ビジャープル王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビジャープル王国の支配領域

ビジャープル王国(Bijapur Sultanate)またはアーディル・シャーヒー朝Adil Shahi dynasty)とは、15世紀末から17世紀末までインドデカン、南インドに存在したスンニー派イスラーム王朝(1490年 - 1686年)。インド南西部に位置するビジャープルを首都とした。バフマニー朝が分裂しできたムスリム5王国英語版の中でもっとも有力な王国であった。ビージャプル王国ビージャープル王国とも呼ばれる。

歴史[編集]

建国[編集]

ビジャープルは元々はバフマニー朝の一部であったが、太守のユースフ・アーディル・シャー英語版(在位1490 - 1510)が1490年に独立し、ビジャープル王国を建国した。

1510年、ポルトガル提督アフォンソ・デ・アルブケルケに攻防の末にゴアを奪われた(ポルトガル領インド)。

建国当初はヴィジャヤナガル王国の名君クリシュナ・デーヴァ・ラーヤ(在位1509 - 1529)の存在もあり、ライチュール地方英語: Raichur Doab)をヴィジャヤナガル王国に奪われるなど、苦戦した。1529年クリシュナ・デーヴァ・ラーヤの死の間際、ビジャープル王国のイスマーイール・アーディル・シャー英語版(在位1510 - 1534)がライチュール地方を奪ったが、クリシュナの弟のアチュタ・デーヴァ・ラーヤ(在位1529 - 1542)によって奪い返された。

ターリコータの戦い[編集]

その後、ヴィジャヤナガル王国の圧迫からほかのムスリム5王国などと同盟し、1565年ターリコータの戦いでヴィジャヤナガル軍を破り、その首都ヴィジャヤナガルを蹂躙した。

最盛期[編集]

この王国の最盛期を飾ったのは、イブラーヒーム・アーディル・シャー2世英語版(在位1580 - 1627)であった。その治世は50年近く、彼は衰退するヴィジャヤナガル王国の領土をたびたび侵略する一方、芸術を保護し、彼自身も音楽家であった。また、1614年ヴィジャヤナガル王ヴェンカタ2世(在位1586 - 1614)が死ぬと、王族間に勃発した内乱に介入し(トップールの戦いなど)、1619年には同じムスリム5王国のひとつビーダル王国英語版を滅ぼした。

1649年ムハンマド・アーディル・シャー英語版(在位1627 - 1656)の治世に、ビジャープル王国は百数十年争ったヴィジャヤナガル王国を滅ぼして、南インドに勢力を拡大した。

17世紀後半にはムガル帝国の圧迫やマラーター同盟シヴァージーの台頭などで、王国は徐々に衰退していった。

滅亡[編集]

そして、1686年にムガル帝国のアウラングゼーブによって滅ぼされた。

建築物[編集]

ビジャープル王国はイスラーム建築が栄え、イブラーヒーム・アーディル・シャー2世の墓イブラーヒーム・ラウザ英語版やムハンマド・アーディル・シャーの墓ゴール・グンバズ英語版など、王国に関する歴史的建造物が現存している。

歴代君主[編集]

外部リンク[編集]