プラークリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラークリット
話される地域: 北インド
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 インド・イラン語派
  インド語派
   プラークリット
下位言語:
ISO 639-2639-5: pra

プラークリット(praakRta प्राकृत)は、古代インドにおける「俗語」を総称した呼び方。サンスクリット「洗練された言語」と対比して名づけられた語であり、「土着の、粗野な言語」を意味する。具体的にはパーリ語アルダ・マーガディー語英語版(半マーガディー語の意味)、マハーラーシュトリー語英語版シャウラセーニー語英語版アパブランシャ語英語版などを指す。ジャイナ教の経典に用いられたプラークリットはジャイナ・プラークリット英語版と呼ぶ。

歴史[編集]

プラークリットは通常3つの時期に分けられる。

  1. 初期プラークリット
    • アショーカ王碑文の言語。その特徴によって東部(古代マーガディーともいう。大部分はこの言語で書かれる)・北西部(ガンダーラ語とも言う。カローシュティー文字で書かれている)・西部(ギルナールとソーパーラーの磨崖碑文)に分かれる。ガンダーラ語は碑文以外に仏典や中央アジアの法律文書でも知られる。
    • パーリ語上座部仏教の経典の言語である。
  2. 中期プラークリット
    • ジャイナ教で使用される言語。経典に使われている言語はアルダマーガディー語と呼ばれる。ほかにジャイナ教マーハーラーシュトリー語、ジャイナ教シャウラセーニー語が使われる。
    • 演劇で使用される言語。マーハーラーシュトリー・マーガディー・シャウラセーニーに代表される。マーハーラーシュトリーは詩にも使用される。
    • 文法家の記述の中にのみ現れる言語。パイシャーチーがこれにあたる。本来は説話集『ブリハットカター英語版』の言語であったらしいが、現存する諸本にはこの言語で書かれたものはない。
  3. 後期プラークリット
    • アパブランシャ英語版と呼ばれる。6世紀ごろから文学で使われるようになった。「アパブランシャ」とはサンスクリット語で「崩れた」を意味する。

演劇プラークリット[編集]

プラークリットは、インド古典劇でも利用され、サンスクリットと併用された。このようなプラークリットは演劇プラークリット英語版と呼ばれる。インドの古典劇において、サンスクリットはバラモン・王・学者・大臣・将軍等高級軍人などの男性、及び第一王妃、大臣の娘、尼僧、高級娼婦などが使用した。これに対してプラークリットは婦人・子供・地位の低い男性が用いた。

演劇プラークリットには、シャウラセーニー語英語版マハーラーシュトリー語英語版マーガディー語英語版の三種類があり使い分けされた。通常劇では、サンスクリットとシャウラセーニーが利用され、シャウラセーニーを利用する登場人物が韻文を使う時はマハーラーシュトリーが利用された。マハーラーシュトリーは抒情詩にも利用された。マーガディーは極めて地位の低い男性に用いられた。このように、同一劇の中で3種類のプラークリットが使い分けられた。なお、演劇用プラークリットは劇中に登場する、劇中言語としての口語であって、劇が作成された時代(3世紀から10世紀頃)にあって、実際の日常生活の口語ではなかった。元は口語だったが、インド古典劇の時代にあっては演劇専用口語言語として”文語化”していたものと推測されている。

シャウラセーニーは中北インド地方で前五世紀に利用された口語との説があり、中世にはカリー・ボリー語となり、現代のヒンドゥスターニー語パンジャーブ語等へと発展した。マーガディーはマガダ地方の口語(インド東部・ベンガル・ネパール地方)、シャカが用いた言葉との説があり、アショーカ王の勅令で利用された言語で、現代のビハール語ベンガル語オリヤー語などの祖語となった。マハーラーシュトリー語は前500年頃から後500年の間の1000年間利用され、北はマールワーラージプート、南はクリシュナ川トゥンガバドラー川付近で使われていた。現代のシンハラ語マラーティー語コンカニ語の祖語となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]