ミシェル・ネイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・ネイ
Michel Ney
Marechal Ney.jpg
生誕 1769年1月10日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ザールルイ
死没 1815年12月7日(満46歳没)
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国パリ
所属組織 フランス軍
軍歴 1787年 - 1815年
最終階級 元帥
テンプレートを表示

ミシェル・ネイフランス語: Michel Ney1769年1月10日 - 1815年12月7日)は、フランス革命戦争およびナポレオン戦争期に活躍したフランス軍人元帥)。ナポレオン・ボナパルトの側近の一人で、彼をしてle Brave des Braves勇者の中の勇者)と言わしめた[1]。なお、姓のNeyは二重母音「ネイ」ではなく、フランス語発音: [miʃɛl ˈnɛ]と読む。

生涯[編集]

1769年1月10日、当時フランス領であったザール地方ザールルイロレーヌに含まれているとみなされていた)にて七年戦争に従軍しロスバッハの戦いに参加した元兵士で樽職人のピエール・ネイの次男として生まれる[1]。一度は公証人を志して法律事務所に就職したが、1787年に王国軍のユサール連隊に一兵卒として入隊。フランス革命の混乱の中で頭角を現し、1792年9月20日ヴァルミーの戦い1793年3月18日ネールウィンデンの戦いに参加した。1794年6月、北部方面軍からサンブル川ムーズ川方面戦線に配属された。1797年4月18日のノイヴィートの戦いで騎兵突撃を指揮した彼は、オーストリア軍の反撃を受けた際、捕虜となり、5月8日に捕虜交換で解放された。マンハイムを占領した後、2年後の1799年3月には若くして師団長に昇進した[2]。同年5月27日のヴィンタートゥールの戦いでは、太ももと手首を負傷した。その後、負傷から回復した彼は、モロー将軍の下で、1800年12月3日ホーヘンリンデンの戦いに参加した[2][3]1802年スイス和平仲裁協定(Acte de Mediation)の調印のため、スイスに派遣された[4]。同年8月5日、ナポレオンの妻ジョゼフィーヌの紹介で結婚した[2]

ネイはたゆまぬ努力と、自身が見出して副官としたスイス人傭兵ジョミニ(のちに高名な軍事理論家として知られる)の助力もあって、歩兵指揮官としても優れた能力を身につけた。ネイはジョミニの著作の出版費用を負担するなど個人的に彼を援助し、ジョミニはベルティエ元帥と対立してネイのもとを離れた後も、終生ネイを敬愛していたという。

ナポレオンが1804年5月19日、ナポレオンから元帥号を与えられた18人の1人となった[2]。1805年、大陸軍の第6軍団を率いた彼は、9月25日にライン川を渡河、10月9日にギュンツブルク(Gunzburg)で勝利、10月14日、エルヒンゲンの戦いで勝利し、橋梁を奪取、翌15日、ジャン・ランヌとともに、ミヘルスベルク(Michelsberg)高地を包囲し、ウルムの包囲網を完成させた。10月19日にオーストリアのマック将軍は降伏してきた。その後、進軍を再開した彼の軍は、ザルツブルクを経て、11月5日、シャルニッツ(Scharnitz)とチロル(Tyrol)でヨハン大公の軍を破り、11月7日にはインスブルックを占領した[5]

1806年プロイセン戦役では、イエナの戦いでは猪突したため、敵中に孤立し、ランヌの軍団に救われた[3]。その後、エルフルトマグデブルクを占領した[3]1807年2月のアイラウの戦いでは、彼の軍による増援で、ナポレオンはかろうじて敗北を逃れた。その後、グットシュタットの戦いでは14000人を率いて、7万人の敵軍と戦った[3]。同年6月14日のフリートラントの戦いでは右翼を指揮し、敵左翼をアーレ川に追い落とし[3]、決定的勝利に貢献した[2]

1808年6月6日にエルヒンゲン公爵位を授けられた[2]。この年、第6軍団を率いて半島戦争に参加、いくつかの戦いで勝利を収めた[3]1810年5月10日にマッセナが司令官職に就いたが、ネイやジュノーは、これに嫉妬し度々衝突した[6]。ネイはマッセナとともに、ポルトガルに侵攻し、シウダ・ロドリーゴアルメイダを占領したが、9月にプサコの戦いで、ウェリントンに敗れた。

