ブータン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブータン王国
འབྲུགཡུལ་་
ブータンの国旗 ブータンの国章(画像無し)
国旗 国章
国の標語:なし
国歌雷龍の国
ブータンの位置
公用語 ゾンカ語
首都 ティンプー
最大の都市 ティンプー
政府
国王 ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク
首相 ツェリン・トブゲ
面積
総計 38,400km2128位
水面積率 ごくわずか
人口
総計(2008年 697,000人(162位
人口密度 18人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 567億[1]ヌルタム
GDP(MER
合計(2008年 13億[1]ドル(158位
GDP(PPP
合計(2008年 34億[1]ドル(153位
1人あたり 5,238[1]ドル
独立 1907年12月17日
通貨 ヌルタムBTN
時間帯 UTC +6(DST:なし)
ISO 3166-1 BT / BTN
ccTLD .bt
国際電話番号 975

ブータン王国(ブータンおうこく)、通称ブータンは、南アジアインド中国の間にある友邦国。世界で唯一チベット仏教ドゥク・カギュ派)を国教とする国家である。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語ゾンカ語。首都はティンプー。国旗はかなり複雑なもののひとつで、竜のうろこが細かく書かれている。国花メコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ国獣ターキン国鳥ワタリガラス、国蝶はブータンシボリアゲハ

国名[編集]

正式名称のラテン文字表記は『CIA WORLD FACT BOOK』によればDruk GyalkhapDruk Yulという略称が使用されることが多い。

チベット語の表記はチベット文字ではའབྲུག་ཡུལ་、ワイリー拡張方式では 'brug yul、「ドゥク・ユル」(竜の国)と読む。

公式の英語表記はKingdom of Bhutan。通称、Bhutan

日本語の表記はブータン王国。通称、ブータン中国語では不丹と表記し、と略す。

この国名の起源については様々な説がある。例えば、サンスクリット語で「高地」を意味する「ブーウッタン」説があるが、インドの側からの呼称で、インドからみればブータンは標高の高いところに位置していることによる。ブータンの人々は自国を「ドゥック・ユル」と呼ぶ。これは13世紀以降、仏教のカギュ派に属するドゥック派を国教としてきたので、自分たちをドゥクパ(カギュ派の中のドゥク派)、自国を「ドゥクパの国」(雷龍の国)と呼んでいる[2]

歴史[編集]

ブータンの地では13世紀前半、パジョ・ドゥゴム・シクポ(1184年 - 1251年)によってチベット仏教ドゥク・カギュ派が伝えられ、以後、同地に定着していった。

ドゥク派では、開祖ツァンパ・ギャレー(1161年 - 1211年)以来、ギャ氏の血統に属するものが総本山ラルン寺の座主職をはじめ教団の指導的地位を独占してきたが、16世紀末より化身ラマが同派内にも出現するようになった。第13代座主キンガ・ペンジョル(1428年 − 1475年)の転生者とされるジャムヤン・チェキタクパ(1478年 - 1523年)をはじめとする化身ラマの系譜(ギャルワン・ドゥクチェン)は、代を重ねるにつれ、同派内で大きな勢力を持つようになった。

第16代座主ミパム・チェキ・ギャルポは1606年、自身の孫ガワン・ナムゲルを同派の有力な化身ラマ、ペマ・カルポ(1527年 - 1592年)の転生者と認定し、第17代の座主に据えようとした。ギャルワン・ドゥクチェンをギャ氏の勢力に取り込もうという試みである。

ペマ・カルポ自身はチョンギェ地方に生まれ変わると遺言しており、同派はペマ・カルボの転生者としてギャ氏のガワン・ナムゲルを正統と見なす一派と、チョンギェの領主家出身のパクサム・ワンボ(1593年 - 1641年)を正統と見なす一派とに分裂した。

両派は、当時の中央チベットの覇者デシー・ツァンパ政権に裁定をあおぎ、チョンギェ側に有利な裁定が下された。ガワン・ナムゲルは、総本山ラルン寺を離れ、1616年、ギャ氏に忠実な勢力が優勢なチベット南部のモン地方に移り、自身の政権を樹立した。ドゥクパ政権は、1634年のデシー・ツァンパ政権からの攻撃、1714年のダライラマ政権からの攻撃を跳ね返し、チベット本土からは自立した国家としての基礎が固められた。

