ミー・アンド・マイガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミー・アンド・マイガール (Me And My Girl) は、1930年代のロンドンを舞台にしたミュージカル

概要[編集]

ロンドンの下町・ランベスで育った名門貴族の御落胤を、跡継ぎとして一人前の紳士に仕立てる物語。イギリスのミュージックホールの音楽をベースにしたテンポの良い音楽、小気味よいタップダンス、出演者が客席で歌い踊る場面などが楽しい、全年齢層向けの娯楽作品。

1937年に英ロンドンで初演され、『マイ・フェア・レディ』の男性版とも言われる。コメディアンのルピノ・レインに当て書きされたとされ、初演ではルピノ自身が主役のビルを演じた。ルピノの体当たり演技が評判となりロングラン公演となった。ルピノは1937年の初演をはじめ、1941年1945年1949年と再演版でもビル役を務めている。

1985年リバイバル上演ではロバート・リンゼイが主役のビルを担当。1986年には、米ニューヨークのブロードウェーにも上陸した。

あらすじ[編集]

1930年代後半の英国。

由緒正しい名門貴族ヘアフォード伯爵家では、跡継ぎを残さないまま当主が亡くなり、伯爵家の後継者探しが問題となっていた。当主の遺言は、若い頃のあやまちで出来た一人息子ビルの行方を捜し出し、彼が貴族に相応しい人間ならば爵位と全財産を継がせる、というものだった。

この問題を話し合う為に、親戚一同(当主の妹・公爵夫人マリア、その姪ジャッキー、公爵夫人の甥ジェラルド、親族のバターズビー卿、バターズビー夫人、ジャスパー・トリング卿、そして後見人の男爵ジョン卿)が伯爵邸に集まる。

だが、パーチェスター弁護士が見つけてきたビルは無教養で品のないがさつな下町青年。ジョン卿はビルを認めないが、遺言執行人の公爵夫人・マリアはビルを紳士に仕立てるべく厳しい後継ぎ教育を施す。

ヘアフォード家の爵位と財産が転がり込むものと思っていたジャッキーは、あっさりと遊び者のジェラルドを見限り、色仕掛けでビルに迫る。ところが、ビルには恋人サリーがおり、一途な愛を貫くビルはジャッキーに容易になびかない。

一方、マリアのスパルタ教育で日に日に貴族らしくなっていくビルの姿を見て、サリーは不釣り合いな自分から身を引こうとして、ビルに恥をかかせ嫌われるようにし向ける。そんな彼女にジョン卿はある取引を持ちかける…。

主な登場人物[編集]

  • ビル(ウィリアム)・スナイブスン(主人公。ロンドンの下町ランベスで見つかったヘアフォード伯爵の世継ぎ)
  • サリー・スミス(ヒロイン。ビルの恋人。魚市場で働く)
  • ジョン・トレメイン卿(マリアの友人で遺言の執行人)
  • ディーン・マリア公爵夫人(ビルの叔母。遺言の執行人)
  • ジェラルド・ボリングブローグ(マリアの甥。ジャッキーのフィアンセ)
  • ジャクリーン(ジャッキー)・カーストン(マリアの姪。財産目当てにビルを誘惑する)
  • パーチェスター(ヘアフォード家の弁護士)
  • ヘザーセット(ヘアフォード家の執事)
  • バターズビー卿(親族の一人)
  • レディ・バターズビー(バターズビー卿夫人)
  • ジャスパー・ストリング卿(マリアの友人)
  • セリア・ワーシントン・ワーシントン(英国で最も古い家柄のひとつ)
  • アナスタシア・ブラウン夫人(ランベスの下宿の女将)
  • ランベス・キング、ランベス・クイーン
  • ボッブ・パーキング(ビルの友人)

日本での上演[編集]

宝塚歌劇団での上演[編集]

