ブラマプトラ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤルンツァンポ川
ブラマプトラ川
ジョムナ川
Brahmaputrarivermap.png
ヤルンツァンポ川 - ブラマプトラ川 - ジョムナ川
水系 ガンジス川水系
延長 2900 km
水源 ヒマラヤ山脈ガンディセ山脈
河口・合流先 ガンジス川
流域 中華人民共和国の旗 中国 チベット
インドの旗 インド
ブータンの旗 ブータン
バングラデシュの旗 バングラデシュ
テンプレートを表示

ブラマプトラ川( - がわ、:Brahmaputra River, ヒンディー語:ब्रह्मपुत्र Bramhaputra, ベンガル語:ব্রহ্মপুত্র Brohmoputro) はチベットに発しバングラデシュガンジス川と合流し、ベンガル湾へ注ぐ河川である。チベットではヤルンツァンポ川チベット語ཡར་ལུང་གཙང་པོ་ Yar-lung gTsang-po, 中国語雅鲁藏布江)、バングラデシュではジョムナ川(英:Jamuna River, ベンガル語:যমুনা Jomuna)と呼ばれている。

語源[編集]

ブラマプトラは「ブラフマー息子(プトラ)」の意味。

流域[編集]

全長2,900km。源流はヒマラヤ山脈の北側で、チベット高原南部を東進した後ヒマラヤ山脈東端をかすめ南下、インドアッサム州を西へ向け横断、ガンジスに合流する。その合流点では世界最大の広大な三角洲を形成している。中流から下流域にかけて堆積平野が広がり、主に農業が営まれる。雨季にはしばしば氾濫し、氾濫のためにできた沼沢地や池が残る。

自然環境[編集]

流域にはインドサイの生息地であるインドのカジランガ国立公園があり、ユネスコ世界遺産に登録されている。

水利権をめぐる争い[編集]

2013年、上流側の中国ではダムを3基設置することを発表。これに対して下流のインド側メディアは、流量の減少といった懸念を表明している[1]

出典[編集]

  1. ^ “チベット自治区にダム3基を新設、インドの利益損なうとインド紙が批判―中国紙”. レコードチャイナ (MSN). (2013年2月3日). http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=1654036 2013年2月3日閲覧。 

関連項目[編集]