息子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

息子(むすこ)は、男性子供、即ち本人の1親等直系卑属のうち男性である者である。対義語はまたは

実子または養子の場合がある。また配偶者の連れ子の男性も一般に息子と呼ぶ。自分の息子を卑下して言う場合には、倅(せがれ:他人の息子をぞんざいに言う場合もある)、愚息(ぐそく)などともいう。

娘の(婿)を義理の息子ともいう。

語源[編集]

 産す子(むすこ)=産んだ男子 → 息子(むすこ)

その他の用法[編集]

派生語

男性の(子供の息子)を孫息子という。対義語で、女性の孫(子供の娘)は孫娘、親の父は祖父という。

父称

父系制の民族では父親または男系祖先または父称として用いることがあるが、それに「~の息子」という意味の語をつける場合も多い。例えばイングランド系のソン(-son)、アイルランド系のフィッツ(Fitz-:フランス語のFils「息子」から)、アラブ系のイブン(Ibn-)またはビン(Bin-)など。

キリスト教

キリスト教三位一体(父と子と聖霊)における「子」(「神なる子イエス・キリストのこと)や、「人の子」(福音書におけるイエス・キリストの自称)は、元来の呼び方は「息子」だが、日本語では慣習的に「子」と呼んでいる。

俗語

男性器を俗にインターネットスラングなどで「息子」と表現される。

楽曲タイトル
  • 「Anak(息子)」 - フィリピンの歌手Freddie Aguilar作曲。日本においては杉田二郎加藤登紀子らの同名カバー曲が知られている。

関連項目[編集]