ジャン=バティスト・クレベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=バティスト・クレベール
ストラスブールにあるクレベールの銅像
ルーブル美術館にあるクレベールの石像

ジャン=バティスト・クレベール(Jean-Baptiste Kléber, 1753年3月9日 - 1800年6月14日)は、フランス革命期の軍人ストラスブール出身。フランス革命後は共和派となり、ヴァンデの反乱の鎮圧にジャン=バティスト・カリエと共に貢献した。1798年のエジプト・シリア戦役に同行し、翌年ナポレオン・ボナパルトが引き上げると留守をあずかったが、1800年にカイロで暗殺された。

クレベールの遺体は一度フランス本土へ送られたが、彼の墓が共和制の象徴となるのを恐れたナポレオンは、遺体をシャトー・ディフに置くように命じた。これはルイ18世ストラスブールへの埋葬を許可するまでの18年間続いた。

ストラスブールのグラン・ディルにクレベールの銅像が立っている。

関連項目[編集]