1987年 - 1988年・月組公演
宝塚大劇場東京宝塚劇場にて上演後、11月から翌年の3月にかけて、宝塚大劇場・中日劇場・東京宝塚劇場で上演。宝塚歌劇で同一の組によるロングラン記録を樹立。
潤色・演出は小原弘稔が担当。
12月の宝塚大劇場公演では、ビル役を涼風真世、ジャッキー役を剣幸が務める役替わり公演も上演された。
11月の新人公演では、当時研一(入団1年目)の天海祐希が主演に抜擢された。
UCC上島珈琲が協賛し、歌劇団初の冠公演として上演された。以後の上演全てにUCC上島珈琲が協賛で参加している。
1995年 - 1996年・月組公演
宝塚大劇場と東京宝塚劇場で上演。トップスターの天海祐希とトップ娘役の麻乃佳世退団公演。
翌年は、中日劇場で選抜メンバーにて上演。久世星佳風花舞のトップコンビのプレお披露目公演。
潤色・演出を担当してた小原が前年に逝去したため、初演時の演出助手だった三木章雄が潤色・演出を担当。以降は、三木が潤色・演出を担当している。
2008年・月組公演
宝塚大劇場東京宝塚劇場で上演。大劇場公演は、宝塚歌劇団94期生が初舞台で、トップ娘役の彩乃かなみ・月組組長の出雲綾の退団公演。
本公演はジャッキー役を城咲あい明日海りおが役替わりで務めた。
こちらはUCC上島珈琲に加え、シャディも協賛に参加。
8月には博多座にて選抜メンバーにて上演。当時2番手男役の霧矢大夢が主演、相手役には羽桜しずくが抜擢された。
博多座公演では、ジェラルド役とジャッキー役を龍真咲と明日海が役替わりで務めた。
2009年・花組公演
梅田芸術劇場で選抜メンバーにて上演。初めて月組以外の組での上演された。
ジョン卿役を壮一帆愛音羽麗が、ジェラルド役を愛音と朝夏まなとが、ジャッキー役を壮と朝夏がそれぞれ役替わりで務めた。
2013年・月組公演
梅田芸術劇場で選抜メンバーにて上演。
ジェラルドとジャッキーを美弥るりか凪七瑠海が、パーチェスターとヘザーセットを星条海斗沙央くらまがそれぞれ役替わりで務めた。

宝塚・公演記録[編集]

