型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1990年 -
活動内容 1990年宝塚歌劇団入団
1991年雪組に配属
1994年花組に異動
1995年:花組トップ娘役就任
1996年:宝塚歌劇団退団、以降舞台・テレビで女優として活躍。
2002年:芸名を「純名りさ」に改名
2009年:芸名を再び「純名里沙」に改名
公式サイト Risa Junna Official Website
主な作品
舞台
ハウ・トゥー・サクシード
ミー・アンド・マイガール

ドラマ
ぴあの
映画
『夜間飛行』
備考
宝塚歌劇団卒業生

純名 里沙(じゅんな りさ、1971年3月15日 - )は、日本女優声優歌手である。本名、中西 純子(なかにし じゅんこ)。元宝塚歌劇団花組トップ娘役。大阪府箕面市出身。

来歴・人物[編集]

中学校の英語教師の父と専業主婦の母の家庭に生まれる。大阪府立東豊中高等学校を経て、1988年宝塚音楽学校へ入学。

1990年宝塚歌劇団76期生の首席として入団。『ベルサイユのばら』で初舞台を踏むと共に、抜群の歌唱力をかわれてフィナーレのエトワールに大抜擢[1]。その後雪組に配属。同期には女優樹里咲穂月影瞳彩輝なお星奈優里風花舞、現役では寿つかさ鈴奈沙也高翔みず希などがいる。

1991年には入団2年目にしてバウホール公演・オペレッタ微笑みの国』のヒロイン、『華麗なるギャツビー』にて新人公演初ヒロインに抜擢されるなど、一躍雪組娘役ホープとなる。また、当時の雪組男役スター・一路真輝と共にウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団とウィーンにてレコーディングを果たし、オペレッタなどを歌ったCDを発売した。

1994年NHK連続テレビ小説ぴあの』に主演。「現役タカラジェンヌが初の朝ドラヒロインを務めた」として話題になった。ドラマ内でも持ち前のソプラノで童謡を歌い、後半は主題歌も歌った。なお、ドラマ出演のため約1年間休演している。宝塚へ復帰後花組へ異動し、1995年エデンの東ダンディズム!』より真矢みきの相手役として花組トップ娘役に就任。1996年、『ハウ・トゥー・サクシード』を最後に退団。

退団後はフリーの女優として舞台、テレビ、映画、CM等で活躍。2002年に出演・主題歌を歌った香港映画『慌心假期/Midnight fly』(日本語題:『夜間飛行』)にて台湾版アカデミー賞と呼ばれる金馬奨で最優秀主題歌(ベスト・オリジナル・フィルムソング)賞を受賞。本作品も7部門にノミネートされ、助演女優賞にノミネートされた。

2008年、NHKの語学番組『リトル・チャロ』にて声優としてチャロ役を演じた。

初舞台より、歌える娘役スターとしてその名を知られた[2]。特に在団中にNHKの朝の連続テレビドラマの主役に抜擢されるなど、宝塚歌劇に詳しくない視聴者層からも人気を得た人物の一人として知られる。

歌唱力では高い評価を得た[3]が、反面ダンスが苦手であったため、一部の宝塚ファンからは、評価が分かれたことがある[4]。その後、ドラマ出演時にバレエ(白鳥の湖)を披露するなど、ダンスに磨きをかけている。

宝塚時代の主な舞台[編集]

初舞台・雪組時代[編集]

  • 1990年 『ベルサイユのばら(フェルゼン編)』*初舞台 *エトワールに大抜擢
  • 1990年 『アポロンの迷宮/ジーザス・ディアマンテ』 新聞売り子役/新人公演:リサ役(本役:万理沙ひとみ
  • 1991年 『花幻抄/恋さわぎ/スイート・タイフーン』 新人公演:少女役(本役:鮎ゆうき
  • 1991年 バウホール公演『微笑みの国』 リーザ役 *バウ初ヒロイン
  • 1991年 『華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト』 ジュディ役/新人公演:デイジー(本役:鮎ゆうき)*新人公演初ヒロイン
  • 1992年 『この恋は雲の涯まで』 セトナ役
  • 1992年 バウホール公演『ヴァレンチノ』 アリス役
  • 1992年 『忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜』 おきく役/新人公演:阿久里、お蘭(本役:紫とも
  • 1992年 シアター・ドラマシティ公演『ジャンプ・フォー・ジョイ』 マリア役
  • 1993年 『天国と地獄/TAKE OFF』 ジェーン、オルタンス(二役)役/新人公演:アマンダ、エルミニ(二役)(本役:紫とも)
  • 1993年 『ブルボンの封印』アンリエット役/『コート・ダジュール』リーザ役 

花組・花組トップ娘役時代[編集]

