イスマーイール・パシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスマーイール・パシャ

イスマーイール・パシャIsma'il Pasha, 1830年12月31日 - 1895年3月2日)は、ムハンマド・アリー朝エジプトのエジプト総督(ワーリー, 在位:1863年 - 1867年)であり、1879年イギリスからの要請で退位するまで副王(ヘディーヴ、在位:1867年 - 1879年)であった。イブラーヒーム・パシャの次男で、ムハンマド・アリーの孫にあたる。

エジプトを近代化させる一方、多額の負債を抱えるようになった。在位中に述べた言葉として、「我が国はもはやアフリカではなく、ヨーロッパの一部である。我々が以前の方法を取り止め、社会的状況に適している新しい制度を採り入れることは、すなわち自然なことである。」というものがある。

先代:
サイード・パシャ
ムハンマド・アリー朝のワーリー
1863年 - 1867年
次代:
先代:
ムハンマド・アリー朝のヘディーヴ
1867年 - 1879年
次代:
タウフィーク・パシャ