オーストラリアカワゴンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストラリアカワゴンドウ
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
階級なし : クジラ目 Cetacea
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: マイルカ科 Delphinidae
: カワゴンドウ属 Orcaella
: オーストラリアカワゴンドウ
O. heinsohni
学名
Orcaella heinsohni
Beasley, Robertson & Arnold, 2005
英名
Australian Snubfin Dolphin

オーストラリアカワゴンドウ(豪州河巨頭、Orcaella heinsohni)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カワゴンドウ属に属する海棲哺乳類である。

2005年に新たに発見されたで、カワゴンドウ属の構成種はオーストラリアカワゴンドウとカワゴンドウの2種となった。

概要[編集]

体長は、雄が約2.7m、雌が約2.3mとなる[1]。同じカワゴンドウ属のカワゴンドウに非常に良く似ているが、カワゴンドウの体色が2色であるのに対し、オーストラリアカワゴンドウは3色である。また頭蓋骨ひれの形状も若干異なる。

オーストラリアタウンズビルクイーンズランド州)において、約200頭が見つかった。生息域はパプアニューギニアにまで及ぶが、大多数はオーストラリアの海域に棲息すると考えられている。希少なであると考えられており、優先的に保護されている。

学名の heinsohni は、1960年代から1970年代にかけてジェームズクック大学 (James Cook University) においてオーストラリアカワゴンドウを含むクジラ目の研究を行ったオーストラリアの生物学者 George Heinsohn に由来する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鯨類学』 図鑑/世界の鯨類35

参考文献・外部リンク[編集]

  1. ジェームズクック大学 "New dolphin species discovered" (『新種のイルカ発見』 英文)
  2. ABC News Online "DNA samples reveal new dolphin species" (『遺伝子解析により新種のイルカ発見』 英文)
  3. Isabel Beasley et al., Description of a New Dolphin, The Australian Snubfin Dolphin Orcaella heinsohi Sp. N. (Cetacea, Delphinidae), Marine Mammal Science, Vol. 21, No. 3, pp. 365-400 (2005). (Abstract)