  • 1995年 『哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン』 アンフェリータ役
  • 1995年 『エデンの東/ダンディズム!』 アブラ役 *お披露目公演
  • 1995年 全国ツアー『紅はこべ/メガ・ヴィジョン』 マルグリート役
  • 1996年 『花は花なり/ハイペリオン』 かすみ役
  • 1996年 『ハウ・トゥー・サクシード』 ローズマリー役 *退団公演

宝塚退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 1997年 レ・ミゼラブル(帝国劇場 / コゼット役)
  • 1999年 レ・ミゼラブル(帝国劇場 / コゼット役)
  • 1999年 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.3 地図にない街―DOHENEKE‐HEKISHIN―

       (東京:天王洲アイルアートスフィア 大阪:シアタードラマシティー / 砂原 泉役)

  • 2000年 細雪(帝国劇場、水谷幹夫演出 / 四女・妙子役)
  • 2000年 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.4 さくらのうた 〜幻の夏…忘れさられた小さな心たちへのレクイエム

       (東京:Bunkamuraシアターコクーン 大阪:シアタードラマシティー / 東登美子役)

  • 2001年 クリスマス・ボックス(青山劇場、栗山民也演出 / ケリー役)
  • 2002年 LOVE LETTERS(パルコ劇場、青井陽治演出/ メリッサ役)
  • 2003年 天使は瞳を閉じて
  • 2003年 サタデー ナイト フィーバー:ザ ミュージカル(新宿コマ劇場)
  • 2004年 nine the musical
  • 2005年 nine the musical
  • 2006年 信長(新橋演舞場・大阪松竹座 / 濃姫役)
  • 2006年 ミー・アンド・マイガール(帝国劇場 / ジャッキー役)
  • 2007年 ブルーストッキングの女たち(紀伊国屋ホール)
  • 2007年 LOVE 30(北向きの女)(パルコ劇場 / ミサコ役)
  • 2007年 みすゞとテルと母さまと(サントリーホール小ホール / 金子テル=金子みすゞ役)
  • 2007年 異人の唄 - アンティゴネ(新国立劇場(中劇場) / メイ役)
  • 2009年 令嬢と召使(赤坂レッドシアター)

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 2002年 NHK歌謡チャリティーコンサート/司会(NHK総合)
  • 2007年 NHKかんさい特集/受け継がれる技とこころ 純名りさが訪ねる上方歌舞伎(NHK関西ローカル 2月16日)
  • 2008年 生活ほっとモーニング/にっぽん体感こだわり旅 純名りささんと梅薫る早春の太宰府(NHK総合 2月14日)
  • 2008年 第37回NHK歌謡チャリティーコンサート(NHK総合 4月29日)
  • 2009年 日中共同制作 純名りさ 悠久の大河800キロの旅〜中国・桂林の絶景と大自然を守る人々〜(BS朝日 2月28日)
  • 2012年 夢紀行南薩摩〜海と焼酎と恵比寿の詩〜(鹿児島放送

ドラマ[編集]

CM[編集]

主な音楽活動[編集]

CDリリース[編集]

宝塚歌劇団関連[編集]

  • 1991年 タカラジェンヌのクリスマス(アルバム、1曲参加)
  • 1993年 タカラヅカ・ヤングクルセイダーズ(アルバム、1曲参加)
  • 1993年 美わしのウィーンを歌う(アルバム/一路真輝・純名里沙)
  • 1995年 すみれの花咲く頃/さよなら皆様(シングル/純名里沙・美々杏里)
  • 1996年 ハウ・トゥー・サクシード/ぼくの力を信じてる(シングル/真矢みき・純名里沙)

単独シングル・アルバム[編集]

  • 1994年 ぴーかぴか(シングル) NHK連続テレビ小説『ぴあの』劇中歌
  • 1995年 プロポーズ(シングル)
  • 1995年 Propose(アルバム)
  • 2007年 Misty Moon(アルバム) 「純名りさ」名義でのリリース

他アーティストとの協同[編集]

企画アルバムへの参加[編集]

  • 2009年 リトル・チャロ/ソング・ブック(企画アルバム)13曲中4曲担当

コンサート[編集]

その他[編集]

声の出演[編集]

写真集[編集]

  • 1996年 宝塚ムック 純名里沙写真集 Junna/Risa Junna Pictorial
  • 1999年 Mignon(ミニョン)

モデル[編集]

  • 2003年 純名りさ・秋冬の手編み(ブティック社)

脚注[編集]

  1. ^ 純名りささん(1/3) - インタビュー - ひと - どらく
  2. ^ 1994年「歌劇」12月号 「声」参照
  3. ^ 純名りさ、本格的初アルバムはクラシカル・クロスオーヴァー - CDJournal.com ニュース
  4. ^ 1996年 12月 青弓社「宝塚アカデミア1」北見薫 ハウ・トゥ・サクシード 参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]