1811年3月、ナポレオンから、フランスへ帰還し、ロシア遠征の準備を行うよう命じられた[3]

ロシア戦役では第3軍団を指揮し、8月のスモレンスクの戦いでは首に銃弾を受けて負傷したものの、ボロジノの戦いで奮戦した。モスクワからの長く困難な退却戦では、11月3日より、ダヴーに代わって後衛司令官となった。11月下旬のベレジナ川の戦いでも後衛を務め、味方の渡河を援護した。逆境で見せた粘り強さと勇気、統率力は後に伝説として語られるほどのもので、ナポレオンにも「全く何と言う男だ!フランス軍には勇者が揃っているが、ミシェル・ネイこそ真に勇者の中の勇者だ!」と言わしめている[2]。1813年3月25日、ロシア戦役での奮戦からモスクワ川大公の称号を与えられた[2][7]。 その後のドイツ戦役では、4月29日のヴァイセンフェルスの戦い、5月2日のリュッツェンの戦いに参加、ドレスデンに進軍するナポレオン本体からベルリン方面に派遣された。5月20日のバウツェンの戦いでは、強行軍シュプレー川を渡河し、敵の背後を旋回することが期待されたが、果たせなかった。9月13日のデネウィッツの戦いビューロー将軍に敗れた。その後、ベルナドットに撃退され[3]、10月4日にはベルナドットの軍はエルベ川を渡河した。その後、ライプツィヒの戦いに参加している[3]1814年1月、ナンシーから撤退した。3月20日、アルシ・シュル・オブ(Arcis-sur-Aube)で戦力に優るシュヴァルツェンベルクに敗れた。3月31日、パリが陥落すると、ナポレオンはロワール川流域で戦うという元帥たちの献策を退け、パリ奪回作戦を示したが、これに対してルフェーヴルベルティエマクドナルドウディノモンセーとともにパリが炎上するおそれがあるとして反対、息子のローマ王のためにも退位するべきだと迫った[7]

王政復古後はルイ18世に忠誠を誓い、ナポレオンがエルバ島を脱出した際、「ナポレオンを鉄の檻に入れて、引っ立てて来る。」と豪語したが、ナポレオンから親書を受け取り、3月15日、ロン・ル・ソニェ(Lons-le-Saulnier)でナポレオンに帰順[3][8]、3月18日にオセールで合流した[2]

リニーの戦いに先立ち、イギリス軍がプロイセン軍への援軍に来られないよう、ブリュッセルナミュールの間のカトル・ブラに派遣された。彼はもたもたし、ドルエ・デルロンがナポレオンに援軍を求めようとするのも阻止した[9]

ワーテルローの戦いでは前衛で事実上の総指揮を執り、ラ・エー・サントへのデルロンの第1軍団による攻撃を命じた。この際、砲兵による支援を命じ忘れたため、フランス軍の突撃はことごとく粉砕された。15時30分、砲兵の砲撃準備や、歩兵による支援も待たずに、騎兵による総突撃を敢行したが、イギリス歩兵の方陣を崩すことができず[2]、軍馬は息切れを起こし、砲兵・歩兵からの猛射撃を受け、敵騎兵に側面から突撃を受けたため退却、フランスの勝利の機会を逃した[10]ブリュッヘルのプロイセン軍の増援を受け、フランス軍は敗北した。

敗戦後、フーシェは、彼にパスポートを与えて、亡命することを提案したが、ネイはそれを断り、8月3日に身柄を拘束された[3]。再び権力の座に戻ったルイ18世の政府によって反逆罪に問われ、1815年12月6日に銃殺刑に処せられた。ネイやミュラの銃殺は、ルイ18世の個人的な復讐であると言われているが、ネイ自身はこの時同僚将官による軍法会議で裁かれるのを拒み、フランスの上院議員の資格を盾にとって、王党派で占められている上院による裁判を受けている。貴族院では、161票中139票の賛成で有罪となり、賛成票を投じた中には ケレルマンマルモンペニリョンセリュリエヴィクトルらも含まれた[4]このことも含め、ルイ18世からは「頭脳なき英雄」と誹られる結果となったが、誇りから自ら望んだ結果だったのではないか、との評もある[要出典]なお、ネイの処刑を強硬に望んだ一人にマリー・アントワネットの娘アングレーム公爵夫人がいたが、後にネイの部下の回想録を読んでモスクワ退却戦での奮戦を知り、「もしもロシアで彼が見せた祖国への献身振りを知っていたなら、決して彼の処刑に賛成はしなかったでしょう」と涙したという。[要出典]