ドゥクパ教団は、ギャ氏(およびガワン・ナムゲル)を支持するロ・ドゥク(南ドゥク派)と、ギャルワン・ドゥクチェンを支持するチャン・ドゥク(北ドゥク派)に分裂した。

1772年当時インド侯国のクーチ・ビハールに侵出していたブータンはイギリス援軍によって駆逐され、以来イギリスとの関係が始まる。この紛争はパンチェン・ラマの調停によって平和的に解決したが、その後もブータン人によるドゥアール地方への侵入が度々起こると、イギリスは特使エデンを派遣して交渉に当たらせた。エデンはブータン側が強硬に主張するドゥアール地方の占有、またその他の要求をも呑んでやむを得ず条約の調印に応じたが、この報告に接した英国インド総督が直ちにこの条約を破棄して、同地方の英国領併合を宣言した。対するブータンは1864年にイギリス駐屯軍を襲って敗退させたが(ドゥアール戦争英語版)、イギリスはさらに強力な軍隊を派遣してこれを破り、1865年にブータンへの補助金(年額五万ルピー)支払いと引き換えにドゥアール地方を手に入れた(→シンチュラ条約英語版[3][4]

その後1906年にイギリス人のブータン入国が正式に承認されると、1910年には先のシンチュラ条約(第四条及び第八条)を改正して、補助金を年額十万ルピーに倍加すること、イギリスはブータンの外交指導権を有するもブータンの内政には干渉しないこと、さらにシッキム王国及びクーチ・ビハール侯国のマハ・ラージャとの抗争はイギリス政府の仲裁に託すことが両国間に締約された(→プナカ条約英語版[4]。イギリスによるこの外交指導権買収は、英領インド保全のためにその東北方から他国の勢力を排除するのが目的で、当時その対象となっていた国は、ブータンを「チベットの属部」と認識し、度々その宗主権を主張していた清国と、南下政策によってチベットに影響を及ぼし始めていたロシアであった[5]。イギリス政府はプナカ条約締結と同時に北京駐箚公使を通じて、ブータンが清国から独立した国家であること、またブータンに対する清国の勢力をイギリスは容認しないことを正式に通知した[3]。イギリスによるブータンの外交権束縛は、第二次世界大戦後イギリスから独立したインドによって引き継がれた。

従来ブータンの政治形態は、僧侶の代表者であるダルマラージャ(仏法王)と、俗人の代表者であるデパ・ラージャ(執政王)による二頭体制であった。しかし1885年に内乱が勃発して以来国内が安定しなかった[3]ことから、1907年ダルマ・ラージャを兼ねていたデパ・ラージャが退き、代わって東部トンサ郡の領主ウゲン・ワンチュクが世襲の王位に選ばれ、初代ブータン国王となった[6]。次いで1926年にその子息ジグミ・ワンチュクが第2代国王となり、第3代国王ジグミ・ドルジ・ワンチュク1972年に急死すると、僅か16歳で即位したジグミ・シンゲ・ワンチュクが永らく第4代国王の座に即いた。2005年に総選挙が実施されると翌年12月に国王は譲位し、ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュクが第5代国王に即位した。2008年7月18日には初の成文憲法典が公布され、名実ともに立憲君主国へと移行した。

年表[編集]

政治[編集]

ジェ・ケンポが宗教界の長を、デジが政治・行政の長を務めるというチョエン制度が、1907年に世襲王政が成立するまで約300年間維持された[7]1907年ワンチュク朝成立以降、国王を中心とする絶対君主制だったが、近年の政治改革により2008年に憲法が公布され、民選首相が選出されるなど立憲君主制に移行した。国会は国王不信任決議の権限を持ち、国王65歳定年制が採用されている。

立法[編集]

1953年に第3代国王により設置された国民議会(下院に相当。英語: National Assembly、ゾンカ語: Gyelyong Tshogdu)と、2008年新憲法により新設された国家評議会(上院に相当。英語National Council、ゾンカ語:Gyelyong Tshogde)による両院制である。2008年7月の新憲法制定までは議席数約150の一院制国会(国民議会)であった。旧国民議会の議員は、一般選挙を経た国民代表106名・仏教界代表10名・政府代表34名で構成され、任期は3年、再選、再任が認められていた。

現在の国民議会は、普通選挙・単純小選挙区制により選出される47人の議員で構成される。一方の国家評議会は、国内20県から各県1人ずつ普選で選出される20人と国王が任命する有識者5人の計25人で構成される。両院とも議員の任期は5年だが、国民議会は解散の可能性もある。

