ジャック・マクドナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・マクドナル

エティエンヌ・ジャック・ジョゼフ・アレクサンドル・マクドナル: Étienne Jacques Joseph Alexandre Macdonald, 1765年11月17日 - 1840年9月25日)は、フランス革命戦争ナポレオン戦争で活躍したフランス軍人である。第一帝政復古王政元帥ターラント公爵。

略歴[編集]

スダンスコットランド系フランス人貴族の家系に生まれた。チャールズ小僭王とともにスコットランドからフランスに逃れてきたジャコバイトの末裔である。このために姓は英語読みでマクドナルドと書かれることがある[1]

1809年にナポレオンから軍団長に指名され、さらに若いイタリア副王ウジェーヌ・ド・ボアルネ軍事顧問としての役割も与えられた。ワグラムの戦いでは彼の軍団の攻撃でオーストリア軍中央部を潰走させて勝利を導いた。 ターラント公爵の称号を与えられた。

1810年には半島戦争への支援に赴いた。また1812年ロシア戦役では左翼を担った。1813年の諸国民戦争ではリュッツェンの戦い (enバウツェンの戦い (enの後、シレジアへ侵攻したが、ドレスデンの戦いと同じ日の8月26日、カッツバッハの戦い (enブリュッヘル率いるプロイセン軍に撃破された。ライプツィヒの戦いではライプツィヒ市街からのフランス軍の退却をユゼフ・ポニャトフスキと共に任されたが、橋梁が爆破された後、フランス軍にエルスター川を泳いで渡河するように指揮を行っている(この間、ポニャトフスキが戦死している)。

参考文献[編集]

  • Heraldica.org- Napoleonic heraldry Macdonald was especially fortunate in the accounts of his military exploits, Mathieu Dumas and Ségur having been on his staff in Switzerland.
  • M.Dumas, Evénements militaires
  • Ségur's rare tract, Lecture sur la campagne du Général Macdonald dans les Grisons en 1800 et 1801 (1802), and Eloge (1842).
  • His memoirs were published in 1892 (Eng. trans., Recollections of Marshal Macdonald), but are brief and wanting in balance.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般的な慣習としては現地音に近い人名表記をするということになっているので、ここでは「マクドナル」となる。なお、「マクドナルド」もスコットランドでの本来の発音からはやや離れている(マクドナルド (曖昧さ回避) を参照)。