パラマーラ朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パラマーラ朝は、10世紀後半頃?~13世紀末まで北インドナルマダー川北岸、現マディヤ・プラデーシュ州の西部、マールワ地方に割拠したラージプートの王朝。

プラティハーラ朝ラーシュトラクータ朝に敗れると独立した。プラティハーラ朝やラーシュトラクータ朝とも争い続け、首都ダーラを占領されることもあった。973年に、ラーシュトラクータ朝へ侵入したことが、カリヤーニのチャールキヤ朝の建国者タイラ2世が立ち上がる契機をつくった。ラージャ・ボージャ(位1010年?1018年?~1055年)のころが全盛で、(現在に残るものは1457年にKamal Maula Masjidというイスラム教の施設として大改装が行われたが、その前身となる建築として)ボージュシャラを建設したことで知られる。これは、川の女神サラスヴァティーを祠るもので、当時の遺構とされる井戸が今もモゥラーナー・カマルアッディーンの墓の近くに残り、アッカル・クイ(知識の井戸)と呼ばれている。また、他にもいくつかのサンスクリット碑文が発見されている。

13世紀にはいっても国力を維持し続け、奴隷王朝の2代目のスルタンイルトゥトゥミシュの1226年頃の攻撃を撃退した。しかし、ハルジー朝に代ると、アラーウッディーン・ハルジーの強力な軍隊よる1299年~1303年のラージプート遠征で滅ぼされた。