2007年12月31日と2008年1月29日に初の国家評議会(上院)選挙が実施され、20人の選挙議員が確定した。2008年3月24日には、初の国民議会(下院)選挙が実施され、ブータン調和党 (DPT) が45議席を獲得して圧勝し、第2党の国民民主党 (PDP) は2議席にとどまった。3月28日、国家評議会の任命議員5人が決定し、両院の構成が確定した。4月9日、DPT党首ジグメ・ティンレーが初代民選首相として選出された。

2013年7月13日に国民議会(下院)選挙が実施され、野党のPDPが32議席を獲得して与党のDPT(15議席)を破り、政権を奪取した。7月19日に、PDP党首ツェリン・トブゲが第2代首相として選出された[8]

行政[編集]

1629年行政の中心となる最初のゾン[9]がシムトカ・ゾンであった。

1968年から採用された省制度により、2005年現在、農務省、保健省、教育省、通信情報省、建設省、財務省、内務省、貿易産業省、エネルギー水資源省、外務省の10省がある。1964年の首相暗殺以来、首相職は再設置されていなかったが、1998年に大臣が輪番制で内閣の議長を務める形式の閣僚評議会議長職が設置された。2008年の新憲法制定に伴い、立法と行政の関係では議院内閣制が導入され、下院に相当する国民議会で多数を獲得した政党の党首が首相となる。2008年3月24日の国民議会選挙の結果、第1党となったDPTの党首ジグメ・ティンレーが同年4月9日に初の民選首相に任命された。

その他に、かつては王立諮問委員会(英語: Royal Advisory Council、ゾンカ語: Lodroe Tshogde)が独立機関として存在した。国家の重要事項について国王と閣僚会議に必要な助言を行い、法律や議決が、政府と国民によって忠実に実行されているかを確認する役割をになった。会議は9名の諮問委員から構成され、内訳は、国民代表6名、仏教界代表2名、国王指名1名となっており、任期は5年であった。しかし、王立諮問委員会は2007年にその役目を終えて廃止されている。

地方自治組織として、新憲法制定以前は、ゾンカク発展委員会(英語: Dzongkhag Development Committee、ゾンカ語: DYT)、ゲオク発展委員会(英語: Gewog Development Committee、ゾンカ語: GYT)などを通じて国民の意見を国政に吸収するシステムが採用されていた。ゾンカク発展委員会は、県知事、国会議員、郡長、村長で構成され、ゲオク発展委員会は国会議員、村長、集落責任者、地域住民で構成される。2008年の新憲法制定に伴い、発展委員会は地方議会へと改組された。

地方行政区分[編集]

ブータンのゾンカク

20の県(ゾンカク)に分かれている。各県の県庁には基本的にゾン(城砦)があり、聖俗両方の中心地(行政機構、司法機関及び僧院)として機能している。ゾンカクはドゥンカク(郡、Dungkhag)とゲオク(村、Gewog)という行政単位によって構成されている。2002年時点で、全国に16のドゥンカク、201のゲオクがある。

  • 1. ブムタン
  • 2. チュカ
  • 3. ダガナ
  • 4. ガサ
  • 5.
  • 6. ルンツェ
  • 7. モンガル
  • 8. パロ
  • 9. ペマガツェル
  • 10. プナカ
  • 11. サムドゥプ・ジョンカル
  • 12. サムツェ
  • 13. サルパン
  • 14. ティンプー
  • 15. タシガン
  • 16. タシ・ヤンツェ
  • 17. トンサ
  • 18. チラン
  • 19. ワンデュ・ポダン
  • 20. シェムガン

軍事[編集]

志願制の陸軍であり、総兵力は約1万人(ブータン王国軍英語版)約7,000人、ブータン国王親衛隊約2,000人、警察官約1,000人も含む)。軍事費がGDPに占める割合は約2パーセント程度で、約1,700万ドル(2006年推計)。陸軍の装備品は迫撃砲分隊支援火器等の小火器のみである。砲兵戦力および機甲戦力は、これを有さず、一部の部隊に若干数が配備されている装甲兵員輸送車は、ブータン軍にとって虎の子のような存在である。小火器は、84ミリ迫撃砲、AK-101FN FALH&K G3FN ブローニング・ハイパワーの装備が確認されている。内陸国ゆえに海軍は存在せず、空軍も存在しない。ブータン軍が保有している航空機はMi-8(7機)とドルニエ 228(1機)であり、防空に関する問題はインド軍に一任している。国内にインドの軍事顧問団と数百人の陸軍部隊が駐留している。また、インド政府はブータン軍人のインド留学を随時受け入れている。

