デュ・バリー夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デュ・バリー夫人 (ヴィジェ=ルブラン画)

デュ・バリー夫人Madame du Barry, 1743年8月19日 - 1793年12月7日)は、ルイ15世公妾。本名マリ=ジャンヌ・ベキュー(Marie-Jeanne Bécu)。傾国の美女とも、単なる哀れな女性であったとも言われる。

生涯[編集]

Madame du Barry.jpg

ジャンヌはアンヌ・ベキュの私生児としてフランスシャンパーニュ地方の貧しい家庭に生まれた。弟が生まれてまもなく母は駆け落ちし、叔母に引き取られて育った。ジャンヌが7歳の時、母が金融家と再婚するとパリで義父と暮らすことになる。ジャンヌは義父に大層かわいがられ、まともな教育を受けさせてもらえた。15歳で修道院での教育を終えると、初めはある家の侍女をしていたが、素行上の問題から解雇される。その後、男性遍歴を繰り返し娼婦同然の生活をしていたようだが、1760年にお針子として「ア・ラ・トワレット」という洋裁店で働き始めた。美しいジャンヌは、やがてデュ・バリー子爵に囲われると、貴婦人のような生活と引き換えに、子爵が連れてきた男性とベッドを共にした。家柄のよい貴族や学者、アカデミー・フランセーズ会員などがジャンヌの相手となり、その時に社交界でも通用するような話術や立ち振る舞いを会得したと推測される。

1769年ルイ15世に紹介された。5年前にポンパドゥール夫人を亡くしていたルイ15世は、ジャンヌの虜になって彼女を公妾にすることに決める。デュ・バリー子爵の弟と結婚してデュ・バリー夫人と名を変えたマリ・ジャンヌは、型どおりの手続きを終えて、正式にルイ15世の公妾になり、社交界にデビューした。

Du Barry.jpg

フランス宮廷に入ったデュ・バリー夫人は、その頃オーストリアからフランス王太子ルイ=オーギュスト(後のルイ16世)に嫁いでいたマリー・アントワネットと対立した。マリー・アントワネットは、娼婦や愛妾が嫌いな母マリア・テレジアの影響を受け、デュ・バリー夫人の出自の悪さや存在を徹底的に憎んでいたのである。加えて、かねてデュ・バリー夫人の存在を疎んじていたルイ15世の娘であるアデライード王女ヴィクトワール王女ソフィー王女らが、宮廷で最も身分の高い婦人であるマリー・アントワネットを味方につけようと画策したことが、この対立を一層深めた。しかし、デュ・バリー夫人は朗らかで愛嬌がある親しみやすい性格で、宮廷の貴族たちからは好かれていたという。

連行されるデュバリー夫人

1774年の4月27日、ルイ15世が天然痘に倒れると、デュ・バリー夫人はその看病に努めていたが、5月9日にポン・トー・ダム修道院に入るよう命令が出され、危篤に陥ったルイ15世から遠ざけられた。彼女は追放同然に宮廷から出され、不遇な一時期を過ごしたが、宰相ド・モールパ伯爵やモープー大法官などの人脈を使って、パリ郊外のルーヴシエンヌに起居し、優雅に過ごすようになった。その後、デュ・バリー夫人はド・ブリサック元帥・シャボ伯爵、イギリス貴族のシーマー伯爵達の愛人になった。

1789年フランス革命が勃発し、愛人だったパリ軍の司令官ド・ブリサック元帥が虐殺された後、1791年の1月にイギリスに逃れ、亡命貴族たちの援助をおこなった。1793年3月に帰国したところを革命派に捕らえられ、12月7日にギロチン台に送られた。

この時の死刑執行人のサンソンは、彼女とは知己で、彼女は泣いて彼に命乞いをした。サンソンはこれに耐えきれず、息子に刑の執行をさせ、結局デュ・バリー夫人は処刑された。なぜ彼女が帰国したのか真相は定かでないが、革命政府によって差し押さえられた自分の城にしまっておいた宝石を取り返すのが目的だったという説がある。

評価[編集]

フランス革命に関する回顧録は数多くあるが、デュ・バリー夫人に関しては、女流画家のルブラン夫人によるものがある。それによれば、革命裁判所で死刑を宣告され、命を落とした多くの女性たちの中で、断頭台を直視できなかったのは、デュ・バリー夫人だけだったという。彼女は泣き叫び、処刑台の周囲に集まった恐ろしい群衆に慈悲を乞い、彼らの心を掻き立てたという。

ルブラン夫人は、こう述懐している。「私が確信したのは、もしこの凄まじい時期の犠牲者たちがあれ程までに誇り高くなかったならば、あんなに敢然と死に立ち向かわなかったならば、恐怖政治はもっとずっと早く終わっていたであろう」と。

逸話[編集]

  • ルイ15世がカリフラワーを好んでいたことにちなみ、カリフラワーのポタージュはクレーム・デュ・バリー(crème du Barry)と呼ばれている[1]
  • 1769年にルイ15世の公妾になった際、王はイヴリーヌ県のルーヴシエンヌ城をアンジュ=ジャック・ガブリエルに改装させてデュ・バリー夫人に贈った。以来、この城は「シャトー・デュ・バリー」とも呼ばれ親しまれている。なお、1980年代末に、横井英樹の庶子・中原キイ子とその夫・ジャンポール・ルノアールが日本産業名義でこの城を購入し、同夫妻が家具や備品を売り払ったうえ、管理不行き届きから城を荒廃させたとしてフランスで大騒ぎとなった。横井は夫妻を訴え、中原はフランスで、ルノアールはアメリカで収監された[2]

脚注[編集]

  1. ^ ルコルドンブルー東京校 p.16
  2. ^ ミッチェル・パーセル著『エンパイア』

参考文献[編集]

  • 『ル・コルドン・ブルーのフランス料理基礎ノート2―サブリナを夢みて〈4〉』 ルコルドンブルー東京校、文化出版局、1998年。

関連項目[編集]

デュ・バリー夫人が登場する作品

外部リンク[編集]