池田理代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池田 理代子
生誕 1947年12月18日(66歳)
日本の旗 日本大阪府大阪市阿倍野区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1967年 -
代表作 ベルサイユのばら
おにいさまへ…
公式サイト 池田理代子 オフィシャルサイト
テンプレートを表示

池田 理代子(いけだ りよこ、1947年12月18日 - )は、日本漫画家劇画家・声楽家大阪府出身、千葉県柏市育ち[1]渋谷区在住[2]血液型AB型

来歴[編集]

大阪府大阪市阿倍野区出身。柏市立柏第2中学校、都立白鴎高校を経て、東京教育大学文学部哲学科に入学。学者を志し、勉強していたが、1年で父親からの金銭的援助が打ち切られてしまうために、生活の糧として漫画を描き始める。出版社へ持ち込むが、技術の未熟さを指摘され、貸本屋向けの出版社で執筆を始めた。この下積み時代に、原稿料をもらうまで1個5円の(圧縮麩)を2つ買って3日間過ごした事もあった。2〜3年の下積み生活の後、出版社からスカウトがかかり、1967年に『バラ屋敷の少女』でデビュー。

1972年に『週刊マーガレット』にて連載を開始した『ベルサイユのばら』が空前のヒット。石膏デッサンや油絵など本格的な絵の勉強をしながら連載を続けた。多忙のため大学に戻れず、入学から7年で中退を余儀なくされたが、2年間連載された同作品で少女漫画家としての人気は不動のものとなった。1975年からは『オルフェウスの窓』の連載を開始。1980年、同作品で第9回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

40歳から更年期障害に悩まされ[3]、残りの人生について考える機会が増えた池田は、音楽への道に進むかどうか5年間の思案の後、45歳で音大受験を決意。1995年東京音楽大学声楽科に入学。同年、当時日本銀行の考査局長で現大和総研副理事長の賀来景英と再々婚し話題となった[2][4]1998年にはNHK課外授業 ようこそ先輩」に出演し、母校の大阪市立新庄小学校[5]にて聖徳太子をテーマに授業を行った[5]1999年に大学卒業。

以降、コンサート出演や講演などの活動を行う。2005年には、世界初録音9曲を含むマリー・アントワネット作曲の歌曲12曲を歌ったCDを発売した。また、同年より『朝日新聞』土曜日朝刊別冊「be on sunday・エンターテインメント」4コマ漫画と、コラム『ベルばらKids』を連載する。

2009年3月11日、フランス政府から、多くの日本人が『ベルサイユのばら』を通じ、フランスの歴史、言葉、食文化などに関心を持ったとし、レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章が授与された。

「聖徳太子」と「日出処の天子」[編集]

2007年、池田は「ある漫画家」の作品で聖徳太子蘇我毛人の「霊的恋愛」が描かれていることに違和感を覚えたと発言した。一方で自分は〔1991年 - 1994年連載の作品で〕「史実に忠実な聖徳太子を描いた」とも述べており[6]、テーマも四天王寺から依頼されたもので、正史に沿うよう努めたという[7]。この記事に対してインターネットを中心に反応があり、それがマスコミにも取りあげられた。「週刊新潮」は山岸涼子の『日出処の天子』(1980年 - 1984年連載)と比較し、類似点を確認する論者として唐沢俊一を挙げている[8]

漫画作品[編集]

  • ベルサイユのばら
    1972年 - 1973年。宝塚歌劇団による舞台化が大成功。アニメ化・映画化もされ、一種の社会現象を巻き起こした。
  • おにいさまへ…
    1974年。NHK BS2アニメ化された。
  • オルフェウスの窓
    1975年 - 1981年。宝塚歌劇団で舞台化され、瀬戸内美八のさよなら公演となった。
  • 栄光のナポレオン-エロイカ
    1986年 - 1995年。ナポレオン・ボナパルトの栄光と没落を描いた大作。ロザリー、ベルナール、アランなど『ベルサイユのばら』の登場人物達も再登場し、続編的要素を持つ。
  • クローディーヌ…!
    1978年。
  • 蒼い柘榴
  • 祖国に愛を
  • 沈丁花
  • 妖子
  • ふたりぽっち
  • エピタラム
  • ウェディング・ドレス
  • 桜京
  • 雨あがり
  • 真理子
  • 私漫画
  • 白いエグモント
  • 章子のエチュード
  • パラノイア・ズライカ
  • マイ・ダイヤモンド
  • 大人の恋愛時間
  • 聞かなかった言葉
  • 魅女物語
  • フリージアの朝
  • シジフォスは憩う
  • エピタラム-祝婚歌
  • 池田理代子短篇集
  • 風を摘むプシケ(池田理代子&矢島正雄
  • 春の雪三島由紀夫&池田理代子&宮本えりか
    2006年。
  • ファルコンの名騎手(池田理代子&バーバラ・カートランド
  • 愛はワルツにのせて(池田理代子&バーバラ・カートランド)
  • 華麗なるロンドンの夜会(池田理代子&バーバラ・カートランド)
  • 謎の貴婦人(池田理代子&バーバラ・カートランド)
  • 国王とじゃじゃ馬娘(池田理代子&バーバラ・カートランド)
  • 女王エリザベス(池田理代子&宮本えりか)
    1999年。エリザベス1世の伝記を漫画化。元題は『エリザベス 国と結婚した女王』だった。
  • 愛は永遠に(池田理代子&珠玉傑
  • ゆれる早春(池田理代子&珠玉傑)
  • 生きててよかった!(池田理代子&珠玉傑)
  • 女帝エカテリーナ
    1982年 - 1984年。アンリ・トロワイヤ原作のエカテリーナ2世の伝記の漫画化。
  • 春日局 けふぞ火宅を
    1989年。
  • 聖徳太子
    1992年 - 1994年。
  • 天の涯まで
    1999年。ポーランド分割の悲劇を描いた作品であり、主人公はナポレオンの元帥でもあったユーゼフ・ポニャトフスキ。『女帝エカテリーナ』、『ベルサイユのばら』、『栄光のナポレオン-エロイカ』の3作品の外伝的要素もある。
  • ニーベルンクの指輪
    2000年 - 2001年。リヒャルト・ワーグナー作の同名の楽劇を元にした作品。
  • 太王四神記
    2007年9月25日から漫画化した韓国ドラマ『太王四神記』を連載する。
  • ベルばらKids
    2005年10月より朝日新聞土曜日別冊『be』に連載しているベルばらキャラクター達のコミカル四コマ漫画。

