出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(おや、parent)とは、を持つ者のことである[1]の汎称である[1]

親と子の関係を親子関係という。


男親と女親[編集]

男親を、女親をという。

この両者は性質や役割として異なる部分があると考えられることが多い。それぞれの性質を父性母性という。[要出典]


儒教における親[編集]

儒教的思想においては、親子関係はもっとも基本的な関係の一つである[要出典]。。

逆に親不孝はもっとも許されないの一つである[要出典]


キリスト教における親[編集]

キリスト教では神父が父親的役割を持つ。ただしここでは母親はいない。[要出典]」と言う[誰?]

日本における親[編集]

日本における親子関係は多様な内容・形式があり、「実親」「義理の親」「仮親」の三つがある[2]。「実親」が生みの親で、「義理の親」は配偶者の父や母であるシュウトオヤ()、ママオヤ()や養子縁組による養父養母がある。仮親とは、従来親子関係になかった人との間に、(出生時、成人時、結婚時などに)新たに親子関係に類似する関係を設定するものであって、名付け親拾い親元服親鉄漿親仲人親草鞋親等々がある[2]。仮親との関係は一時的なものもあるが、一生続くものも多い。日本の親子関係の特徴として、こうした擬制的な親子関係の重要性や多様性が指摘されることがある[2]。一定の手続きを経て、親子関係に類似した関係をとり結ぶことを親子成りと言う[3]


日本国憲法では親は子供に教育を受けさせることが義務である[要出典]とされている。(日本国憲法第26条)。


生物一般[編集]

生殖を行う生物において、それによって生じた個体に対して、それを生み出した個体を指してこう呼ぶ。ただし、分裂のように親子関係が区別できない場合もある。その場合、分裂前を母、分裂後を娘と呼ぶこともある(細胞分裂など)。[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b 広辞苑第五版
  2. ^ a b c 平凡社『世界大百科事典』【親子】
  3. ^ 平凡社『世界大百科事典』【親子成り】