父の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

父の日(ちちのひ)は、に感謝を表す

主な父の日[編集]

6月第3日曜日[編集]

2014年6月水無月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

1909年アメリカワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1]Sonora Smart Dodd)が、手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた[2]。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる[2]

1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[3]に制定される[2]

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]

8月8日[編集]

台湾の父の日(父親節)は8月8日である。これは、「パパ」(表記は爸爸)と「八八」の中国語の発音が同じであることに由来している。

8月第2日曜日[編集]

ブラジルでは、母の日の3ヶ月後の8月第2日曜日が「父の日」(Dia dos Pais) である。ただし、国の休日ではない。1950年代に Sylvio Bhering が、聖ヨアキムを彰して提唱した。

2月23日[編集]

ロシアでは、2月23日が「祖国防衛の日」(День защитника Отечества) とされ、軍人退役軍人に感謝する他に、父親・夫・男性に感謝する日となっている。これと対となる母親・妻・女性の日は、3月8日国際女性デーである。

元はソ連の祝日で、1918年2月23日に赤軍が初の対独戦闘に勝利したことを記念し「赤軍の日」(День Красной Армии) として制定され、1949年に「ソビエト陸海軍の日」(День Советской Армии и Военно-Морского флота) と改名された[4]。ソ連崩壊後の2002年に、現在の名称でロシアの祝日となった[5]

昇天日[編集]

ドイツでは、国の休日である昇天日復活祭の39日後の木曜日で、早ければ4月30日、遅ければ6月2日)が、「父の日」(Vatertag) でもある。「男の日」(Männertag) や「紳士の日」(Herrentag) とも呼ばれる。

日付の一覧[編集]

日取り 早い日 遅い日 採用国
01月06日 セルビアの旗 セルビア
02月23日 ロシアの旗 ロシア
03月19日 アンドラの旗 アンドラボリビアの旗 ボリビアホンジュラスの旗 ホンジュラスイタリアの旗 イタリアリヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタインポルトガルの旗 ポルトガルスペインの旗 スペイン
05月08日 韓国の旗 韓国(「親の日」として)
05月第2日曜日 05月08日 05月14日 ルーマニアの旗 ルーマニア
0昇天日 06月05日 06月02日 ドイツの旗 ドイツ
05月第3日曜日 05月15日 05月21日 トンガの旗 トンガ
06月第1日曜日 06月01日 06月07日 リトアニアの旗 リトアニア
06月05日 デンマークの旗 デンマーク
06月第2日曜日 06月08日 06月14日 オーストリアの旗 オーストリアベルギーの旗 ベルギー
06月17日 エルサルバドルの旗 エルサルバドルパキスタンの旗 パキスタングアテマラの旗 グアテマラ
06月第3日曜日 06月15日 06月21日 日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国プエルトリコの旗 プエルトリコアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インドの旗 インドイギリスの旗 イギリスカナダの旗 カナダチリの旗 チリコロンビアの旗 コロンビアコスタリカの旗 コスタリカフランスの旗 フランストルコの旗 トルコペルーの旗 ペルースロバキアの旗 スロバキア南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国シンガポールの旗 シンガポールウクライナの旗 ウクライナメキシコの旗 メキシコアイルランド共和国の旗 アイルランドオランダの旗 オランダギリシャの旗 ギリシャアルゼンチンの旗 アルゼンチンパラグアイの旗 パラグアイキューバの旗 キューバエクアドルの旗 エクアドルパナマの旗 パナマベネズエラの旗 ベネズエラ
06月23日 ポーランドの旗 ポーランドニカラグアの旗 ニカラグア
07月第2日曜日 07月08日 07月14日 ウルグアイの旗 ウルグアイ
07月最終日曜日 07月25日 07月31日 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
08月08日 台湾の旗 台湾
08月第2日曜日 08月08日 08月14日 ブラジルの旗 ブラジルサモアの旗 サモア
09月第1日曜日 09月01日 09月07日 オーストラリアの旗 オーストラリアニュージーランドの旗 ニュージーランド
09月第2日曜日 09月08日 09月14日 ラトビアの旗 ラトビア
10月第1日曜日 10月01日 10月07日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
11月第2日曜日 11月08日 11月14日 フィンランドの旗 フィンランドノルウェーの旗 ノルウェーアイスランドの旗 アイスランドスウェーデンの旗 スウェーデン
12月05日 タイ王国の旗 タイ
12月26日 ブルガリアの旗 ブルガリア

脚注[編集]

  1. ^ この時代には、妻のことを、夫の姓名に「夫人」(Mrs.)を付して呼ぶことが一般的だったため、ジョン・ブルース・ドッド夫人(Mrs. John Bruce Dodd)とも呼ばれる。
  2. ^ a b c d FATHER'S DAY -- The un-Spokane history of Father's Day - Daily American、2007年6月13日
  3. ^ 米国における記念日の位置づけについてはen:List of observances in the United States by presidential proclamation参照。
  4. ^ (ウクライナ語) Таємниця 23 лютого. Українцям є що святкувати Mystery February 23. Ukrainian is something to celebrate, Ukrayinska Pravda (23 February 2013)
  5. ^ Russian Nationalism and the National Reassertion of Russia by Marlène Laruelle, Taylor & Francis, 2009, ISBN: 0415484464 (page 245)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]