鳳蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおとり らん
鳳 蘭
鳳 蘭
2014年11月、大阪にて
本名 荘田 蘭(以前は荘 芝蘭)
生年月日 1946年1月22日(68歳)
出生地 日本の旗兵庫県神戸市
国籍 日本(以前は中華人民共和国の旗中国籍)
身長 170cm
血液型 A
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1964年 -
活動内容 1964年宝塚歌劇団入団
1965年星組に配属
1970年:星組トップスター就任
1971年:『ノバ・ボサ・ノバ
1974年:『虞美人
1976年:『ベルサイユのばらⅢ
1977年:『風と共に去りぬ
1978年:『誰がために鐘は鳴る
1979年:宝塚歌劇団退団、以降舞台女優として活躍。
1982年菊田一夫演劇賞受賞
2001年宝塚歌劇団卒業生公演メイン主演を張る
2005年紫綬褒章受章
2008年バレエダンスのスタジオを開校
2010年毎日芸術賞受賞
公式サイト 株式会社鳳蘭事務所
主な作品
舞台
ノバ・ボサ・ノバ
虞美人
ベルサイユのばらⅢ
風と共に去りぬ
誰がために鐘は鳴る
映画
ぼくんち

鳳 蘭(おおとり らん、1946年1月22日 - )は、宝塚歌劇団の元星組トップスターで、ミュージカル女優兵庫県神戸市出身。愛称ツレちゃん。身長170cm、血液型A型。

もともとは中国籍で、本名は 荘芝蘭(ツエン・ツーレイ/ジュアン・ジーラン/Zhuāng zhīlán)であったが、現在は日本国籍を取得し、現在は荘田蘭 (しょうだ・らん)である。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台・星組時代[編集]

『ラ・グラナダ』(踊るジプシー 役)
  • 『日本の祭/夜霧の城の恋の物語』(星組)(1966年1月1日 - 1月31日)(宝塚大劇場公演)
『日本の祭』(さくら祭の花槍の男 役)
『夜霧の城の恋の物語』(忘却の村の男 役)
  • 『京の川/三人花聟/2人が出会うとき』(星組)(1966年7月1日 - 7月28日)(宝塚大劇場公演)
  • 『砂丘/わが歌 君がため』(星組)(1966年10月29日 - 11月30日)(宝塚大劇場公演)
『わが歌 君がため』(踊る男 役)
『花風流』(山三 役)
  • 『さよなら僕の青春/ワン・ボーイ』(星組)(1967年8月1日 - 8月30日)(宝塚大劇場公演)
『さよなら僕の青春』(ヨハン 役)
  • 『夢の中の少女/若者達のバラード』(星組)(1967年12月3日 - 12月26日)(新芸劇場公演)
『若者達のバラード』(ローマの青年 役)
『虹を追って』(アメリカ大使 役)
  • 『ヤング・メイト/追憶のアンデス』(星組)(1968年6月1日 - 6月27日)(宝塚大劇場公演)
『ヤング・メイト』(青年 役)
  • 『千姫/7(セブン)』(星組)(1968年10月1日 - 10月30日)(宝塚大劇場公演)
『7(セブン)』(踊る女 役)
『椎葉の夕笛』(紅葉祭の童 役)
  • 『ラブ・パレード』(雪組)(1969年10月2日 - 10月29日)(宝塚大劇場公演)
  • 『安寿と厨子王/タカラヅカ'69』(星組)(1969年12月2日 - 12月21日)(宝塚大劇場公演)
『タカラヅカ'69』(吟遊詩人 役)
  • 『恋に朽ちなん/ハロー!タカラヅカ』(星組)(1970年5月8日 - 5月26日)(宝塚大劇場公演)
『恋に朽ちなん』(舞人春信 役)

星組トップ時代[編集]

専科時代[編集]

