オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルサイユのばら > オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(Oscar François de Jarjayes、1755年12月25日 - 1789年7月14日)は、池田理代子著の漫画『ベルサイユのばら』の主人公。『ベルばらKids』にも登場している。

概要[編集]

幼い頃から男性として育られた男装の麗人。オスカル(Oscar)は、ヘブライ語で「神と剣」という意味。海外では"Lady Oscar"という呼称が一般的である。近衛連隊長としてマリー・アントワネットの護衛を務めていたが、フランス衛兵隊に異動した後、フランス革命に際し民衆側に就く。バスティーユ襲撃に参加し、戦死する。

作中でその死が描かれた後、実際に葬儀が催された。漫画の登場人物の葬儀としては『あしたのジョー』の力石徹についで2例目になる。オスカルの葬儀では参列者の中からすすり泣きも聞こえるなど、神妙な雰囲気のうちに進行したといわれている。

テレビアニメでは田島令子が声を務めた。2014年現在でも子供から大人まで幅広いファン層をもつ。

現在の漫画やアニメでもパターンとなっている、男のような凛々しい喋り方をする美しい女性の先駆け的な存在であり、後の漫画のキャラクターに多大な影響を与えたが、同時に社会現象にもなり、「オスカル様のため」という理由で恋人や婚約者を捨てた女性が続出したほどだったという[1]

人物[編集]

フランス王家の軍隊を統率してきたジャルジェ伯爵家の娘で、フランソワ・オーギュスタン・ド・レニエ・ド・ジャルジェ将軍とマリー=アンヌ・ルイーズ・ド・ブルセ・ド・ラ・セーニュとの六女(末娘)。ジャルジェ将軍が男児に恵まれなかった為、後継者とすべく男として育てられた。ウェーブのかかった豊かな金髪とダークブルーの瞳を持ち、颯爽とした美しさで、しばしば婦人達の恋慕の対象となる。正義感が強く、男性・軍人としての自分と女性としての心の間で苦しむ。

身長:178cm[2] 体重:58kg B87・W63・H90[3] 靴:25cm。

フランス王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、若くして近衛士官となり准将にまで進級した。王妃に誠実に仕えるが、民衆の苦しみを目の当たりにして、自らのなすべき道を模索、やがて自らの信念に基づいて近衛隊を辞し、フランス衛兵隊のベルサイユ常駐部隊長に就任。フランス革命の勃発に際しては、爵位を捨て一市民としてバスティーユ襲撃に参加。その際被弾し、要塞の陥落を見届けて戦死した。 死後は、アンドレと共にアラスに葬られた様子。

革命の少し前から軽症の結核だったが周囲に知らせることはなかった。しかし、アンドレは口づけを交わした際に付着した血をメイドに尋ねられたことで薄々気づいていた。バイオリンが得意らしく、よく弾いていた。

子供の頃から、乳母の孫で馬丁でもあったアンドレと生活を共にしてきた。そのためアンドレの想いに気づかず、フェルゼンに密かな想いを寄せるようになり、正体を隠して生涯に1度だけドレスを着用、女性としてフェルゼンの前に現れる。しかし自らフェルゼンへの想いを断念し、やがてアンドレへの愛を自覚、相思相愛ののち結ばれた。

「行くぞ、アンドレ」が彼女の決まり文句の様に思われがちだが、原作では意外に少ない。アンドレの死後、いつもの調子で思わず声を掛けてしまい、彼が既にこの世にはいない事に気づいて涙ぐむシーンが印象的だったのと、後の舞台化・アニメ化によって定着したもの。

作者の池田理代子本人の語るところでは、オスカルは何人かのモデルから創造された架空の人物である。オスカルのモデルとなった人物としては、バスティーユ襲撃でほぼオスカルと同じ状況下で市民側に参加したスイス出身のピエール・オーギュスタン・ユラン1758年1841年)など数名の名前が上げられた。なおユランという名前のキャラクターもオスカルの部下の1人として劇中にも登場している。一方で、オスカルの父のレニエ・ド・ジャルジェ(フランス語では正確に発音すると「ジャルジャイュ」)は1人の実在した王党派の軍人[4]をモデルとしている。

