ゴア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴア州
Goa
गोंय
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 ゴア州
州都 パナジ(Panaji)
面積 3,702 km²
人口 2001年
 - 合計 1,343,998 人
 - 人口密度 363 人/km²
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 コンカニ語
創設 1987年5月30日
知事 S.S. シドゥ(S. S. Shidhu)
首相 デイガンバル・カーマト(Digambar Kamat)
立法機関(議席数)
略称ISO IN-GA
州公式ウェブサイト http://goagovt.nic.in
ゴアの地図

ゴア州コンカニ語:गोंय、マラーティー語:गोवा、ポルトガル語:Goa)は、インド西海岸の州である。16世紀から20世紀半ばまでポルトガル領インドの一部であり、ポルトガルアジアにおける拠点であった。

ゴアの征服[編集]

ゴアはインド西海岸中部のマンドウィー河の河口にある島に位置し、天然の良港を有する。16世紀初めにはイスラーム王朝のビジャープル王国の重要都市であった。1510年2月、ポルトガル王国のインド総督アフォンソ・デ・アルブケルケが1,000人のポルトガル兵を率いて来航し、この都市を降伏させた。しかし、ゴアの要塞が老巧化しており使えなかったため、同年5月にビジャープル王国のスルタンが50,000の兵を率いて攻撃してくると一旦引き上げた。アフォンソ・デ・アルブケルケはポルトガル本国からの増援が到着すると、同年11月2,000のポルトガル兵によってゴアを再び陥落させた。ビジャープルのスルタンは何度もゴアを攻撃したが、奪回できなかった。1512年にはゴア要塞へ通じる水路を制するベナステリム要塞を奪取し、ゴアに病院といくつかの教会を建設した。

黄金のゴア[編集]

1530年、ポルトガル領インドの首府はコーチンからゴアに移され、アジアの全植民地を統治するポルトガルのインド総督あるいはインド副王が駐在した。ゴアとリスボンの間には喜望峰経由の定期航路が開かれ、多くのポルトガル人をアジアに送り出し、アジアの富をポルトガルに持ち帰った。1534年にはローマ教会大司教座が設置され、ローマ教会において全アジアを管轄する中心となり、これを機にサンタ・カタリナ大聖堂が建設された(1562年~1619年)。17世紀初頭のゴアはモザンビークから長崎に広がるポルトガル海上帝国の首府として「東洋のローマ」と呼ばれる黄金時代を迎えた。当時のゴアの人口は20万人に達し、市内には壮麗な教会や修道院、総督府などの建物が立ち並んで、ヨーロッパの都市にも引けを取らなかったとされる。

ポルトガル支配の衰退とインドによる併合[編集]

18世紀に作成されたゴアの古地図

17世紀にアジアへ進出したオランダ共和国がポルトガル船を拿捕したり、マラッカなどポルトガル植民地を奪取すると、ポルトガルの海上覇権は次第に衰えていった。しかし、オランダはゴアを何度も包囲したが、ゴアを陥落させることはできなかった。その後、イギリスがインドに植民地帝国を建設した時も、ポルトガルはゴア、ディーウダマンなどの都市の領有を保持した。

第二次世界大戦においてポルトガルは中立国の立場をとったため、ゴアは東アフリカモザンビーク植民地のロレンソ・マルケスとともに、抑留されていた交戦国民の交換船による交換地となった。

1947年にインドがイギリスから独立するとインド政府はポルトガルにも領土の返還を求めたが、当時のアントニオ・サラザール独裁政権は応じなかった。1955年、非暴力で領土返還を求めるデモ隊にポルトガルの警察が発砲。死者20人以上、負傷者500人近くを出す惨事が起き、ポルトガル統治に対する反感が高まり、この事態を重く見たインド政府が1961年にポルトガル領に武力侵攻し、インドにおけるポルトガルの植民地支配はようやく終結した。

現在のゴア[編集]

働く女性達
チャポラ川の夕焼け

インドによるゴア併合に対し、アメリカとイギリスが国連安保理で非難決議案を提出したが、ソ連が拒否権を発動し、採択されなかった。多くの国は植民地独立の一つとして支持し、1974年のカーネーション革命を経てポルトガルは公式に主権を放棄した。1987年にパナジを首府とするゴア州が設置された。2001年現在の州の人口は135万人である。州内では英語コンカニー語などが使用されているが、ポルトガル語を話す住民も30,000から50,000人程度存在する。

1986年には聖フランシスコ・ザビエルの墓を収容するボム・ジェズ・バシリカや聖フランシス修道院などポルトガル時代のキリスト教建築が「ゴアの聖堂と修道院」としてユネスコ世界遺産に登録された。ポルトガル植民地時代の建物と文化が残っており、リゾート地として国内外の観光客を集めている。この地の音楽から生まれたゴアトランスサイケデリックトランスとして世界に広まった。

経済[編集]

ゴアはインドで最も富裕な州の一つである。2007年のGDPは30億ドル。主要産業は観光で、鉱業が続く。鉄・ボーキサイト・マンガン等を産出する。農業と漁業は衰退しつつある。米が主要産物である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]