  • 『白夜わが愛 -朱鷺の墓より-』(星組)(1979年5月11日 - 6月26日)(イワーノフ 役)(宝塚大劇場公演)※退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 『ファニー・ガール』(1981年2月)(ファニー・ブライス 役)(東京宝塚劇場公演)
  • 『スウィーニィ・トッド』-フリード街の奇妙な床屋-(1981年7月 - 8月)(ロベット夫人 役)(帝国劇場公演)
  • 『ミズ・今年最高の女性』(1982年2月)(テス・ハーディング 役)(日生劇場公演)
  • 『悲劇アトレウス家の崩壊』(1983年12月)(エレクトラ 役)(帝国劇場公演)
  • 『デュエット』(1984年5月)(ソニア・ウォルクス 役)(日生劇場公演)※相手役は西城秀樹
  • 『ラブコール』(1985年3月 - 4月)(エラ 役)(芸術座公演)
  • シカゴ』(1985年11月)(ロクシイ・ハート 役)(帝国劇場公演)
  • 『デュエット』(1986年1月)(ソニア・ウォルスク)(日商劇場公演)
  • 『シカゴ』(1986年4月 - 10月)(ロクシイ・ハート 役)(梅田コマ劇場公演、中日劇場公演、帝国劇場公演)
  • 『ジョージの恋人』(1987年3月)(ドット/マリー 役)(青山劇場公演)
  • レ・ミゼラブル』(1987年6月 - 10月)(テナルディエ夫人 役)(帝国劇場公演)
  • 『三文オペラ』 (1987年11月)(ジェニー 役)(日生劇場公演)
  • 『レ・ミゼラブル』(1988年3月 - 8月)(テナルディエ夫人 役)(中日劇場公演、梅田コマ劇場、帝国劇場)
  • 『王様と私』(1988年9月)(アンナ・レオノーエンズ 役) (東京宝塚劇場公演)
  • 『三文オペラ』(1988年11月)(酒場のジェニー 役)(新宿文化センター公演)
  • 『王様と私』(1988年12月 - 1989年4月)(アンナ・レオノーエンズ 役)(新歌舞伎座公演、帝国劇場)
  • 『王様と私』(1989年3月 - 4月)(アンナ・レオノーエンズ 役)(帝国劇場公演)
  • 『魅せられてヴェラ』(1989年10月 - 11月)(ヴェラ・シンプソン夫人 役)(新神戸オリエンタル劇場公演、シアターアプル
  • 『王様と私』(1990年8月)(アンナ・レオノーエンズ 役)(中日劇場公演)
  • 『東京行進曲』(1990年11月)(佐藤千夜子 役)(東京芸術劇場公演)
  • 『アプローズ』(1991年4月)(マーゴ 役)(梅田コマ劇場公演)
  • 『ジプシー』(1991年7月 - 9月)(ジプシーの母・ママローズ 役)(東京厚生年金会館公演、大阪フェスティバルホール公演)
  • 『ラヴレターズ』(1991年9月)(メリッサ 役)(パルコ劇場公演)
  • 『ハウ・ツー・デイト』(1991年11月)(徳川まり 役)(シアターアプル公演)
  • 『カルメンを愛した伯爵夫人』(1992年4月 - 5月)(セレスト・フランソワーズ・シャブリヤン伯爵夫人とカルメン 役)(新神戸オリエンタル劇場公演、シアターアプル公演)
  • 『ソング・オブ・サイゴン』(1992年7月)(マドンナ真理子 役)(PARCO劇場公演)
  • 『風が吹くとき』(朗読劇)(1992年8月)(ヒルダ 役)(青年座劇場公演)
  • 『ソング・オブ・サイゴン』(1992年10月)(マドンナ真理子 役)(新神戸オリエンタル劇場公演)
  • 魔女の宅急便』(1993年5月 - 6月)(コキリ 役)(青山劇場公演)
  • 『エリザベス』(1993年8月)(レディー・キャロライン 役)(銀座セゾン劇場公演)
  • 『ソング・オブ・サイゴン』(1993年10月)(マドンナ真理子 役)(新神戸オリエンタル劇場)
  • 『魔女の宅急便』(1993年12月)(コキリ 役)(劇場飛天公演)
  • 『ラヴ』-WHAT ABOUT LUV-(1994年3月 - 4月)(エレン 役)(サンシャイン劇場公演、シアタードラマシティ公演)
