カワゴンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワゴンドウ
カワゴンドウとヒトの大きさの比較
保全状況評価
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: クジラ目 Cetacea
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: マイルカ科 Delphinidae
: カワゴンドウ属 Orcaella
: カワゴンドウ O. brevirostris
学名
Orcaella brevirostris 
(Owen in Gray, 1866)
英名
Irrawaddy Dolphin
水面に頭を出したカワゴンドウ(エーヤワディー川)

カワゴンドウ(河巨頭、学名Orcaella brevirostris)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カワゴンドウ属に属する海棲哺乳類である。イラワジイルカ(イラワジ海豚)とも呼ばれる。東南アジアの河川の河口などや海岸近くに棲息する。

分類学[編集]

カワゴンドウは、1866年、リチャード・オーウェンにより新種として報告された。カワゴンドウ属に属する二つののうちの一つである。外観がシロイルカに似ており、イッカク科あるいはシロイルカ科 (Delphinapteridae) に分類されることもあったが、現在ではマイルカ科に分類されるのが一般的である。遺伝子学的にはシャチに近いことがわかっている。

学名の brevirostris は、ラテン語の「短い口吻」に由来する。和名のカワ(河)は河口付近に棲息することに由来する。別名のイラワジあるいは英名のIrrawaddyは棲息地の河川名に由来する(詳しくは生息域の節を参照)。

2005年、遺伝子解析によって、北オーストラリアに棲息する種類は、カワゴンドウとは異なる別の種のオーストラリアカワゴンドウOrcaella heinsohni, Australian Snubfin Dolphin)であることがわかった。

身体、行動[編集]

カワゴンドウは大きなメロンと丸い頭部を有する。口吻は短く不明瞭である。背びれは短く丸みを帯びた三角形であり、身体の2/3くらいの位置にある。胸びれは長く、幅も広い。全身が明るい色であるが、背側よりも腹側の方がより白い。泥っぽい海域で見た場合、実際よりもより白っぽく見える。

産まれた直後の体長は1m、体重は10kg程度であるが、成長すると体長2.3m、体重130kg以上になる。寿命は約30年である。

カワゴンドウの泳ぎは遅い。回転するようにして上昇し、深く潜水する時のみ尾びれを水面上に上げて力強く泳ぐ。スパイ・ホップ(Spy-hop:水面から頭部を出して周囲を見回す行動)の際に、口から水を吐くという習性がある。

生息域[編集]

カワゴンドウの生息域

カワゴンドウという名前ではあるが、カワイルカのように淡水河川に棲息するのではなく、海棲である。

英名 (Irrawaddy Dolphin) が示す通りミャンマーエーヤワディー川(旧称イラワジ川 (Irrawaddy))をはじめ、ガンジス川メコン川など東南アジアの河川の河口や海岸近くの海域に棲息する。ベンガル湾の他には、ニューギニア、北オーストラリアなどに棲息する。

人間との関わり[編集]

海岸近くに棲息するため、他のイルカに比べて人間からの影響を受けやすい。

最も直接的な脅威は、油脂を捕ることを目的とした捕獲である。絶滅の危機に瀕しているとして捕獲は法的には禁止されてはいるものの、数万kmにおよぶ海岸線を監視することは現実的ではないため、禁止の実効性に関しては疑わしい点もある。刺し網による混獲や爆薬を用いた漁の巻き添えによる負傷はベトナムタイにおいては一般的なことである。

生息数の減少と生息域の縮小が大きな問題となっており、インドのチルカ湖 (Chilka Lake) においては、刺し網や地引き網によって、個体数がわずか50頭ほどに減少してしまったと考えられている。また、河川を漁網で塞ぐことによって、カワゴンドウの移動を制限し孤立させてしまうといった問題も起こっている。IUCNは、メコン川エーヤワディー川ミャンマー)、マハカム川ボルネオ島)、マランパヤ海峡(フィリピン)、ソンクラー湖(タイ)に棲息するカワゴンドウを絶滅寸前 (CR:Critically Endangered) としている。

カワゴンドウは水族館などにおいてイルカショーなどの演技をさせることを目的として飼育展示されることもある。その際は、指示に合わせてその行動ができるようにトレーニングを受ける。

脚注[編集]

  1. ^ Reeves, R.R., Jefferson, T.A., Karczmarski, L., et al. 2008. Orcaella brevirostris. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.

参考文献[編集]