年・月は、宝塚大劇場公演時のものである。

キャスト
  1987年月組 1995年月組 1996年月組[1] 2008年月組 2008年月組[2] 2009年花組[3] 2013年月組[4]
ビル 剣幸
涼風真世[5]
天海祐希 久世星佳 瀬奈じゅん 霧矢大夢 真飛聖 龍真咲
サリー こだま愛 麻乃佳世 風花舞 彩乃かなみ 羽桜しずく 桜乃彩音 愛希れいか
ジョン卿 郷真由加 久世星佳 汝鳥伶 霧矢大夢 桐生園加 壮一帆
愛音羽麗[6]
越乃リュウ
マリア 春風ひとみ 邦なつき 出雲綾 京三紗 憧花ゆりの
ジェラルド 桐さと実 姿月あさと 遼河はるひ 龍真咲
明日海りお[7]
愛音羽麗
朝夏まなと[6]
凪七瑠海
美弥るりか[7]
ジャッキー 涼風真世
(剣幸)[5]
真琴つばさ 樹里咲穂 城咲あい
明日海りお[8]
龍真咲
明日海りお[7]
壮一帆
朝夏まなと[6]
凪七瑠海
美弥るりか[7]
パーチェスター 未沙のえる 汐風幸 未沙のえる 星条海斗 未沙のえる 星条海斗
沙央くらま[9]
ヘザーセット 星原美沙緒 真山葉瑠 越乃リュウ 研ルイス 夏美よう 星条海斗
沙央くらま[9]
バターズビー卿 愛川麻貴 葵美哉 光樹すばる 一色瑠加 良基天音 日向燦 紫門ゆりや
レディ・バターズビー 京三紗 夏妃真美 憧花ゆりの 花瀬みずか 初姫さあや 萌花ゆりあ
ジャスパー卿 汝鳥伶  大峯麻友 北嶋麻実 朝桐紫乃 紫峰七海 綾月せり
ワーシントン夫人 朝みち子 梨花ますみ 暁なぎさ 天野ほたる 聖花まい 妃鳳こころ
ソフィア・ブライトン 朝凪鈴 風花舞 山吹紗世 城咲あい
明日海りお[8]
萌花ゆりあ 桜一花 花陽みら
ランベス・キング 葵美哉 鷹悠貴 桐生園加 麻月れんか 祐澄しゅん 煌月爽矢
ランベス・クイーン 千田真弓 山吹紗世 高牟礼あゆ 涼城まりな 玲実くれあ 華月由舞 玲実くれあ
ブラウン夫人 邦なつき 夏河ゆら 逢原せりか 美鳳あや 絵莉千晶 光月るう
ボッブ・パーキング 八汐祐季 樹里咲穂 高翔みず希 青樹泉 響れおな 月央和沙 宇月颯
新人公演キャスト
  1987年5月月組 同11月月組 1995年月組[10] 2008年月組[10]
ビル 涼風真世 天海祐希 水夏希(一幕)
成瀬こうき(二幕)
明日海りお
サリー 朝凪鈴 檀ひとみ 千ほさち(一幕)
水沢葉月(二幕)
羽桜しずく
ジョン卿 若央りさ 久世星佳 水月静(一幕)
彩輝直(二幕)
流輝一斗(一幕)
光月るう(二幕)
マリア 淀都 星野瞳(一幕)
那津乃咲(二幕)
彩星りおん(一幕)
羽咲まな(二幕)
ジェラルド 久世星佳 轟悠 大和悠河(一幕)
大空祐飛(二幕)
紫門ゆりや(一幕)
宇月颯(二幕)
ジャッキー 檀ひとみ 若央りさ 樹里咲穂(一幕)
華月あや(二幕)
蘭乃はな
パーチェスター 波音みちる 嘉月絵理 五十鈴ひかり(一幕)
美翔かずき(二幕)
ヘザーセット 美輪さいこ[11] 祐輝薫 華央あみり(一幕)
海桐望(二幕)
バターズビー卿 大峯麻友 舞音梓 沢希理寿
レディ・バターズビー 梨花ますみ 山吹紗世 紗蘭えりか
ジャスパー卿 八汐祐季 高翔みず希 彩央寿音
ワーシントン夫人 千田真弓 高牟礼あゆ 白雪さち花
ソフィア・ブライトン 舞希彩 南城ひかり 琴音和葉
ランベス・キング 幸風イレネ 越乃リュウ 瑞羽奏都
ランベス・クイーン 雪邑響子 瑠菜まり 玲実くれあ
ブラウン夫人 並樹かおり 逢原せりか 夏月都
ボッブ・パーキング いつき吟夏 大鷹つばさ 響れおな

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日劇場公演
  2. ^ 博多座公演
  3. ^ 梅田芸術劇場メインホール公演
  4. ^ 梅田芸術劇場メインホール公演
  5. ^ a b 宝塚大劇場の1987年12月5・12・19日の11時(JST)公演に於いて、涼風がビル、剣がジャッキーという役替わり公演が行われた
  6. ^ a b c ジョン卿とジェラルドとジャッキーの役替わり
  7. ^ a b c d ジェラルドとジャッキーの役替わり
  8. ^ a b ジャッキーとソフィアの役替わり
  9. ^ a b パーチェスターとヘザーセットの役替わり
  10. ^ a b 一幕と二幕で役替わりあり
  11. ^ 1988年3月の東京宝塚劇場公演では美輪休演のため、いつき吟夏が代役

東宝版[編集]

  • 2003年3月2日~30日/帝国劇場/演出:山田和也
  • 2006年6月2~26日/帝国劇場/演出:山田和也
  • 2009年6月3~28日/帝国劇場・2009年7月4日~15日/中日劇場/演出:山田和也
キャスト
  2003年 2006年 2009年
ビル 唐沢寿明 井上芳雄
サリー 木村佳乃 笹本玲奈  
ジョン卿 村井国夫 村井国夫 草刈正雄
マリア 初風諄 涼風真世
ジェラルド 本間憲一
ジャッキー 涼風真世 純名りさ 貴城けい
パーチェスター 武岡淳一
バターズビー卿 山賀教弘 阿部裕
レディ・バターズビー 白木美貴子 福麻むつ美
ジャスパー卿 花房徹
ブラウン夫人 有希九美 伊東弘美