トリプラ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリプラ州
Tripura
ত্রিপুরা
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 トリプラ州
州都 アガルタラ(Agartala

面積 10,492 km²
人口 2001年
 - 合計 3,191,168 人
 - 人口密度 304 人/km²
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 ベンガル語コクバラ語英語版
創立 1972年1月21日
知事 D. N. サヘイ(D. N. Sahay)
首相 マニク・サルカー(Manik Sarkar)
立法機関(議席数) 一院制(60)
略称ISO IN-TR
州公式ウェブサイト http://tripura.nic.in

トリプラ州(英語:Tripura、ベンガル語:ত্রিপুরা)は、インドの東部にあるの一つ。州都はアガルタラベンガル語コクバラ語英語版が公用語とされる。人口は約319万人(2001年)。

地理[編集]

面積は約1万平方キロ。州の南境・北境・西境の三方面でバングラデシュシレット管区チッタゴン管区)と面している。東はアッサム州ミゾラム州に面する。

歴史[編集]

中世よりヒンドゥー教国のトリプラ王国英語版Twipra Kingdom)として独立していた。古代にトリプラ王国はKirat Deshと呼ばれ、Kirata KingdomKirataに由来すると考えられている[1]:138

1877年イギリス領インド帝国成立後も、藩王国としての地位を認められていた。

第二次世界大戦後は、1947年インド・パキスタン分離独立に際してパキスタン1955年から東パキスタン)として独立したベンガル地方東部(現在のバングラデシュ)からベンガル人が流入し、トリプラ州の旧住民と衝突し、民族対立が引き起こされていたが、1971年バングラデシュ独立戦争インドバングラデシュを支援した。

1990年トリプラ紛争英語版

行政区分[編集]

  1. ダラーイー県英語版 (Dhalai district)
  2. 北トリプラ県英語版 (North Tripura district)
  3. 南トリプラ県英語版 (South Tripura district)
  4. 西トリプラ県英語版 (West Tripura district)

民族[編集]

トリプラ州の民族
民族 言語 言語系統
ベンガル人 ベンガル語 インド・ヨーロッパ語族
Tipra/Tripuri en:Kokborok シナ・チベット語族
en:Bishnupriya Manipuri ビシュヌプリヤ・マニプリ語 インド・ヨーロッパ語族
Manipuri (Meiteis) マニプリ語 シナ・チベット語族
Chakma en:Chakma language インド・ヨーロッパ語族
Kuki クキ・チン諸語 シナ・チベット語族
Mizo en:Mizo language シナ・チベット語族
Magh/ Arakanese Magh/ en:Burmese dialects#Arakanese チベット・ミャンマー語派

脚注[編集]

  1. ^ Singh, G.P. (2008). “The history and culture of ancient Tripura: a re-appraisement”. Historical research into some aspects of the culture and civilization of North-East India. Gyan Publishing House. ISBN 978-81-212-1012-6. http://books.google.com/books?id=TAd-EiKwK9IC 2012年3月31日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]