シレット管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シレット管区
県庁所在地 シレット
面積 12,595.95km²
人口 7,899,816人
人口密度 627.17人/km²
識字率 27.9%
地図
シレット管区の位置

世界 > アジア > 南アジア > バングラデシュ > シレット管区

シレット管区はバングラデシュの最高の地方行政区域である管区の一つ。チッタゴン管区ダッカ管区と接し、北から東南はインドとの国境を有する。

地理[編集]

管区内は他の管区に比べ高低差が大きい。ばたシレット方言(ベンガル語)は他のベンガル語と比べ訛りが強いとされ、一般に他の地域のバングラデシュ人にとってわかりにくいものであるとされる。

歴史[編集]

現在のシレット管区は英領時代は現在のインド、アッサム州の管轄下にあったが、1947年にムスリム(イスラム教徒)の多さからパキスタンに割譲された。のちに東パキスタン(現在のバングラデシュ)はパキスタンから分離独立するが、同時にシレット管区も東パキスタンの領土となった。インド領として残ったen:Karimganj districtでは分離独立運動が起っている。

行政区画[編集]

  1. ハビガンジ県英語版
  2. マウルビバザール県英語版
  3. スナマンジ県英語版
  4. シレット県英語版

経済[編集]

自然の資源が多いとされる。またの生産でも有名である。