2003年、ブータン軍は毛沢東主義を信奉するインド系ゲリラ集団3,000名と交戦。インド軍との緊密なる連携の下、第四代国王は自らブータン軍の「大元帥」となって前線に陣頭指揮を執り、僅か2日でゲリラを殲滅した経験を有する。

外交関係[編集]

中華人民共和国との関係[編集]

北部国境で中華人民共和国と接している。2014年時点において国交は樹立していない[10]が、事実上の領事館が香港澳門にある。1998年に、将来の国境画定まで、1959年以前の境界を尊重することに合意している。しかし、2000年代に入り、ブータン領域内において中国が道路建設を行い、軍及び民間人の越境行為が行われたことから、ブータン政府が抗議を行っている。中国の越境行為は冬虫夏草の採集がその一因と見られている。ブータン政府は協定の順守を求め、折衝を行っている[11][12]。なお2014年9月時点での中国との関係について、首相のツェリン・トブゲはNHKの取材に対し、「両国関係は友好的であり良好」との見解を示している。また、国境画定作業が進行中であることも明らかにした[13]

インドとの関係[編集]

英領インドとの条約に、「内政は不干渉、外交には助言を与える」という文言が存在し、1949年のインド・ブータン条約英語版にその文言が継承され、多額の補助金がブータンに付与されていたため、インドの保護国的な印象を受ける。しかし、公的には1907年をもって国家成立としている。また、2007年3月の条約改定で、「外交への助言」についての文言が「相互協力関係の維持及び拡大」をうたうものに差し替えられるなど、現状に合わせた新たな規定が定められた。

ブータンとインドは相互の国民が、お互いの国を観光するときにビサ等必要なく、身分証明書のみでよい。また、ブータン国民がインド国内で就労する際に法的規制はない。

日本との関係[編集]

  • 1957年、大阪府立大学助教授(当時)の中尾佐助が、お忍びで京都を訪れていた当時の王妃に直談判し、翌1958年、日本人として初めて入国を許された[14]
  • 1964年当時のブータンの農業の収穫は非常に少ないもので、状況を改善すべく、海外技術協力事業団(現・国際協力機構)は農業技術者として西岡京治を派遣、彼はブータンの環境が日本の農業技術使用に適合している事を発見し、翌年の1965年には多くの収穫を得る事に成功。その後もブータン農業の改善に尽くした事から西岡は1980年に国王から「ダショー(最高の人)」の称号を授与され、1992年に没するまでブータンで仕事を続けた。外国人としては初の国葬で葬られ、現在も「ブータン農業の父」として敬われている。
  • 1986年の外交関係樹立以来、日本とブータンの関係は、皇室・王室間の交流、経済協力等を通じて友好関係にある。また、日本人とブータン人は、外見が非常に良く似ているとされる。ブータンは大の親日国として知られ、その為、国際機関での選挙・決議等において常に日本を支持する重要な支援国でもある(安保理改革に関するG4枠組み決議案の共同提案国、国連人権委員会等)[15]
  • 1988年以降、青年海外協力隊が派遣されている。
  • 1989年2月24日、34歳のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が、昭和天皇大喪の礼参列のため、民族衣装」の礼服姿で数人の供を連れて来日、自国も1ヶ月間喪に服す。

地理[編集]

ブータンの衛星写真
北部が中国の領土にされる前のブータン。北部が北側に出ている。2006年より前の国境
北部が中国の領土にされた後のブータン。2006年の新国境線

インドとは東をアルナーチャル・プラデーシュ州と、西をシッキム州と、南を西ベンガル州アッサム州で接しており、その国境線は605kmに達する。また、北の国境線470kmは中華人民共和国チベット自治区と接している。中華人民共和国との国境の大部分はヒマラヤ山脈の上を走っており、国境線が確定していない部分が多く、国境画定交渉が現在も進められている。

ヒマラヤ山脈南麓に位置し、国土の標高差が南部の100mから北部の7,561mにわたっている。標高3,000m以上の北部ヒマラヤ山脈の高山・ツンドラ気候、標高1,200mから3,000mの中部のモンスーン気候、標高1,200m未満の南部タライ平原亜熱帯性気候が並存する。

