出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(むすめ)とは、女性子供、即ち本人の1親等直系卑属のうち女性である者である。対義語は息子または

実子または養子(養女)の場合がある。また配偶者の連れ子の女性も一般に娘と呼ぶ。

息子の(嫁)を義理の娘ともいう。

語源[編集]

産す女(むすめ)=産んだ女子 → 娘(むすめ)

その他の用法[編集]

派生語

女性の(子供の娘)を孫娘という。対義語は孫息子(子供の息子)または祖母(親の母)。

その外の用法
  • 一般に若い女性(少女または若い成人女性)を「娘」と呼ぶこともある(しかし逆に一般男性を「息子」という用法はない)。
  • ある物から別の似た物が生まれた場合、生まれた物を「子~」と呼ぶ場合もあるが、特に「娘~」と呼ぶ例が多い(元来は英語などからの訳語)。対して、生んだ物を「親~」と呼ぶのに対して、「母~」と呼ぶ事も多い。例えば「娘細胞」「娘核種」「娘言語」など。

関連用語[編集]

  • 息子(男性の子供)
  • (女性の親)
  • (兄弟姉妹の娘)