シュンドルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 シュンドルボン
バングラデシュ
シュンドルボンの衛星写真
シュンドルボンの衛星写真
英名 The Sundarbans
仏名 Les Sundarbans
面積 1,397km²
登録区分 自然遺産
登録基準 (9),(10)
登録年 1997年
IUCN分類 IV
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
シュンドルボンの位置
使用方法表示

シュンドルボン(英語:The Sundarbans、 ベンガル語:সুন্দরবন、 ヒンディー語:सुंदरवन)はバングラデシュクルナ管区南部にまたがって広がるマングローブの群生地帯。バングラデシュ側はそのほとんどの地域が政府によって保護されており、1997年には国際連合教育科学文化機関世界遺産(自然遺産)に登録された。シュンドルボンはベンガル語で「美しい森」を意味する。ヒンディー語ではスンダルバンと呼ばれる。

概要[編集]

総面積100万ha大森林地帯であり、世界最大のマングローブ天然林である。この内、62%にあたる57万7,000haがバングラデシュ側に存在する。

シュンドルボンはガンジス川デルタ地帯に位置しており、泥が平たく蓄積した湿地帯である。数千の川と水路、入り江が複雑に入り組み、この環境がマングローブの群生地帯を生んだ。一方で多数のシカワニサルベンガルトラが棲息しており、その他鳥類も240種類以上確認されている事などから、動物の聖地である。

夏場サイクロンが襲いかかるため、入域は乾季に限られる。

登録された地域[編集]

シュンドルボンは以下の地域が登録されている。

  • シュンドルボン国立公園
  • シュンドルボン西野生生物保護区
  • シュンドルボン東野生生物保護区
  • シュンドルボン南野生生物保護区

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

India 78.40398E 20.74980N.jpg この「シュンドルボン」は、南アジアに関連した書きかけ項目です。
記事を加筆・訂正
してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / ウィキプロジェクト 南アジア

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg バングラデシュの世界遺産
World Heritage Sites in Bangladesh

文化遺産
バゲルハットのモスク都市 | パハルプールの仏教寺院遺跡群
自然遺産
シュンドルボン
世界遺産 | アジアの世界遺産 | バングラデシュの世界遺産 | 五十音順 |
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、

バングラデシュの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。