カワイルカ上科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワイルカ上科
インドカワイルカ(ガンジスカワイルカ)
インドカワイルカ(ガンジスカワイルカ)
Platanista gangetica
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: クジラ目 Cetacea
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
上科 : カワイルカ上科 Platanistoidea

カワイルカ上科(河海豚上科、Platanistoidea)はクジラ目ハクジラ亜目上科の1つ。単にカワイルカと言った場合、このカワイルカ上科に属するを意味することが多いが、狭義ではカワイルカ科を指すこともある。

4科4属から成る。うち3科3属は淡水河川に棲息する。ラプラタカワイルカ科のみは塩分を含む河口や海に棲息するが、このカワイルカ上科に分類される。

概要[編集]

カワイルカは全クジラ目の中で最も絶滅の危機に瀕している部類である。棲息に適した環境の喪失、人間による捕獲、元々多くない生息数などが、絶滅の危機に瀕している主な原因である。多くのカワイルカは視力が弱く(ほぼ盲目に近い種類もいる)、そのことも人間や人工物(船や漁網)に出くわす可能性が高い原因となっている。

一部のイルカは海水でも淡水でも棲息することが可能である。例えば、コビトイルカ Sotalia fluviatilis はどちらの水であっても安定して棲息することができる。しかしこれらのイルカはカワイルカ上科には含まれない。

分類[編集]

1998年のRiceによる分類[Rice98]では、カワイルカと呼ばれている科は4つあるが、カワイルカ上科 Platanistoidea として現存する科はカワイルカ科 Platanistidae のみであるとしている(他の3科はカワイルカ上科には含まれない)。またRiceはカワイルカ科カワイルカ属に属するのはインドカワイルカ Platanista gangetica 1種のみとしている。

Rice以前の一般的な分類法では、カワイルカ上科は4科で構成されるとし、ガンジスカワイルカ Platanista gangetia とインダスカワイルカ Platanista minor をカワイルカ科カワイルカ属に属する別の種としている。

Riceによる分類(Rice, 1998)[編集]

カワイルカ上科 Platanistoidea

[1]

Rice以前の一般的な分類[編集]

カワイルカ上科 Platanistoidea

脚注[編集]

  1. ^ http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0083623

参考文献[編集]

  • Dale W. Rice, Marine mammals of the world: systematics and distribution, Society of Marine Mammalogy Special Publication Number 4, pp. 231 (1998).