マハーラーシュトラ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マハーラーシュトラ州
Maharashtra
महाराष्ट्र
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 マハーラーシュトラ州
(Maharashtra、महाराष्ट्र)
州都 ムンバイ
(Mumbai、मुम्बई)
面積 307,713 km²
人口 2001年
 - 合計 96,752,247 人
 - 人口密度 314.42 人/km²
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 マラーティー語
創立 1960年5月1日
知事 K・サンカラナラヤナン英語版
首相 P・チャヴァン英語版
立法機関(議席数) 二院制(289+78)
略称ISO IN-MH
州政府公式ウェブサイト http://www.maharashtra.gov.in

マハーラーシュトラ州Maharashtraमहाराष्ट्र、「偉大な国」の意)は、西インドに位置するインドの州のひとつ。人口は約9,700万人。州の公用語マラーティー語。州都はムンバイ(Mumbai、ボンベイ)。

ムンバイはインドの経済と芸能の中心で、政治の中心であるデリーと国としての機能をわけている。

地理[編集]

南にゴア州カルナータカ州、東南にアーンドラ・プラデーシュ州、北にグジャラート州マディヤ・プラデーシュ州、東にチャッティースガル州、西にアラビア海がある。

歴史[編集]

偉大な歴史を持つ地域であり、ヒンドゥー教徒の英雄チャットラパティ・シヴァージーバージー・ラーオ1世、独立運動家のマハーデーヴ・ゴーヴィンド・ラーナーデー英語版ロークマンニャ・ティラクなどの人物を輩出した。

2008年11月、州都のムンバイでムンバイ同時多発テロが発生した。

行政区分[編集]

  1. アフマドナガル県英語版 (Ahmednagar District)
  2. アコーラー県英語版 (Akola District)
  3. アムラーワティー県英語版 (Amravati District)
  4. アウランガーバード県英語版 (Aurangabad District)
  5. バンダーラー県英語版 (Bhandara District)
  6. ビード県英語版 (Beed District)
  7. ブルダーナー県英語版 (Buldhana District)
  8. チャンドラプル県英語版 (Chandrapur District)
  9. ドゥレー県英語版 (Dhule District)
  10. ガドチローリー県英語版 (Gadchiroli District)
  11. ゴーンディヤー県英語版 (Gondia District)
  12. ヒンゴーリー県英語版 (Hingoli District)
  13. ジャルガーオン県英語版 (Jalgaon District)
  14. ジャールナー県英語版 (Jalna District)
  15. コールハープル県英語版 (Kolhapur District)
  16. ラートゥール県英語版 (Latur District)
  17. ムンバイ市街県英語版 (Mumbai City District)
  18. ムンバイ郊外県英語版 (Mumbai Suburban District)
  19. ナーグプル県英語版 (Nagpur District)
  20. ナーンデード県英語版 (Nanded District)
  21. ナンドゥルバール県英語版 (Nandurbar District)
  22. ナーシク県英語版 (Nashik District)
  23. ウスマーナーバード県英語版 (Osmanabad District)
  24. パルバニー県英語版 (Parbhani District)
  25. プネー県英語版 (Pune District)
  26. ラーイガル県英語版 (Raigarh District)
  27. ラトナーギリー県英語版 (Ratnagiri District)
  28. サーングリー県英語版 (Sangli District)
  29. サーターラー県英語版 (Satara District)
  30. スィンドゥドゥルグ県英語版 (Sindhudurg District)
  31. ソーラープル県英語版 (Solapur District)
  32. ターネー県英語版 (Thane District)
  33. ワルダー県英語版 (Wardha District)
  34. ワーシム県英語版 (Washim District)
  35. ヤヴァトマール県英語版 (Yavatmal District)

主要都市[編集]

住民[編集]

民族[編集]

マラーティー人英語版など。

言語[編集]

言語マラーティー語である。マラーティ語はヒンディ語とよく似ており、多少の疎通が可能である。 また、英語も広く通じる。

宗教[編集]

ヒンドゥー教徒スンナ派ジャイナ教en:Jainism in Maharashtra)、キリスト教en:East Indiansen:Marathi Christians)、シク教仏教新仏教運動)、ゾロアスター教パールシーen:Irani (India))、ユダヤ教ベネ・イスラエル)。

経済[編集]

マハーラーシュトラ州はインドで最も経済発展が進んだ州のひとつである。強力に工業化された経済、国内最大の電力生産・消費高を誇る。

世界最大の規模にあるインド映画産業のうち、北インドを中心に各地で上映されているヒンディー語の娯楽映画の業界は一般的にボリウッドと呼ばれ、その中心がマハーラーシュトラ州の州都ムンバイーにある巨大な映画撮影所(フィルム・シティ)だとされている。

石油[編集]

ムンバイの160km沖合でインド最大のボンベイハイ油田英語版マラーティー語: बॉम्बे हाय - 英語: Bombay High、ムンバイハイ油田)が1974年から生産している。

核開発[編集]

ムンバイトロンベイ英語版(Trombay)地区にあるバーバ原子核研究センターカンナダ語版英語版(Bhabha Atomic Research Center, BARC)はインドの核開発の中枢を担う(インドの核実験 (1974年)インドの核実験 (1998年))。

交通[編集]

出身著名人[編集]

  • ラター・マンゲーシュカル(歌手)
  • アーシャ・ボースレー(歌手)
  • マードゥリー・ディークシト(映画女優)
  • イーシャー・コーピカル(映画女優)
  • ウルミラー・マートーンドカル(映画女優)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]