  • 『スサノオ』(1994年7月 - 8月)(天照大御神 役)(サンシャイン劇場公演、中日劇場公演)
  • 『エンジェル』(1994年10月)(イレーネ/ウイッグ 役(二役))(新神戸オリエンタル劇場公演)
  • 『魔女の宅急便』(1995年3月)(コキリ 役)(中日劇場公演)
  • 『ラ・マンチャの男』(1995年6月)(アルドンサ 役)(青山劇場公演)
  • 『エリザベス』(1995年8月)(レディー・キャロライン 役)(銀座セゾン劇場公演)
  • 『レ・ミゼラブル』(1995年 - 2001年)(テナルディエ夫人 役)
  • 『ラヴ』-WHAT ABOUT LUV-(1996年1月 - 3月)(エレン 役)(シアタードラマシティ公演、サンシャイン劇場公演)
  • 『魔女の宅急便』(1996年5月 - 6月)(コキリ 役)(大阪フェスティバルホール公演、厚生年金会館公演)
  • リサイタル『マイ・ミュージカル・レビュー』(1997年5月)(青山劇場公演)
  • 『ラ・マンチャの男』(1997年8月 - 9月)(アルドンサ 役)(名鉄ホール公演、青山劇場公演)
  • 『ドリーム華』(1997年10月)(渋谷公会堂公演)
  • 『あかるい郊外の店』(1998年2月)(矢川芳美 役)(紀伊国屋ホール公演)
  • 『リサイタル』-マイ・ミュージカル・レビュー-(1997年7月)(宝塚大劇場公演)
  • 『ハウ・ツウ・デイト』(1998年10月 - 11月)(水田まり 役)(全国公演)
  • 『カンパニー』-結婚しない男-(1999年2月 - 3月)(ジョアンナ 役)(青山劇場公演、シアター・ドラマシティ公演)
  • 『ジョルジュ』(1999年6月4日6月5日)(ジョルジュ・サンド 役)(世田谷パブリックシアター公演)
  • 『ラ・マンチャの男』(1999年8月 - 9月)(アルドンサ 役)(劇場飛天公演、青山劇場公演)
  • 『千田是也記念公演 ブレヒト・オペラ』(1999年10月 - 11月)(ヘレーネ・ヴァイゲル 役)(新国立劇場公演)
  • 『ラ・マンチャの男』(2000年4月 - 5月)(アルドンサ 役)(日生劇場公演)
  • リサイタル『マイ・ミュージカル・レビュー』(2000年6月)(神戸国際会館公演)
  • 『ラ・マンチャの男』(2001年2月)(アルドンサ 役)(日生劇場公演)
  • 『桜祭り狸御殿』(2001年4月)(狸千代 役)(新宿コマ劇場公演、梅田コマ劇場公演)
  • 『昨日までのベッド』(アルマ 役)(2001年9月)(紀伊國屋サザンシアター公演)
  • 『HONK!』(2002年3月 - 4月)(アイーダ 役)(青山劇場公演、近鉄劇場中日劇場公演)
  • 『シンデレラ』(2002年8月)(妖精の女王 役)(新宿コマ劇場公演)
  • 『Thank you! Broadwey! Vol.2』(2002年9月)(青山劇場公演)
  • 『Thank you! Broadwey!』(ブロードウェイ公演)(2002年11月)(Alice Tully Hall公演)
  • 『桜吹雪狸御殿』(2003年4月)(狸吉郎 狸次郎(二役))(新宿コマ劇場、梅田コマ劇場)
  • 『シンデレラ』(2003年12月)(妖精の女王 役)(梅田コマ劇場公演)
  • 『昨日までのベッド』(2004年1月 - 2月)(アルマ 役)(地人会(地方公演))
  • 『新版・桜吹雪狸御殿/ボンジュール・タカラジェンヌ -ドンブラコからエリザベートまで-』(2004年4月)(梅田コマ劇場、新宿コマ劇場)
  • 楽劇『オイディプス王』(2004年7月 - 11月)(イオカステ 役)(紀伊國屋サザンシアター公演ほか)
  • 『ブロードウェイ・ガラ・コンサート』(2005年2月)(東京国際フォーラム公演)
  • 『桜絵巻狸源氏/ショー・イズ・オン』(2005年4月 - 5月)(梅田芸術劇場中日劇場新宿コマ劇場
  • 『ザ・ボーイ・フロム・オズ』(2005年6月)(ジュディー・ガーランド 役)(青山劇場公演)
  • 『アムール・タカラヅカ』(2005年7月)(愛・地球博イベント)
