副王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

副王(ふくおう、スペイン語: virrey, 英語: viceroy)は、君主の代理人として植民地属州を統治する官職称号

語源と関連語[編集]

原語のvirrey, viceroyは、それぞれラテン語接頭辞 vice- (代理)と rex (王)から来ている。副王の領土は副王領(virreinato, viceroyalty)と呼ばれる。女性の場合は副女王(英語: vicereine)と呼ばれ、まれにではあるが軍事指揮権をも保有する場合があった。また、副王夫人に対してもこの呼称が用いられた。副王の子息(令嬢)は 英語: viceigel と呼ばれた。

地位[編集]

「副王」の称号は単なる総督よりも上位の官職であることを想起させるが、実際は総督と同程度であることもあったし、属州や植民地の知事(副知事)の上官でないこともあった。

副王の職が終身職でない場合、王族の一員に名誉的に与えられる場合もあった。王位継承の可能性がある者にとって、副王(あるいはそれと同等の地位)の座が与えられることは珍しいことではなかった。副王の地位に就くことで継承者としての資質を試す意味もあったので、古代ローマの「コンソルティウム・インペリ」(帝権を2人以上の皇帝で分けるという概念)や、ディオクレティアヌス帝が行ったテトラルキアに見られるような「副帝」といった地位ほど高いものではなかった。

スペイン帝国[編集]

欧州[編集]

1137年、アラゴン王国の王女ペトロニーラとカタルーニャ伯ラモン・バランゲー4世が結婚してアラゴン連合王国が成立したが、この時両王国の政治的な独立や法律・行政の制度は統一されずそのまま残された[1]。このためいずれかの王が不在になる場合に備え、副王(virrey)が任命された[1]。副王は国王不在の時の「もう一人の国王」(alter ego)として国政を統括し、カトリック両王によるアラゴンとカスティーリャの連合王国も、この例に則っている[1]

日の沈まぬ帝国スペイン絶対王制下では、ヨーロッパにおける領土や海外植民地を統治するために、多数の副王が任命された。ハプスブルク朝になると顕著になり、16世紀後半にマドリードに宮廷が固定すると、副王は地方行政組織の一成員へと変化した[1]。欧州では18世紀まで、アラゴンバレンシアカタルーニャサルデーニャシチリアナポリおよびポルトガル(1580年 - 1640年)などの副王は、スペイン王によって任命されていた。スペイン継承戦争以降は、ナバーラ以外はスペイン支配を離れたり廃止されたりする形で、副王制は消滅した[1]

新大陸[編集]

アメリカ大陸が発見されると、スペインはコンキスタドールたちに統治を委ねた。当初は彼らが封建制の君主のような存在であったが、新大陸の重要性が認識されるにつれ、スペインは次第にコンキスタドールの権限を奪い、スペインの統治機構を新大陸に移植するようになった。16世紀半ばにはほぼ完全な政治機構を作り、それは18世紀後半のブルボン改革まで続いた[2]

1524年にインディアス枢機会議が新大陸統治の中枢機関に昇格した。会議は、国王の代理として、1529年にアントニオ・デ・メンドーサヌエバ・エスパーニャ副王領の初代副王に任命した[3]

17世紀まで、1535年に設置されたヌエバ・エスパーニャ副王領、1543年に設置されたペルー副王領の、2人の副王しかいなかった。ヌエバ・エスパーニャ副王はメキシコシティを首都とし、メキシコ、及び中米北米カリブ海フィリピン諸島のスペイン領を統治した。一方のペルー副王はリマに首都を構え、南米のスペイン領全域を支配した。南米のベネズエラがヌエバ・エスパーニャ副王の統治下に入るときもあった。

新大陸でのスペイン植民地の拡大に従い、1717年には新たにヌエバ・グラナダ副王領(首都ボゴタ)、1776年にはリオ・デ・ラ・プラタ副王領(首都ブエノスアイレス)に副王が置かれた。

16世紀から17世紀にかけて、副王は一般的にスペインの上流貴族から選ばれた。18世紀になると、啓蒙精神の強い小貴族、中産階級からも選ばれるようになった。しかし原則的にはペニンスラール(スペイン生まれのスペイン人)が登用され、植民地史上100名あまりの副王のうちクリオーリョは5名足らずであった[4]

副王はそれぞれの管轄区内で最高権力を行使した。首都に近接した地域では行政、軍事、司法、財政をも統括し、下級官吏のほとんどを任命できた。しかし地理的に離れた地方では、監査役を務める程度の存在であった[5]

新大陸における副王領の行政区分[編集]

新大陸において重要な官職、機関は、副王、総監[6](カピタニア・ヘネラル、スペイン語 Capitania General)、アウディエンシア(スペイン語 Audiencia)の3つであった。総監は機構上は副王の下に置かれたが、実質的には副王と変わらず、副王領内の広大な土地を統治した。アウディエンシアの長官も同様の権限を有したが、一般的に軍事的な権威は副王に留保されていた[7]