なお、作中で描かれたオスカルのフランス衛兵隊ベルサイユ常駐部隊長時代の軍服は、ルイ16世時代のものではなく、より豪華絢爛なナポレオン帝政期のものを基にして描かれたものである。

原作とTVアニメ版の相違点[編集]

  • アラン達に砲撃の命令を出しながら、バスティーユ陥落の1時間前に落命。運ばれた路地裏にはロザリーの他、近隣の住人、医師なども来ていた。
  • 健康を損なって受診したオスカルがジャルジェ家の主治医ラソンヌから聞いてアンドレが失明寸前だと知り、アンドレは逆にオスカルが結核に蝕まれていることを知らぬまま絶命した。また、クラヴサンが得意らしい。
  • フランス衛兵隊移動後の上司にあたるブイエ将軍は、父ジャルジェ将軍と古くからの友人であり(第1話から登場)、オスカルお見合いへ向けての舞踏会も主催する。
  • 追放になったデュバリー夫人、投獄されたジャンヌなどに対してなど、「相手を惨めにさせない為の嘘」をつくことがある。

年表[編集]

  • 1755年12月25日: ベルサイユの近く、ジャルジェ家に生まれる。以後、男として育てられる。
  • 1773年6月8日王太子王太子妃の初の正式なパリ訪問の際、近衛連隊長付近衛兵として警備を務める。当時大尉
  • 1774年1月30日: 夜、パリのオペラ座における仮装舞踏会で、マリー・アントワネットフェルゼンが初めて出会う。オスカルも含め、3人が初めて顔を合わせた。
  • 1774年春: アンドレが不注意で王太子妃に怪我をさせた際、フェルゼンとともにアンドレをかばう。アンドレは奇跡的に無罪となる。
  • 1774年5月: ルイ15世崩御の後、深夜、棺がサン・ドニ教会に運ばれるのを、40名の近衛兵とともに守る。
  • 1775年夏: 王妃となったマリー・アントワネットの計らいにより、大佐に進級。近衛連隊長となる。
  • 1775年夏: ヴェルサイユ宮殿内オペラ館における晩餐会において、ド・ゲメネ公爵と口論、決闘となるところ、王妃から1箇月の謹慎を命じられる。その間、アラスにあるジャルジェ家の領地を視察する。
  • 1776年から1777年頃: オスカルの母を自分の母の仇と間違えたロザリーを引き取り、ジャルジェ家で貴婦人に育てる。
  • 1784年7月: 夜、ローアン大司教とマリー・アントワネットに扮した娼婦のオリバ嬢の密会の際、たまたま近くを通り、ローアン大司教を目撃する。
  • 1785年8月15日ヴェルサイユ宮殿鏡の間で、ブイエ将軍の命により首飾り事件についてローアン大司教を逮捕する。また、その足で、犯人と目されるジャンヌを逮捕する。
  • 1787年春: 黒い騎士事件。黒い騎士をとり逃したということを理由に、マリー・アントワネットに自分の降等処分を願い出る。結果、近衛隊を辞め、フランス衛兵隊のベルサイユ常駐部隊長に就く。
  • 1788年: ブイエ将軍のベルサイユ訪問における閲兵式で、アランら部下が将軍を侮辱する。衛兵隊を辞めようとするが部下に止められる。
  • 1788年9月: 近衛連隊での元部下ジェローデルがジャルジェ家を訪問し、オスカルに結婚を申し込む。
  • 1788年10月: ジャルジェ家で舞踏会を開催する。オスカルへの求婚者を集めるが、オスカルが男の服を着ることで舞踏会は破綻する。
  • 1788年10月: アンドレが毒入りワインを用意し、オスカルとの無理心中を図るが、結局、飲まず。
  • 1788年11月: アンドレとともに馬車でパリに向かうが、パリで民衆に襲われる。フェルゼンに助けられる。
  • 1788年12月: 衛兵隊から2週間の休暇を取る。同じ日、王太子ルイ・ジョゼフと遠乗りする。ルイ・ジョゼフと会う最後の日となる。
  • 1788年12月: 休暇明け、隊に顔を見せない部下アランの家を訪ねる。妹ディアンヌが自殺したために狂ってしまっていたアランを見つけ、正気に戻らせる。
  • 1789年5月4日: 翌日の三部会開会に先立つサン・ルイ教会でのミサに向かう三部会議員の行列を、スイス人近衛連隊とともにフランス衛兵隊が護衛。
  • 1789年6月19日: ブイエ将軍が、三部会会議場の入り口の閉鎖を命ずる。命令を拒みきれず、議場を閉鎖。
  • 1789年6月20日: 国民議会派がジュー・ド・ポームで団結を誓った際、その前でナポレオンとすれ違う。
  • 1789年6月23日: 国王が三部会議員を再び集めるにあたり、議場の前で指揮を取っていたドルー・ブレゼ侯が平民議員のみを裏口に回らせようとしたのに腹を立てる。また、平民派が国王の命に背いて退場しないため、ブイエ将軍が衛兵隊を会議場に侵入させようとしたが、これを拒否する。同じく部下らも命令を拒否し、部下らは1班全員が投獄される。オスカルへの処分は行なわれなかったが、オスカルの行動に父ジャルジェ将軍が激昂。父がオスカルに剣を向けたところへアンドレが命がけで飛び込み、その場を収める。この後、オスカルはアンドレに初めて自分の愛を告白する。
  • 1789年6月30日: ベルナール・シャトレに協力を持ちかけ、アベイ牢獄に投獄された12名の部下を釈放することに成功する。
  • 1789年7月11日: 連隊本部よりフランス衛兵隊へ、13日にテュイルリー宮広場へ向けての出動が命じられる。
  • 1789年7月12日: 馬に乗る若き日のオスカルの肖像画が完成する。その夜、アンドレと結ばれる(アニメ版ではこの直前に「私ごとき娘を愛し、お慈しみ下さって本当に有難う御座いました」という父に宛てた今生の別れとも言うべき文をマロンに遺していた。これをマロンが読み上げ、ジャルジェ将軍は「(死ぬことは)許さん! 許さんぞ、オスカル!」と叫んでいる)。
  • 1789年7月13日: テュイルリー宮広場で発生した暴動の知らせを聞き、伯爵の称号を捨て民衆の側に寝返ることを決意する。部下ダグー大佐がベルサイユに帰るのは止めず、広場でドイツ人騎兵隊と戦闘し勝利するが、アンドレはオスカルをかばい、銃撃を受けて死亡する。
  • 1789年7月14日: 民衆のバスティーユ牢獄襲撃にフランス衛兵隊を率いて参加、善戦するも、ド・ローネー侯の部下の狙撃に遭う。バスティーユの上に白旗が上がるのを見た直後、落命する(33歳没)。

