夢乃聖夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夢乃 聖夏(ゆめの せいか、7月21日 - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役

佐賀県多久市出身、多久市立中央中学校卒業。公称身長172cm、血液型B型。愛称は「ともみん」、「夢ちゃん」、「息子」、「ゴルゴ」など。

略歴[編集]

  • 小学校卒業後、大阪の親戚の家に遊びに来た時、初めて宝塚を観劇。中学進学と同時にバレエを始める。
  • 中学時代、夏はソフトボール、冬は駅伝部のメンバーとして活動。前述のバレエは週1回ほどのレッスンだったが、休む事が多く、先生に名前も覚えてもらえないぐらいの存在だったという[1]
  • 長身を見込まれて、周囲から「宝塚を受けてみたら」と勧められて受験。「記念受験」のつもりで臨んだが、合格を果たす[2]
  • 1999年宝塚音楽学校へ入学。87期生
    • 芸名は宝塚歌劇との出会いを作ってくれた祖母の姉の名前から「乃」、宝塚は夢の世界だから「夢」、出身地・多久市の多久聖廟にちなんだ「聖」、7月生まれなので「夏」。この4文字を組み合わせて家族と考えたもの。
  • 2001年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は20番。宙組公演『ベルサイユのばら2001』で初舞台を踏んだ後、星組に配属。
同期には音花ゆり鶴美舞夕龍真咲(月組トップスター)、晴華みどり沙央くらま早霧せいな華城季帆和音美桜などがいる。

主な舞台[編集]

星組時代[編集]

  • 2004年2月-3月、5月-6月 「1914/愛」新人公演:マルク・シャガール(本役:立樹遥
  • 2004年10月-11月、11月-12月 「花舞う長安」新人公演:寿王(本役:柚希礼音
  • 2005年5月-6月、7月-8月 「長崎しぐれ坂」新人公演:さそり(本役:真飛聖
  • 2006年1月-2月、2月-4月「ベルサイユのばら フェルゼンとマリー・アントワネット編」新人公演:アンドレ(本役:安蘭けい
  • 2006年4月 湖月わたる ダンシング・リサイタル「Across」
  • 2006年8月-9月、10月-11月 「愛するには短すぎる」スコット/新人公演:マクニール・オコーナー(本役:涼紫央
  • 2007年3月4月、5月〜7月 「シークレット・ハンター」新人公演:セルジオ(本役:柚希礼音)
  • 2007年11月-12月、2008年1月-2月「エル・アルコン-鷹-」ビッグジョン、新人公演:ティリアン・パーシモン(本役:安蘭けい)*新人公演主演
  • 2008年 宝塚バウホール「アンナ・カレーニナ」アレクセイ・ヴィロンスキー伯爵 *主演
  • 2008年 「THE SCARLET PIMPERNEL」エルトン
  • 2009年 「My Dear New Orleans / ア ビヤント」ゲイブ
  • 2009年3月、遠野あすかミュージックサロン「Postlude」
  • 2009年6月〜9月、「太王四神記Ⅱ-新たなる王の旅立ち-」 サリャン
  • 2009年10月~11月、シアタードラマシティ・日本青年館公演「コインブラ物語」 コスタ 
  • 2010年1月〜3月、「ハプスブルクの宝剣 / BOLERO -ある愛-」 グレゴール・バチャーニ
  • 2010年4月〜5月、全国ツアー 「激情-ホセとカルメン-/BOLERO -ある愛-」 エスカミリオ
  • 2010年8月、宝塚バウホール 「摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)」 -君に歌う愛- アンソニー・スミス *主演
  • 2010年10月〜12月、「宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち」 デラセラ
  • 2011年2月、中日劇場「愛するには短すぎる/ル・ポァゾン 愛の媚薬II」 フランク・ペンドルトン
  • 2011年4月~7月、「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」オーロ、マール、メール夫人[5](ノバ・ボサ・ノバ)/リュシドール(めぐり会いは再び)
  • 2011年8月~9月、博多座・中日劇場「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」オーロ、メール夫人[6](ノバ・ボサ・ノバ)/リュシドール(めぐり会いは再び)
  • 2011年11月~2012年2月、「オーシャンズ11」フランク・カットン
  • 2012年3月、日本青年館・宝塚バウホール「天使のはしご」ジョージ・ウィカム

雪組時代[編集]

  • 2012年7月~8月、宝塚バウホール・日本青年館「双曲線上のカルテ」ランベルト
  • 2012年10月~12月「JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-」千吉
  • 2013年2月「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」バイロン侯爵
  • 2013年4月~7月「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」ジェローデル
  • 2013年8月~9月「若き日の唄は忘れじ/ナルシス・ノアールII」小和田逸平
  • 2013年11月~2014年2月「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」ドニー・カーティス
  • 2014年3月 全国ツアー「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」アンドレ
  • 2014年6月~8月「一夢庵風流記 前田慶次」※予定

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]