遺伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

遺伝(いでん、: heredity[1])とは、生殖によって、からへと形質が伝わるという現象のことであり、生物の基本的な性質の一つである。素朴な意味では、親子に似通った点があれば、「遺伝によるものだ」、という言い方をする。しかし、生命現象としての遺伝は、後天的な母子感染による疾患や、非物質的情報伝達(学習など)による行動の類似化などを含まない。

概要[編集]

遺伝現象は、人間の親子関係や栽培植物家畜ペット育種などを通じて意識され、そのような中で、単にすべての形質が親から子に伝わるものではなく、伝わりにくい形質や、何世代かをおいて出現する形質があることなど、さまざまな不思議な点があることが意識されるようになり、科学的な解明が始められた。また、品種改良などにおいては、経験則の下で進められていたものに、はっきりした理屈が与えられれば、さらに発展が見込めることなど、実用的必要性もあった。そういう中から遺伝学が発展してきたものである。

グレゴール・ヨハン・メンデルによる遺伝法則の発見によって遺伝子の存在が示唆された。後に染色体がその担体であり、娘細胞へ分配されることにより遺伝情報が伝わることが示された。つまり細胞が遺伝子を擁して細胞を統括する。

現在では遺伝子は核酸DNAもしくはRNA)の機能的単位を示すものとして事実上定義される。このため、遺伝子≠遺伝情報 であることには注意が必要である。遺伝子はあくまで遺伝情報の数ある担体の一つ、である(ただし、その中でも最重要の担体ではある)。遺伝子ではない遺伝情報の担体としては、プリオンウイロイドなどが分かり易い例としてあげられるであろう。核以外に存在する遺伝子による現象を細胞質遺伝という。

近年の学生向けの生物学教科書や入門書などでは、遺伝と言えば遺伝子がらみのことしか解説されていないものがほとんどである[要出典]。だが、学問的に厳密に言えば、遺伝子以外の要素によって起きる、親子間の何らかの性質の継承も、研究者間では扱われることがあるのである。上に挙げたプリオン、ウイロイド以外にも、例えば母体が持つ細胞が直接に子へと移るキメラ現象(やマイクロキメリズム)もまた、それなりに研究されている。つまり、遺伝の実相というのは、必ずしも入門者向けの教科書で描かれる遺伝子がらみの説明だけで終わるような単純なものではなく、もう少し複雑な面もある、ということがすでに明らかになっているのである。

なお遺伝は、親と同一の形の子供を作る働きであるが、他方、生物は長い年月の中では、次第にその姿を変化させる。この変化を「進化」と呼ぶ。この両者、つまり《同一性》と《変化》は一見矛盾する。それに説明を与えようとしたのが進化論である。生物の形質の変化に関しては、多くの人々が様々な理論を提唱してきた歴史がある。ラマルクは、用不用説を唱え、チャールズ・ダーウィンはその用不用説を支持しつつも、自説の説明のために遺伝の研究の必要を感じ、ハトの遺伝を研究した。ダーウィンは遺伝のしくみに関する説としてパンゲン説を唱えたが、後にそれは否定されることになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省日本遺伝学会学術用語集 遺伝学編』 丸善1993年、増訂版。ISBN 4-621-03805-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]