友情出演[編集]

オスカルは『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』第101話「ベルサイユは愛に燃えた」にアンドレと共に登場している。ただし、アンドレは既に石化しているという設定で、オスカルの回想シーンに登場するものの声の出演はなかった。また、オスカルの声優はTVアニメ版でオスカルを演じた田島令子ではなく、『ベルサイユのばら』と同時代を扱ったアニメ『ラ・セーヌの星』で男装のヒロインを演じた二木てるみだった。なお、劇中では終始アンドレを深く愛し、原作やアニメでは見られなかった女性語を多用している。

また、『ルパン三世』や『ベルサイユのばら』同様東京ムービー(この時代では既にトムス・エンタテインメント)が制作した『とっとこハム太郎』にも、動物病院の情熱的な医者役でオスカル月島として、アンドレ(アンドレ星垣)と一緒に出演している。ここでは、オスカルのブロンドの髪は茶色になっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロジェクトX〜挑戦者たち〜2005年12月6日放送「ベルサイユのばら  愛の逆転劇」より
  2. ^ 当時のフランス人としては、かなりの長身である。
  3. ^ 『ベルばら』執筆当時の作者のスリーサイズである。
  4. ^ François Augustin Regnier de Jarjayes:1745年10月2日-1822年9月11日

関連項目[編集]