ラジシャヒ管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラジシャヒ管区
県庁所在地 ラジシャヒ
面積 34,513km²
人口 29,992,955人(2001年)
人口密度 869.03人/km²
識字率 32.4%
地図
ラジシャヒ管区の位置

世界 > アジア > 南アジア > バングラデシュ > ラジシャヒ管区

ラジシャヒ管区バングラデシュの最高の地方行政区域である管区の一つ。

地理[編集]

チッタゴン管区クルナ管区と接し、西から北にかけてはインドとの入り組んだ国境を有する。面積は国内6管区の中で最大である。

歴史[編集]

8世紀頃から約400年間、インドパール王朝の支配を受けた。そのためパハールプール周辺には仏教寺院が数多く造られ17世紀頃まで仏教都市として機能した。しかし、現在ではイスラム教優勢である。

行政区画[編集]

  1. ボグラ県英語版
  2. ジョイプールハット県英語版
  3. ナオガオン県英語版
  4. ナトール県英語版
  5. ナワバンジ県英語版
  6. パブナ県英語版
  7. ラジシャヒ県英語版
  8. シラジガンジ県英語版

産業[編集]

マンゴーをはじめとするフルーツの生産で有名である。

北西部のディナジプール地区バラップクリアで中国の支援による石炭開発計画が進められており、石炭利用の火力発電(250MW)も計画されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 松澤猛男「天然ガスと電力」/大橋正明、村山真弓『バングラデシュを知るための60章』[第2版] 明石書店 2009年 133ページ

関連項目[編集]