人物[編集]

大陸軍ではナポレオン自身に次いで将兵に人気のあった指揮官で、不屈の闘志と人間離れした勇気で名高い国民的英雄だった。人となりは実直で努力家、同僚の多くと違って世俗的欲求にも恬淡としており、気前もよく部下達を物心両面で援助する事を惜しまなかった。ただ武人としての名誉には非常にこだわり、侮辱には黙っていることができず、卑怯未練な態度をひどく嫌った。戦場では極めて厳格かつ冷徹であり、部下の死にも表情を変えることがなかったが、それは「軍人が戦場で倒れるのは当然の運命である」と受け止めていたからだという。ワーテルローの戦いの末期、崩壊する自軍の中で「逃げずに戦え! おれが誰かわからないか! フランス元帥の死に方を見せてやる!」と兵士を叱咤している。短気で激情家でもあったが、冷静に戻ると自らの非を認め率直に謝罪することもできる度量も備えていた。戦場での勇猛さと裏腹に、平時は気弱で優柔不断な面も見られ、「彼は馬上では半神だったが、馬を降りればまるで子供だった」とも評されている。[要出典]

生まれた環境からフランス語とドイツ語を流暢に話し[2]命令書などに残された筆跡から非常に達筆だったことも知られている。また、フルートクラリネット演奏を得意とし、チェスの名手でもあったという。[要出典]

指揮官としては特に粘り強さを身上としており、防御退却戦で後衛を率いて数々の伝説的武勲を挙げた。ロシアからの退却戦では自ら銃を取って、ロシア兵と戦った[4]。攻撃においても個人的勇気と敢闘精神に富んでいたが、大軍を組織的に運用する事は不得手で[3]、猪突して孤立するという失敗もしばしば犯している。たとえばワーテルローではウェリントンの後退を退却と誤認して騎兵すべてを投入してしまい、予備兵力を失っている。戦略的な視野は持たなかったが[3]残された命令書などは非常に簡潔明瞭に纏められており、部隊の統率者としては熟達していたようである[要出典]。ナポレオンは彼に対して愛憎半ばする複雑な心情を抱いていたらしく[要出典]、流刑となった後の回想では厳しく批判することもあれば、最大限に賞賛する事もあった。

ネイはリュクサンブール庭園近郊のグルネル平原で銃殺されたが[3]、このとき目隠しを薦められると「君は私が20年以上も前から銃弾を直視してきたことを知らないのか?」と言い返している。なお、銃殺された場所には彼の銅像が立てられており、現在も献花が絶えないという[11]。 最期の言葉は、

「兵士諸君、これが最後の命令だ。私が号令を発したらまっすぐ心臓を狙って撃て[3]。私はこの不当な判決に抗議する。私はフランスのために百度戦ったが、一度として祖国に逆らったことはない」[2]

であった。

脚注[編集]

  1. ^ a b Michel Ney (1769-1815)”. napoleon-monuments.eu. 2013年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Kennedy Hickman. “Napoleonic Wars: Marshal Michel Ney”. militaryhistory.about.com. 2013年7月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Michel Ney, Duc d'Elchingen, Prince de Moskowa, Marshal (1804)”. napoleon-series.org. 2013年7月14日閲覧。
  4. ^ a b c J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社、date=2001-04-30、64-68頁。
  5. ^ J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社、date=2001-04-30、64-68頁。
  6. ^ J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社2001年4月30日、132頁。
  7. ^ a b J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社2001年4月30日、176-205頁。
  8. ^ J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社2001年4月30日、218-219頁。
  9. ^ J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社2001年4月30日、224頁。
  10. ^ J・P・ベルト 『ナポレオン年代記』 日本評論社2001年4月30日、226-227頁。
  11. ^ フランス旅行記/リュクサンブール宮殿