殺生を禁じている、という宗教上の理由と、資源保護の観点から、川で魚を取る事を禁じており、食用の魚は川の下流にあたるインドからの輸入に頼っている。

国内最高峰はガンカー・プンスム (7,561m)。

ブータン国内に鉄道は通っていない。地方には悪路が多く、自動車の運転では衝突事故よりも崖下への転落が多い為、シートベルトの着用を法で強制していない。むしろ、転落事故に関しては、していないほうが救命率が高くなる、という考えから、民間では着用を勧めていない。

領土問題[編集]

国土の面積は、従来約46,500km²であったが、2006年に発表した新国境線では、北部の多くが中国領と主張されているため、約38,400km²にまで減少した[16]。国境線をめぐる問題が長期化している(領土問題も参照)。

経済[編集]

首都ティンプーの街並み

IMFの統計によると、ブータンの2013年GDPは19億8500万ドル(約2000億円)であり、日本の人口6万人程度の市町村に相当する経済規模である[17]。同年の一人当たりのGDPは2,665ドルであり、世界平均と比較すると大幅に低い水準である。2011年アジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は17万人と推定されており、国民のおよそ25%を占めている[18]国際連合による基準に基づき、後発開発途上国(最貧国)に分類されている[19]

主要産業はGDPの約35%を占める農業(米、麦など、林業も含む)だが、最大の輸出商品は電力である。国土がヒマラヤの斜面にあることをいかし、豊富な水力による発電を行い、インドに電力を売却することにより外貨を得ている。輸出品は電力、珪素鉄、非鉄金属、金属製品、セメントなどで、輸入品は高速ディーゼル、ポリマー、石油、米など。2007年統計では貿易総額は輸出入合わせて約10億ドルで貿易収支は若干黒字。

なお、2007年の一人あたりGNIは1,800ドル(2013年は2,460ドル[20])、経済成長率は19%であった。

観光業は有望だが、文化・自然保護の観点からハイエンドに特化した観光政策を進めており、フォーシーズンズなどの高級ホテルの誘致に成功した。外国人観光客の入国は制限されており、バックパッカーとしての入国は原則として不可能。かならず旅行会社を通し、旅行代金として入国1日につき200米ドル以上(交通費、宿泊代、食事代、ガイド代を含む。ローシーズンは若干減額される)を前払いし、ガイドが同行する必要がある。ただし、治安の悪い南部地域への渡航制限を除き、自由旅行が禁止されているわけではない。

ブータン政府は、1961年以降は5年毎の開発計画に基づく社会経済開発を実施している。2002年7月からは新たに第9次5ヶ年計画が開始されている。国内経済では、農業がGDPの約36%、就労人口の約9割を占める最大の産業であり、対外経済では貿易をはじめインドとの関係が圧倒的に高い割合を占める。

1972年代にワンチュク国王が提唱した国民総幸福量(いわゆる幸せの指標、GNH (Gross National Happiness))の概念に基づき、「世界一幸せな国ブータン」として、特にGDP/GNP増加を主眼としている先進国から注目されている。日本も経済援助などを通じブータンのGNH発現と実現に貢献をしている[21]。昨今、日本においてもGNHに関するシンポジウムが行われるなど、その最先端の概念の理解と導入への取り組みがみられる[22][23]。ただしGNH達成はいまだ目標の段階にとどまっており[24]2010年の調査で示された平均幸福度は6.1と、日本の6.6を下回っている[25]

農業[編集]

色と面積で示したブータンの輸出品目

ブータン経済において農業は非常に重要な基幹産業である。1990年時点では労働人口の9割が自給的な農業、もしくは放牧業に従事していた。これらの農民の多くは国民経済計算の対象となる貨幣経済に属していなかったため、ブータン経済は実態よりも小さくみえる。国内総生産においても農業部門が43%(1991年)を占めていた。平原であるわずかな低地部ではコメが、国土の50%を超える山岳部では果樹などが栽培されている。ブータン農業は自家消費が目的であり、自給率はほぼ100%だった。例外は輸出が可能な果樹、原木である。

ブータン農業の問題点は生産能力が向上しないことにある。人口が増え続けているにも関わらず、労働人口に占める農業従事者の割合は高い数値で横ばいに推移しており、農民の数は増え続けている。一方、厳しい地形に阻まれて農地の拡大は望めない。小規模な農地が大半を占めるため、土地生産性も改善されない。このため、1986年・1987年時点と、2003年・2005年時点を比較すると、農民が倍加しているにも関わらず、生産量がかえって微減している。

