ニルギリ山岳鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
急勾配を登るニルギリ山岳鉄道の列車(2005年2月28日)

ニルギリ山岳鉄道とはタミル・ナードゥ州ニーラギリ県(ニルギリ県)に敷設された鉄道で、インド最古の山岳鉄道のひとつである。2005年からはダージリン・ヒマラヤ鉄道とともに、世界遺産インドの山岳鉄道群」を構成している。

1845年に計画が持ち上がり最終的にはイギリスの手で敷設が行われ、1899年6月にマドラス鉄道会社の経営で一般向けのものとなった。この鉄道はメットゥパラヤムウダカマンダラムを結んでおり、山岳部の駅は標高 2,200 m にある。この鉄道はインドで稼動している最後の蒸気機関車鉄道のひとつである。

ニルギリ山岳鉄道の軌間は 1,000 mmナローゲージである。メットゥパラヤム - クーヌール (Coonool) 間では、車両は急勾配を登るためにラック式の蒸気機関車(スイスのスイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークス(Schweizerische Lokomotiven und Maschinenfabrik)社製)に押されたり曳かれたりする。この区間の斜面の最大傾斜は12対1 (83 ) 、平均傾斜は24.5対1 (41‰) である。登るときには蒸気機関車は最後尾に連結され、列車を押し上げる。下るときには先頭に連結され、スピードを制御する。

クーヌール - ウダカマンダラム間は、列車はラック式でないレールの上をディーゼル機関車に牽かれて走行する。

この鉄道の走行区間は 45.88 km で208のカーブ、16のトンネル、250の橋が含まれている。メットゥパラヤムとウダカマンダラムの間にはクーヌール、ヒルグローヴ (Hillgrove) 、ウェリントン (Wellington) 、アラヴァンガドゥ (Aravangadu) 、ケッティ (Ketti) 、ラヴデイル (Lovedale) の各駅がある。ニルギリ山岳鉄道を管理するパラガット県管区 (division) は、およそ100万ドルの年間赤字を計上している。

座標: 北緯11度20分40秒 東経76度47分31秒 / 北緯11.344317度 東経76.791945度 / 11.344317; 76.791945 (クーヌール駅)