クルナ管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルナ管区
—  行政区画  —
クルナ管区の位置
座標: 北緯22度55分 東経89度15分 / 北緯22.917度 東経89.250度 / 22.917; 89.250
バングラデシュの旗 バングラデシュ
首府 クルナ
面積
 - 計 22,285km2 (8,604.3mi2)
人口 (2011年)
 - 計 15,563,000人
 - 人口密度 698.4人/km² (1,808.7人/mi²)
等時帯 BST英語版 (UTC+6)

クルナ管区 (ベンガル語: খুলনা বিভাগ, Khulnā bibhāg) はバングラデシュの管区の一つ。ラジシャヒ管区ダッカ管区バリサル管区と接し、西にはインドとの国境が広がる。

地理[編集]

ガンジス川が管区北部を流れる他、マグマイト川、バイラブ川、カバダク川が管区内を流れる。

歴史[編集]

クルナ管区周辺では12世紀ごろからイスラーム化が始まり13世紀頃にイスラーム系の王朝が成立。時代は下ってムガール帝国を経て18世紀までイスラーム国家が存続した。これらのイスラム王朝時代に建てられたモスクの一部はバゲルハード郊外で見ることが出来る。

行政区画[編集]

  1. バゲルハット県英語版
  2. チュアダンガ県英語版
  3. ジョソール県英語版
  4. ジェナイダ県英語版
  5. クルナ県英語版
  6. クスティア県英語版
  7. マグラ県英語版
  8. メヘルプール県英語版
  9. ナライル県英語版
  10. シャスキラ県英語版

経済[編集]

クルナ管区は別名シルパ・ナゴラ(工業都市程度の意味)とも呼ばれる。これはバングラデシュが東パキスタンであった時代にクルナ管区がジュート(黄麻から作られる繊維製品)工業の中心地として国内唯一ともいわれた外貨獲得を行っていたからである。クルナの近郊にあるカリスプレではジュートを作る水車が数多くあり、重工業も発達している。また、国内で唯一の造船所もクルナにある。他には国内最大のマングローブ林でありユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録されたシュンドルボンなども存在する。モグラにある国内2番目の規模を誇る海港はクルナ管区全体を発展させる役割を果たしている。

一人あたりの教育率は国内でも最高であり、クルナにはクルナ大学をはじめとする高等教育機関が多数あり、学生に政治活動の自由が認められている。一般公開された図書館や最新技術を誇る病院などがあり、これらは公共機関や個人の投資家などによって経営されている。