副王領には直轄領、総監領、長官領(プレジデンシア)の3つがあり、ほぼそれぞれの区画にアウディエンシアが置かれた。これらの下部に総督領(ゴベルナシオン)やプロビンシア(郡部)が位置し、さらにコレヒミエントアルカディア・マヨールという区分に分けられ、最下部にカビルドアユンタミエントと呼ばれる市参事会統括の町があった。18世紀のブルボン改革によりインテンデンシア制が敷かれて、コレヒミエント以下の地方自治体は廃止された[8]

大英帝国とイギリス連邦[編集]

1858年(この年、英王室は東インド会社が1774年10月20日から持っていた総督任命権を継承し、総督は王室の管理下に入ることになった)から1947年まで、「ハイ・ラジャ」(インド帝国最高主権者の意)である英国インド植民地総督も、公式名称ではなかったものの「インド副王」として知られている。(最後の副王はそれ以前と異なり王室出身で、ルイス・フランシス・マウントバッテン伯〈任期:1947年2月21日 - 8月15日〉であった)

また、アイルランド卿(アイルランド王)も副王の名称を用いることがあった。

副王の称号およびそこから派生した「副王の」を意味する形容詞 vice-regal は、大英帝国及び現在のイギリス連邦の総督(カナダ総督オーストラリア総督など)、もしくはそれ相応の権限を持つもの(カナダの各州の副総督 provincial Lieutenant-governor、オーストラリアの各州の総督 state governors など)に対して、王室の代表であるという意味を含んで使用される(英国領インドを大英帝国やイギリス連邦に含むことは不正確であり、手続き上は誤っている)。

その他[編集]

  • ヌーヴェル・フランス(現在のカナダ)では当初は総督だけが置かれた(1534年7月24日 - 1541年1月15日、ジャック・カルチェ)が、後に副総督と副王(1541年1月15日 - 1543年9月、ロベールヴァル卿ジャン・フランソワ・ド・ラ・ロケ(1500年 - 1560年))が置かれた。1543年9月から1578年1月までは廃止されていたが、1578年1月3日から1606年2月まではトローイロス・ド・メスケズ(ローシュ・メスケズ侯爵、1598年1月12日より副総督)が、1606年2月から1614年まではジャン・ド・ビヤンクール(プートリンクール卿、サン・ジュスト男爵(1557年 - 1615年))が在任した。1611年10月8日から1672年までフランス本国駐在の副王が置かれ、その後は知事と総督が置かれた。

自国領内の副王(同君連合を含む)[編集]

非西洋諸国における副王に類する地位[編集]

非西洋圏で諸侯や地方官の称号として用いられているもので、公式なものではないが副王と同類、またはそれに準ずる地位、官職が副王と翻訳されることがある。

オスマン帝国[編集]

ムハンマド・アリー朝時代のエジプト州英語版において、1867年から1914年まで使用された「ヘディーヴ」の称号がこれに当たる。19世紀前半のエジプトに成立したムハンマド・アリー朝は、オスマン帝国の宗主権を名目的に認めながらも、実質的には半独立の状態にあった。創始者ムハンマド・アリー(在任:1805年 - 1848年)はオスマン帝国とは異なる紋章を用い、独立した王朝であることを内外に示したが、名目上はあくまでもエジプト州英語版の総督(ワーリー)という立場であったため、当初ムハンマド・アリー朝の当主は、オスマン帝国の他の州の総督と同様に州総督クラスの文武の高官が名乗る称号である「パシャ」を名乗った。1867年、ムハンマド・アリーの孫であるイスマーイール・パシャの代に、エジプト総督が独自の称号「ヘディーヴ」を名乗ることがオスマン帝国政府から認められ、この称号は第一次世界大戦の勃発によってエジプトがオスマン帝国の宗主権下から離脱する1914年まで用いられた。ペルシア語で「支配者」を意味する称号であるこのヘディーヴが「副王」と訳される。

中国[編集]

清朝では強力な地方行政権を持つ総督(英訳でgeneral supervisor-protector)が副王と翻訳されることがある。彼らは2つ、3つほどの「州」(現在の中華人民共和国の行政区分の「省」に相当する)を統治し、その領域は直隷湖広両江両広陝甘閩浙雲貴四川に分けられた。李鴻章1867年から1870年まで両広総督を務め、袁世凱は直隷総督であった時期がある。

スリランカと東南アジア[編集]

  • ウパラージャ英語版 インドシナ半島における仏教王国での副王の称号。「マハー・ウパラージャ」のように複合的に用いられる。

公的でない使用例[編集]

フィクション[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 大貫良夫、落合一泰、国本伊代、恒川恵市、福嶋正徳、松下洋 『ラテン・アメリカを知る事典』 平凡社、1987年ISBN 4582126251
  • 『スペイン・ポルトガルを知る事典』 池上岑夫ほか監修、平凡社、1987年ISBN 4582126189

外部リンク[編集]

関連項目[編集]