天海祐希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あまみ ゆうき
天海 祐希
本名 中野 祐里
なかの ゆり
生年月日 1967年8月8日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都台東区東上野
民族 日本人
身長 172 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1987年 -
活動内容 1987年宝塚歌劇団入団、月組配属
同年:『ミー・アンド・マイガール』新人公演主演
1993年:月組トップスター就任
1995年:『ミー・アンド・マイガール』で宝塚歌劇団退団。その後、芸能事務所フライングボックスに所属。
2003年研音へ移籍
女優として、テレビや映画、舞台などで活躍中。
事務所 フライングボックス研音
公式サイト 天海祐希オフィシャルサイト
主な作品
舞台
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら -オスカル編-
風と共に去りぬ
ミー・アンド・マイガール
オケピ!

ドラマ
離婚弁護士
女王の教室
トップキャスター
Around40〜注文の多いオンナたち〜
BOSSなど
映画
クリスマス黙示録
バッテリー
備考
宝塚歌劇団卒業生

天海 祐希(あまみ ゆうき、1967年8月8日 - )は、日本女優である。本名、中野 祐里(なかの ゆり)。

宝塚歌劇団の元月組男役トップスター。愛称ゆりちゃんゆり研音所属。東京都台東区東上野出身。

来歴・人物

中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ宝塚歌劇を志望し、高校生の時に受験準備のため、「大滝愛子バレエ・アート」に通っていた[1]台東区立西町小学校台東区立御徒町中学校、菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)2年修了後の1985年、宝塚音楽学校に首席で入学。なお宝塚音楽学校入学は首席だったが卒業は18番だった。

1987年73期生として宝塚歌劇団に入団、雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台。同期にはいずれも女優の絵麻緒ゆう(現在のえまおゆう)(2002年のみ雪組トップ)、匠ひびき2001年から2002年まで花組トップ)、歌手姿月あさと1998年から2000年まで宙組トップ)の3人の元トップスターのほか、女優の青山雪菜(元娘役スター)、声優葛城七穂芦屋市議会議員の苑ななみ(現在の中島かおり)が入団した。当時の月組トップスターは剣幸。尚『サマルカンド〜』新人公演ではバルフ王子(本役:鮎ゆうき、当時雪組新進の男役だった)役に配され初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。その後月組に配属。同年の月組バウホール公演『青春の旋風〜リトル・ヒーロー三四郎』で早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『ミー・アンド・マイガール』で研一(入団一年目)にして新人公演に初主演。

1989年、歌劇団ニューヨーク公演(メイン・大浦みずき、他に紫苑ゆうらが出演)メンバーに選出。1991年には4期上の久世星佳若央りさや1期上の真織由季大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなる。

1993年に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。天海の後任になる月組男役トップスターは3代(久世、真琴、紫吹)続けて天海より上級生であることや、天海以降入団後10年以内に男役トップスターになった生徒は居ないこと、また、この年行われた『ミリオン・ドリームズ』『風と共に去りぬ』新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月あさとが演じることになったことからもその出世の速さがわかる。

1995年12月、28歳の時に『ミー・アンド・マイガール』で退団。相手役の麻乃佳世と同時退団だった。退団の際にはワイドショーで特集が組まれるなどマスコミ各社の高い関心を集めた。これ以降はテレビドラマや映画にも出演するようになる。

退団決定後に幾多かの芸能事務所から勧誘があったが、天海の親友が当時在籍していたフライングボックスに所属し、映画テレビドラマなど、活躍の場を広げた。『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で共演した唐沢寿明に誘われ、2003年1月1日付けで現在の所属事務所である研音へ移籍。テレビドラマでは、2004年以降は単独で主演を務めることが多い。

エピソード

宝塚時代の出演作品

音楽学校 - 月組時代

月組トップスター時代

退団後の出演作品

テレビドラマ

焼酎の試飲のシーンに、ドラマ『離婚弁護士』の役柄で登場。

テレビ番組

映画

舞台

ラジオ

  • 文化放送スペシャル サヨナラ天海祐希、そして新たなる出発(たびだち)(文化放送) - 1995年12月29日
  • つかちゃん・のりこのGO!GO!ヒットパラダイス あなたが選ぶ 感動スター大賞・天海祐希スペシャル(ニッポン放送) - 1996年8月20日
  • 私の朝(TOKYO FM)- 1997年7月13日(パーソナリティ)
  • TOKYO CONCIERGE(J-WAVE)- 2003年4月6日 - 9月21日(ナビゲーター)

吹き替え

CM

宝塚時代

退団後

書籍

宝塚時代

写真集

  • フォーサム臨時増刊 「天海祐希写真集 CIEL」(1994年2月1日、宝塚歌劇団)
  • 宝塚ムック 「天海祐希サヨナラ写真集」(1995年9月14日、宝塚歌劇団)
  • 報知グラフ '95-NO.5 12月号 宝塚ファンタジーVOL.3 SP 「アデュー天海祐希」(1995年12月10日、報知新聞社

エッセイ・対談

  • 「ユウキ欲しい!?」天海祐希・著(1994年4月1日、東宝株式会社) ISBN 978-4-924609-48-8
  • 「明日吹く風のために……」天海祐希・著(1995年11月22日、講談社ISBN 978-4-06-256524-0
  • 「演技でいいから友達でいて 僕が学んだ舞台の達人」所収「いかに動くか、いかに動かないか」松尾スズキとの対談 幻冬舎文庫 ISBN 978-4-344-40858-6

