ジョルジュ・ダントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ダントン
Georges Jacques Danton
Georges Danton.jpg
生年月日 1759年10月26日
出生地 Pavillon royal de France.svg フランス王国アルシ・シュル・オーブ
没年月日 1794年4月5日
死没地 フランスの旗 フランスパリ
前職 弁護士
サイン GeorgesDantonSignature.jpg
テンプレートを表示

ジョルジュ・ジャック・ダントン: Georges Jacques Danton, 1759年10月26日 - 1794年4月5日)は、フランス革命で活躍した代表的な政治家で、パリ・コミューン助役、国民公会議員、司法大臣、公安委員会の首班など、要職を歴任した。歴史家ミシュレが革命を体現する人物として高く評価したため、人間味あふれる革命家として有名になった[1]

「モンタニャールの三位一体」の1人[2]で、モンターニュ右派のダントン派(寛容派)の首領。

略歴[編集]

1759年、フランス王国シャンパーニュ地方アルシ・シュル・オーブに生まれる。1780年パリへ出て法律を学び弁護士となり、この頃結婚して1787年、王室顧問会議付き弁護士になる。モンテスキューディドロの著作を愛読したとされる。

1789年フランス革命が勃発するとこれに共感して参加。ジャコバンクラブに加入する。独特の存在感を発揮して9月にコルドリエ地区の議長に選ばれた。1790年4月コルドリエ・クラブを創設後、シャン・ド・マルスでの騒動に巻き込まれて一時イギリス亡命した。

1791年末帰国後、パリ・コミューンの第2助役に選ばれた。1792年、民衆を扇動してテュイルリー宮殿を襲撃させた後(8月10日事件)、急進派で唯一人ジロンド派の内閣に司法大臣として起用される。

この頃、対外戦争は敗戦続きで、9月2日にヴェルダンでフランス軍が降伏。周囲が動揺するなか「勇気が、常に勇気が、さらに勇気が必要なのだ」で知られる有名な演説(通称:剛胆演説)で国民を鼓舞した。しかし責任大臣であった九月虐殺は防げなかった。

その後、国民公会議員に当選し、国王裁判では処刑に賛成。革命裁判所や公安委員会の創設にも貢献し、山岳派の指導者としての地位を確立する。ジロンド派とも接触し、党派抗争を止めようとするものの、説得に失敗して大臣を辞任。ダントン自身の汚職疑惑と友人の将軍シャルル・フランソワ・デュムーリエオーストリアへ寝返ったことによって窮地に陥り、公安委員会からも退いた。

逮捕され沈鬱な表情のダントン。ジャック・ルイ・ダビッドの鉛筆画による肖像(1794年)

ジロンド派追放後の1793年以降はダントン派(寛容派)を結成し、恐怖政治の廃止や反革命容疑者の釈放を呼びかけたが、1794年1月にインド会社解散に伴う清算における横領が発覚し(インド会社事件)、ダントン派に属する議員が逮捕されたことで出鼻を挫かれた。

ギロチン台で「おれの頭をあとで民衆によく見せてやれ。これだけの頭は、滅多にないぞ!」と叫ぶダントンのスケッチ。(ジャン・ジョルジュ・ウィル画)

1794年3月、ジャック・ルネ・エベール率いるエベール派の逮捕・処刑ではロベスピエールと協力したものの、1794年4月にサン・ジュストの告発で、収賄の容疑でダントンやカミーユ・デムーランらダントン派が逮捕され、粛清された。

ダントンは裁判で持ち前の雄弁をふるい、判事も無罪に傾きかけたが、弁論を妨害されるなどの圧力がかかり、結局死刑の判決を受けた。ギロチンへの道すがらロベスピエールの家の前を通りかかると「ロベスピエール、次は貴様の番だ!」と叫び、最後まで堂々とした態度で処刑された。34歳であった。最後の言葉は「俺の頭を後で民衆によく見せてやれ。これだけの頭は、滅多にないぞ!」であった。

愛妻家で、出張中に急死した妻の亡骸を一週間後に掘り起こし、胸像をとって飾っていた。

関連作品[編集]

文献[編集]

  • 大革命の享楽児・ダントン(山田稔) フランス革命の指導者. 下巻 桑原武夫編 創元社, 1956.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただしミシュレのダントン礼賛の個人評価は後世の歴史家によって訂正された
  2. ^ ロベスピエールとマラーと、ダントンの3人

外部リンク[編集]