アフォンソ・デ・アルブケルケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフォンソ・デ・アルブケルケ

アフォンソ・デ・アルブケルケAfonso de Albuquerque, 1453年 - 1515年)はポルトガルの植民地征服者。

1453年リスボンの廷臣の家に生まれ、1503年に一度インドへ赴いた。帰国後、ポルトガル王マヌエル1世の信任を得、1506年インド総督として16隻の艦隊を率いてリスボンを出発した。紅海入り口のソコトラ島ペルシア湾オルムズ島を占領した。

1508年、マラバルで、初代インド総督フランシスコ・デ・アルメイダから地位を譲られた。

1510年カリカット攻撃に失敗した後北上し、当時イスラムビジャープル王国の支配下にあったゴア島を一時占領するが、いったん引き上げ、11月に再びゴアを恒久占領した。これ以後、ゴアはポルトガルのアジア支配の拠点としてインド総督あるいは副王の駐在地となる。

1511年にはマレー半島における香料貿易の中継地として繁栄していたマラッカ王国の占領に成功し、マラッカに1年滞在してポルトガルの東南アジアにおける拠点とする。その後もインド洋各地のイスラム港市攻撃に従事し、1515年12月16日海上で病死した。マヌエル王が、彼の個人的な敵ロペス・ソアレスを後任者として派遣したのに絶望したためである。