こどもの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

こどもの日(こどものひ)は、日本における国民の祝日の一つ。日付は5月5日である。

祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウイークを構成する日の一つである。

制定の経緯[編集]

5月5日は古来から端午の節句として、男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。大正時代には「児童愛護デー」として活動を行っていた団体が存在し[要出典]国会にこどもの日を祝日とする請願が寄せられた際にも5月5日を希望するものが多かったためである[1]5月5日が祝祭日で3月3日上巳の節句、雛祭り)が祝祭日でないことについては、男尊女卑とする見方がある。[要出典]

発行物[編集]

  • 1949年5月5日、こどもの日の切手が発行された。

脚注[編集]

  1. ^ 第2回国会会議録 文化委員会第5号1948年4月13日。専門調査員の武藤智雄が5月5日をこどもの日に指定してほしいとする請願や陳情があったことを報告している。

関連項目[編集]