  • 『虹と夢と愛と〜ファンタジータカラヅカ』(2005年7月 - 8月)(地方公演)
  • 『鳳蘭 Sweet Heartsコンサート』(2005年9月 - 10月)
  • 『ベルリン トゥ ブロードウェイ』-with Kurt Weill-(2005年11月 - 12月)(ガイド役)(ル・テアトル銀座公演、シアター・ドラマシティ公演)
  • 『昨日までのベッド』(2006年1月~2月)(アルマ 役)(地人会(地方公演))
  • 『桜合戦狸囃子/ショー・イズ・オン2』(2006年3月 - 4月)(梅田芸術劇場公演、中日劇場公演、新宿コマ劇場公演)
  • 『ビューティフル・タカラヅカ』(2006年5月 - 6月)(地方公演)
  • 『ザ・ボーイ・フロム・オズ』(2006年10月)(青山劇場公演)
  • 『CAN'T STOP DANCIN'2006』-名倉ジャズダンススタジオ第17回公演-(2006年11月)(青山劇場公演)
  • 『ザ・ボーイ・フロム・オズ』(2006年11月)(大阪厚生年金会館公演)
  • 『ドリーム・オン』-メロディー・アンド・メモリー-(2007年5月 - 6月)(地方公演)
  • 『美ら島伝説』-暴れん坊将軍スペシャルII-(2008年1月2日 - 1月31日)(鳳彩女王 役)(新宿コマ劇場公演)
  • 『DREAM BOYS(ドリーム・ボーイズ)』(2008年3月 - 4月)(マダム・ラン 役)(帝国劇場公演、梅田芸術劇場公演)
  • 『ザ・ボーイ・フロム・オズ』(2008年10月)(青山劇場公演、シアターBRAVA!公演)
  • 『ジョルジュ』(朗読劇)(2009年3月)(ジョルジュ・サンド 役)(座・高円寺公演)
  • 『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』 (2009年5月)(弥生俊 役)(シアターコクーン公演)※蜷川幸雄演出
  • 『COCO』(2009年7月)(ココ・シャネル 役)(テアトル銀座公演)
  • 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(2009年10月)(ゴールデ 役)(日生劇場公演)
  • 『レザネ・フォール -愛と幻影の巴里-』(2009年11月)(東京厚生年金会館、他)
  • 『カーテンズ』(カルメン役)(2010年2月)(東京フォーラムホールC)
  • 『COCO』(2010年12月)(ココ・シャネル役)(ル・テアトル銀座
  • 『DREAM TRAIL』(2011年1月 - 2月)(青山劇場、シアタードラマシティ)
  • 『レ・ミゼラブル』(2011年5月 - 6月)(テナルディエの妻役)(帝国劇場)
  • 『DREAM BOYS』(2011年9月)(帝国劇場)
  • 『DREAM FOREVER』(2011年11月)(日本青年館 他)
  • 『シンベリン』(2012年4月 - 5月)(さいたま芸術劇場、北九州芸術劇場、シアター・ドラマシティ)
  • 『ドリーム・ボーイズ』(2012年9月)(帝国劇場)
  • 『DREAM BOY JET』(2013年9月)(帝国劇場)
  • 『DREAM,A DREAM』(2013年10月 - 11月)(東急シアターオーブ、梅田芸術劇場)
  • ラブ・ネバー・ダイ』(2014年3月 - 4月)(マダム・ジリー役)(日生劇場)

映画[編集]

テレビ番組[編集]

吹き替え[編集]

受賞歴[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、68-69頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 当時サントリーが宝塚歌劇団の主要スポンサーだったこともあり、退団するその年まで同製品のCMに出演していた。またCMソングは同歌劇団の作曲家だった寺田瀧雄の手によるもの。なお当時刊行された宝塚歌劇団の機関誌「歌劇」の閉じ表紙に赤玉パンチの広告が掲載されている。

外部リンク[編集]