漫画以外の著書[編集]

  • 男と女・ロマンティック街道
  • ワイン色のつぶやき(国土社、1983年)
  • 寝てもさめても猫三昧
  • 「ベルばら」の秘密
  • 花も嵐も結婚も
  • フランス革命の女たち(新潮社、1985年) ISBN 410601923X
  • 歴史の影の男たち(池田理代子&宇野亜喜良)(小学館、1996年)
  • どうすりゃいいのっ!? 池田理代子の超身の上相談(白泉社、1999年)
  • ぶってよ、マゼット―47歳の音大生日記(中央公論新社、1999年) ISBN 412002900X
  • あきらめない人生(海竜社、2005年)
  • 池田理代子の世界(朝日新聞出版,2012年9月),ISBN 9784022724243

画集ほか[編集]

  • 池田理代子画集
  • ベルサイユのばら・大事典 ISBN 9784087820522
  • オルフェウスの窓・大事典 ISBN 9784087820959
  • ベルサイユのばら特別編集版 DVDコミックス ISBN 9784089005156
  • ぬり絵で楽しむ・ベルサイユのばら
  • ベルサイユのばら・カレンダー
  • ベルサイユのばら・オールカラー
  • 永遠のベルサイユのばら ISBN 9784533069949
  • 永遠のベルサイユのばら展
  • 大人のぬりえ・ベルサイユのばら・ビギナー編 ISBN 9784087813548
  • 大人のぬりえ・ベルサイユのばら・アドバンス編 ISBN 9784087813555
  • ベルサイユのばら・その謎と真実 永久保存版 ISBN 9784533045707
  • 私たちの好きなベルサイユのばら 完全保存版
  • ベルサイユのばら・オスカル白き薔薇の肖像
  • ベルサイユのばらの街歩き ISBN 9784533045714
  • 池田理代子イラスト集・FANTASIA ISBN 9784408612416
  • ベルサイユのばら・オールカラーイラスト集 ISBN 9784533050121
  • ベルサイユのばら・オールカラーイラスト全集
  • 池田理代子・ベルサイユのばら 自選傑作複製原画集
  • 池田理代子・オルフェウスの窓 複製原画集
  • 池田理代子・女帝エカテリーナ 複製原画集

音楽CD[編集]

  • 思い出の絵ぼんぼり〜歌は美しかった(2003年、コロムビアミュージックエンタテインメント・DENONレコード)
  • ヴェルサイユの調べ〜マリー・アントワネットが書いた12の歌(2005年、マリー・アントワネット生誕250周年記念作品)

出演・プロデュース作品[編集]

  • クリス・マルケル監督の映画、サン・ソレイユ Sans Soleil (1983年)日本語板ナレーション
  • 東京レディースオーケストラ公演(1995年)
  • 日中青年文化交流の集い・北京での公演(1996年)
  • オペラ『愛の妙薬』(2002年、主演:アディーナ役、並びにプロデュース)
  • オペラ『フィガロの結婚』(2004年、伯爵夫人役、並びにプロデュース)
  • 小林研一郎指揮・日本フィルハーモニー交響楽団公演「第九」にてソロソプラノ(2004年)
  • ミュージカル『赤毛のアン』(2004年、ステラ婦人役)
  • 荒川区民オペラ公演オペレッタ『こうもり』(2008年、ヒロイン・ロザリンデ役)

CM[編集]

音声ガイド[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柏市立柏第2中学校の国語の亀井順子先生により創作する楽しさを知る。「私の先生 目覚めた創作意欲 後押し」読売新聞2013年9月26日29面
  2. ^ a b Wendy Net News&Views|Ms Wendy バックナンバー 劇画家・声楽家 池田理代子さん参考。
  3. ^ NHK知るを楽しむ 池田理代子参考。
  4. ^ 日本メナード化粧品株式会社 PR情報 朝日新聞主催 人生をさらに楽しく美しく!女性のいきいきセミナー トークショー出演者プロフィール参考。
  5. ^ a b 東淀川区ホームページ 新城小学校
  6. ^ 2007年5月14日朝日新聞夕刊の特集『風薫る飛鳥6 進取のスター 聖徳太子』より。
  7. ^ No.49 池田 理代子 (いけだ りよこ) ― 劇画家・作家”. 荒川区芸術文化振興財団. 2012年4月19日閲覧。
  8. ^ 2008年1月24日号の週刊新潮「ベルばら『池田理代子』の聖徳太子マンガに『盗作疑惑』」より。[要ページ番号]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]