具体的には、1986年時点の国土に占める農地の比率が2.2%、牧草地4.6%、森林70.1%だったものが、2003年に至ると、同2.7%、同8.8%、同68.0%に変化している。農地は約2割拡大した。一方、農業従事者は1986年時点で、人口144.7万人に対し59万人だったものが、2003年には人口216.3万人に対し102万人となり、約7割も増えている。

ここで生産量が1万トンを超える農産物を比較すると、

  • 1987年時点 米8.5万トン、とうもろこし8.5万トン、ばれいしょ5.0万トン、コムギ1.9万トン、サトウキビ1.2万トン、オレンジ5.0万トン
  • 2005年時点 米4.5万トン、とうもろこし7.0万トン、ばれいしょ4.7万トン、コムギ0.5万トン、サトウキビ1.3万トン、オレンジ3.6万トン

となっており、主食のコメが半減している。2003年時点ではブータンの輸入品目に占める穀物の割合は7.6%に達した。この傾向は牧畜業にも及び、主力のウシは同じ期間に51万頭から37万頭に減少している。

労働力[編集]

失業率は4%(ブータン政府資料2009年)

国民[編集]

民族[編集]

民族構成(ブータン)
ガロン族(チベット系)
  
50%
ローツァンパ(ネパール系)
  
35%
その他
  
15%

ドゥクパ(ブータン民族)は、ガロン英語版(Ngalong)、ブムタンパ(Bumthangpa)、ツァンラ英語版(Tshangla/Sharchops)の3つに分けられる。南部低地地帯(タライ平原)には、ネパールローツァンパ英語版(Lhotshampa)が居住している。 その他、北部や南部には独自の文化を持つ少数民族の存在が確認されている。

言語[編集]

ブータンの言語分布
言語(ブータン)
ゾンカ語
  
25%
ネパール語
  
40%
ツァンラカ語
  
25%

公式には、チベット語系のゾンカ語が公用語である他、ネパール語英語も広く使われている。1949年までの長い間イギリスの保護国であったことから政府の公式な文書などは英語で書かれるため、英語は準公用語的な地位にある。また、ほぼすべての教育機関が英語を教授言語(ゾンカ語は国語という科目名で教えられている)としている。これは、ゾンカ語が仏教関係以外の語彙に乏しく教材などの点で不足していること、また、ブータン人教員の不足のために隣国インドから英語を話す教員を大量に雇い入れる事が容易だった為の苦肉の策という面もある。現在でもブータンの学校ではインド人をはじめとする多くの外国人教員が教鞭を執っている。最大の新聞である『クエンセル』は、英語ゾンカ語ネパール語で発行されているが、購読者が最も多いのは英語版である。しかし、教授言語が英語でなかった中年以上の世代にはあまり通じない。英語教育を受けた世代には、国語であるゾンカ語は話せても読み書き出来ない者もいるなどの問題も起きていることから、近年では伝統文化を守るためにゾンカ語教育が強化されており、国語以外の教科でもゾンカ語で教育が行われるようになった。今後、ゾンカ語の教授言語としての整備と合わせ、次第にゾンカ語での教育の割合を増やし、共通語として確立させていく予定である。

ブータンでは、24の言語が話されており、ネパール語を除いたすべての言語はチベット・ビルマ語系の言語である。地方の少数民族を中心にゾンカ語を話せない人も多く、ブータンで最も通用性が高いのはヒンディー語やそれに類するネパール語である。これは近代教育初期の教授言語がヒンディー語で、インド製娯楽映画やテレビ番組が浸透しているためである。統計上は、ゾンカ語は全人口の25パーセント、ネパール語は40パーセント(2006年統計)に話されている。80年代まで政府は、南ブータンの学校でのネパール語教育に助成金を供出していたが、ゲリラ勢力の台頭以降、教授科目から外れる事となった。

国内の言語分布は、西部はゾンカ語、東部はツァンラカ語(シャチョップカ語)、南部はネパール語(ブータンではローツァムカ語と呼ばれることもある)が主要言語となっている。

宗教[編集]

3つの宗教集団に大別される。

南部問題[編集]

ブータンのパスポートを提示するベルダンギ難民キャンプの人々

1958年の国籍法を下敷きにして、1985年に公民権法(国籍法)が制定されたが、その際、定住歴の浅い住民に対する国籍付与条件が厳しくなり、国籍を実質的に剥奪された住民が、特に、南部在住のネパール系住民の間に発生した。そもそも、ブータン政府は彼らを不法滞在者と認識しており、これはシッキムのような事態[26]を避けたいと考えていたための措置だったといわれる。

