ニコラ・ウディノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラ・ウディノ

ニコラ・シャルル・ウディノ(Nicolas Charles Oudinot, 1767年4月25日 - 1847年9月13日)は、ナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人、元帥。ルジオ公爵ロレーヌ地方バル=ル=デュック生まれ。

1808年7月2日、帝国伯爵。エスリンクおよびヴァグラムの戦いの功により、1809年7月12日に帝国元帥に昇進。諸国民戦争では、ベルリン攻略を任されたが、グロスベーレンの戦いで敗北し失敗した。

復古王政の下で、近衛隊少将。1823年のスペイン干渉の際は、第1軍団司令官として戦った。

外部リンク[編集]