詩集

宝塚退団後

写真集・エッセイ

  • 「香港的天海祐希」(1997年7月14日、集英社
  • 講談社+α文庫 「明日吹く風のためにもっと遠くへ」(2001年10月20日、講談社)
  • 「天海祐希/光源氏」(2001年11月7日、角川書店
  • フォト&エッセイ 「天海祐希 クリスマス黙示録」(1996年11月10日、ワニブックス

PV

受賞歴

1996年
1997年
1998年
1999年
1999年度 第3回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(NHK『素敵にライバル』 - 尾形陽子 役)
2001年
2002年
  • 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(10月 - 12月期)助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役)
  • 第23回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
  • ブルーリボン賞 第44回 主演女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役 / 『千年の恋 ひかる 源氏物語』 - 光源氏 役)
  • 2001年ニフティ映画大賞 主演女優賞 (『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
  • 第25回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『千年の恋 ひかる源氏物語』 - 光源氏 役)
  • 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(1月 - 3月期)助演女優賞(NHK『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる役)
  • 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役、『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる 役) 第3位に入賞。
2004年
  • 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
  • 第41回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
  • 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)
  • 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)
2005年
  • 第16回日本ジュエリーベストドレッサー賞ジュエリーベストドレッサー賞(30代部門)
  • 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
『ラストプレゼント』平木明日香役で第3位にも入賞
  • 第46回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)
2006年
  • 2005年度 第9回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)
  • 第32回放送文化基金賞番組部門・個別分野 出演者賞(日本テレビ系『女王の教室』第1回、最終回の演技)
  • 第43回ギャラクシー賞 個人賞(日本テレビ系『女王の教室』、フジテレビ系『離婚弁護士II』『越路吹雪 愛の生涯』『キッチンウォーズ』の演技)
  • 月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006 最優秀主演女優賞(フジテレビ系『トップキャスター』 - 椿木春香 役)
2008年
  • 2008年度 第12回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(TBS系『Around 40』 - 緒方聡子 役)
  • 2008年流行語大賞アラフォー
自身の主演したドラマによって、40歳代の前後の人に対する呼称が広まった。
2009年
  • 第61回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
  • 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
  • 月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009 優秀主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
  • 第1回TSUTAYA onlineドラマアワード 2009年春(4月 - 6月)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
  • 第2回東京ドラマアウォード 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
2010年
  • TV LIFE 第19回年間ドラマ大賞2009 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
  • 第6回TVnavi2009年間大賞 最優秀主演女優賞 (フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
  • 第18回橋田賞 受賞
  • 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
2011年
  • 2010年勝手に演劇大賞 最優秀女優賞(薔薇とサムライ - 女海賊・アンヌ・ザ・トルネード役)
2012年
  • 月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012 優秀主演女優賞(フジテレビ系『カエルの王女さま』 - 倉坂澪 役)

各種好感度調査の上位入賞歴

  • 新入社員から見た女性上司の理想像」調査において
    • 産業能率大学が行った調査で2006年に2位、2007年に5位、2008年に4位、2009年に3位、2010年に1位。
    • 明治安田生命が行った調査で2010年に第1位。
  • KIRIN「お酒と生活文化研究所」の「会社(職場)の人とのお酒の飲み方に関する意識調査」で、「一緒にお酒を飲みたい女性上司の理想像」のベスト10に2006年・2007年の2年連続で選ばれた。2009年は女性上司部門・女性同僚部門で第1位。
  • 大垣共立銀行が取引先新入社員(取引先対象の新入社員研修参加者)に対して行った「新入社員から見た上司の理想像」調査で2009年・2010年と二年連続で総合ベスト10入り。
  • オリコンランキングの「女性が選ぶいい女ランキング」で、2009年・2010年・2011年・2012年に第1位[11]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 『明日吹く風のためにもっと遠くへ』P.40-46 天海祐希 講談社+α文庫
  2. ^ 『明日吹く風のためにもっと遠くへ』P.75 天海祐希 講談社+α文庫
  3. ^ 『演技でいいから友達でいて 僕が学んだ舞台の達人』所収「いかに動くか、いかに動かないか」P.115 松尾スズキとの対談 幻冬舎文庫
  4. ^ 天海の母が石原裕次郎の大ファンだったことから、天海が生まれると「裕」の文字にちなんだ名前を考えたが、画数から「祐里」とした。宝塚歌劇団に入団する際の芸名に「石原 裕」を薦めたが、本名「祐里(ゆり)」の「」の文字を残す形となった。「天海、宝塚退団後石原プロ入り検討も」日刊スポーツ新聞社2009年7月6日記事(2013年3月14日確認)
  5. ^ 『我が道 - 松原智恵子』(スポーツニッポン 2012年2月4日付26面)参照
  6. ^ “天海、宝塚退団後石原プロ入り検討も”. 朝日新聞. (2009年7月6日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200907060024.html 2012年10月27日閲覧。 
  7. ^ 笑っていいとも』 (フジテレビ系) 2011年4月14日出演時に本人談
  8. ^ 三谷幸喜監督による解説&写真付き『清須会議』全キャスト一覧 - シネマトゥデイ
  9. ^ ORICON STYLE (2013年5月8日). “天海祐希、軽度の心筋梗塞で入院 出演舞台も降板”. 2013年6月19日閲覧。
  10. ^ おのれナポレオン 東京芸術劇場 (2013年5月8日). “「おのれナポレオン」公演中止と出演者交替のお知らせ”. 2013年6月19日閲覧。
  11. ^ 女性が選ぶ“イイ女”ランキング、天海祐希が4連覇ネタりか 2012年5月27日

外部リンク