その一方で、ブータンの国家的アイデンティティを模索していた政府は、1989年、「ブータン北部の伝統と文化に基づく国家統合政策」を施行し、チベット系住民の民族衣装着用の強制(ネパール系住民は免除)、ゾンカ語の国語化、伝統的礼儀作法(ディクラム・ナムザ)の順守などが実施された。1988年以降、ネパール系住民の多いブータン南部において上記「国家統合政策」に反対する大規模なデモが繰り広げられた。この件を政府に報告し、ネパール系住民への対応を進言した王立諮問委員会のテクナト・リザル(ネパール系)は反政府活動に関与していると看做され追放される。

この際に、デモを弾圧するためネパール系住民への取り締まりが強化され、取り締まりに際し拷問など人権侵害行為があったと主張される一方、過激化したネパール系住民によるチベット系住民への暴力も報告されている。混乱から逃れるため、ネパール系住民の国外脱出(難民の発生)が始まった。後に、拷問などの人権侵害は減ったとされる。国王は、国外への脱出を行わないように呼びかけ現地を訪問したが、難民の数は一向に減らなかった。この一連の事件を「南部問題」と呼ぶ。後に、ネパール政府などの要請によりブータンからの難民問題を国連で取り扱うに至り、ブータンとネパールを含む難民の流出先国、国連 (UNHCR) により話し合いが続けられていたが、2008年3月、難民がブータンへの帰国を拒んだため、欧米諸国が難民受け入れを表明し、逐次移住が始まる予定である。

文化[編集]

ブータンのミュージックパレード

ブータンは、気候・植生が日本とよく似ている上に、仏教文化の背景も持ち合わせており、日本人の郷愁を誘う場合も多い。これはモンスーン気候に代表される照葉樹林地帯(ヒマラヤ山麓-雲南-江南-台湾-日本)に属しているためで、一帯では類似の文化的特徴をみいだすことができる[27]

食文化においては、ブータンの主食は米。トウガラシの常食と乳製品の多用という独自の面を有しつつ、赤米を中心に、パロ米(日本米)、プタ(蕎麦)の栽培、リビイッパ(ブータン納豆)、酒文化(どぶろくに似た醸造酒「シンチャン」や焼酎に似た蒸留酒「アラ」)などの日本人の琴線に触れる習慣も多い。また、伝統工芸においては漆器織物などの類似点もある。

習俗の面では、ブータン東部では最近まで残っていた「夜這い妻問婚」や「歌垣」などが比較的注目される点であろう。ブータンの男性の民族衣装」は日本の丹前どてらに形状が類似していることから、呉服との関連を指摘する俗説もあるが、「ゴ」の起源は中央アジアとされており、日本の呉服とは起源が異なる。男性の民族衣装がチベット系統であるのに対して、女性の民族衣装「キラ」は巻き衣の形式を取り、インドアッサム色が濃い。北から流入したチベット系文化と元来存在した照葉樹林文化が混在しているといえる。

伝統的な競技としては国技の弓術が代表的である。子供はダーツのような「クル」、石投げなどで遊ぶ。武器の扱えない僧侶は石投げに興じることが多いが、近年では聖俗問わずサッカー人気も高い。特に、サッカーや格闘技は、ケーブルテレビの普及以降、爆発的に人気を獲得した。

近代化の進むなか、チベット仏教は現在でも深くブータンの生活に根差している。ブータン暦の10日に各地で行われるツェチュというは今でも交際の場として機能している。その他、宗教的意匠が身近なところにあふれ、男根信仰も一般的である。宗教観や古い身分制度に基づく伝統的礼儀作法(ディクラム・ナムザ)は厳格で、国家公務員の研修や学校教育に取り入れられている。公的な場所に出るときは正装が義務付けられる。

教育[編集]

ブータンの大学タシガン県にあるシェルブツェ・カレッジ(英文表記:The Royal University of Bhutan,通称:カンルン大学)が唯一の大学である。

祝祭日[編集]

日付 日本語表記 現地語表記 備考
2月21-23日 現国王誕生日 太陽暦
5月2日 第3代国王誕生日 太陽暦
6月2日 現国王戴冠記念日 太陽暦
7月30日 第3代国王逝去日 太陽暦
9月22日 安雨居 Blessed Rainy Day 太陽暦
11月11日 第4代国王誕生日 太陽暦
12月17日 建国記念日 太陽暦
1月1日-2日 新年 Losar ブータン暦
4月15日 花祭り Lord Buddha’s Parinirvana ブータン暦
5月10日 パドマサンババ生誕記念日 ブータン暦
6月4日 初転法輪 The First Sermon of Lord Buddha ブータン暦
ダサイン Dashain ネパール暦
9月22日 神降祭 ラパウトゥーチェン Decending Day of Lord Buddha ブータン暦
11月5日 Meeting of Nine Evils ブータン暦
12月1日 Traditional Day of Offering ブータン暦

この他、ツェチュなど各ゾンカク独自の祝祭日がある。また、ティンプーでは初雪の日は休日になるという慣例がある。

煙草販売に関する規制[編集]

2004年12月より、環境保護及び仏教教義的な背景から世界初の禁煙国家となり、煙草の販売が禁止された。国外から持ち込むことはできるが、200%の関税が課される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics” (英語). 国際通貨基金 (2009年4月). 2009年7月19日閲覧。
  2. ^ ブータン王国教育省教育部 2008 pp. 16-19.
  3. ^ a b c 朝日新聞社中央調査会編『朝日東亜年報』1942年、276頁
  4. ^ a b JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03050965100、各国内政関係雑纂/英領印度ノ部 第一巻(外務省外交史料館)、1910年、5頁
  5. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03050965100、各国内政関係雑纂/英領印度ノ部 第一巻(外務省外交史料館)、1910年、6頁
  6. ^ 朝日新聞社中央調査会編『朝日東亜年報』1942年、277頁
  7. ^ ブータン王国教育省教育部 2008 p. 123.
  8. ^ Tshering Tobgay unanimously elected as PM-electBBS、2013年7月19日(2014年1月5日閲覧)
  9. ^ 行政の中心として、また、宗教活動の中心であった。ゾンはあるものは非常に大きく、またあるものは小さいなど規模の面で多様であった。また、その建設立地は外的からの攻撃に対して人々が防衛しやすいものであった。ゾンは谷に突き出していて一面の眺望を得られる場所や、片面が川になっている岸壁の上もしくは急峻な山腹、あるいは尾根に意図的に建設された。ブータン王国教育省教育部 2008 p. 76.
  10. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bhutan/kankei.html 最近のブータン情勢と日本・ブータン関係 日本外務省
  11. ^ Ugyen Penjore (2010年1月14日). “Joint field survey next on agenda” (英語). Kuensel Newspaper. 2011年10月8日閲覧。
  12. ^ Rinzin Wangchuk; Ugyen Penjore (2009年12月7日). “Border talks proposed for January 2010” (英語). Kuensel Newspaper. 2011年10月8日閲覧。
  13. ^ Bhutan's Balancing Act: Tshering Tobgay, Prime Minister of Bhutan” (英語). NHK WORLD (2014年9月11日). 2014年9月20日閲覧。
  14. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/news/111115/asi11111502530002-n1.htm
  15. ^ 外務省南西アジア課 (2010年12月). “最近のブータン情勢と日本・ブータン関係”. 外務省. 2011年10月8日閲覧。
  16. ^ 河添恵子「中国に侵蝕されるブータン王国」、『月刊WiLL』、ワック・マガジンズ2010年11月 [要ページ番号]
  17. ^ IMFによるブータンのGDP推計
  18. ^ アジア開発銀行 Poverty in Asia and the Pacific: An Update
  19. ^ 外務省 後発開発途上国
  20. ^ http://databank.worldbank.org/data/download/GNIPC.pdf
  21. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol79/
  22. ^ http://ishes.org/keywords/2013/kwd_id000756.html
  23. ^ http://www.jica.go.jp/information/seminar/2013/20131205_01.html
  24. ^ 「幸福の王国」ブータンで苦しむ若者たち”. AFPBB (2013年6月26日). 2014年6月1日閲覧。
  25. ^ 市川正樹 (2012年9月20日). “幸福度は役に立つか?”. 大和総研. 2014年6月1日閲覧。
  26. ^ シッキム王国はもともとはチベット系民族が主導権を握る国家であったが、ネパール系の移民が急増した結果として両者の人口比率が逆転し、それが王国の崩壊とインドへの併合の遠因となったとみなされている。
  27. ^ 「中尾佐助著作集第Ⅵ巻 照葉樹林文化論」p545-546 中尾佐助 北海道大学出版会 2006年2月25日第1刷

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府[編集]

日本政府[編集]

観光[編集]

難民問題[編集]

日本の研究機関[編集]