多摩動物公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多摩動物公園
Tama Zoological Park
多摩動物公園 正門
施設情報
専門分野 総合
事業主体 東京都
管理運営 公益財団法人 東京動物園協会
園長 田畑直樹
面積 60ヘクタール
来園者数 926,344人(2011年度)
開園 1958年5月5日
所在地 191-0042
東京都日野市程久保7-1-1
位置
アクセス 京王動物園線多摩都市モノレール線多摩動物公園駅
公式サイト http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/
テンプレートを表示
都立七生公園
所在地
東京都日野市程久保
分類 都市公園(特殊公園・動植物園)
面積 60.1ha(計画64.6ha)[1]
運営者 東京都
事務所所在地 多摩動物公園

多摩動物公園(たまどうぶつこうえん)は、東京都日野市に位置する動物園である。多摩動物園と呼ばれることも多く、恩賜上野動物園と並び日本有数の動物園である。都市公園としての名称は、都立七生公園。園長は福田豊

概要[編集]

1958年5月5日に開園。当初は恩賜上野動物園の分園という形であった。恩賜上野動物園に比して広大な(約4倍)敷地を生かし、動物たちが自由に動く様を見せることを目指している。当時最新の無柵放養式展示を導入した動物園の1つである。

丘陵地に作られたため起伏が多く、展示動物同士の間隔が比較的広いため園内ではシャトルバスが運行されている。

かつては、東京都が直営で運営していたが、指定管理者制度の導入に伴い、運営は2006年4月1日から、恩賜上野動物園・葛西臨海水族園井の頭自然文化園とともに公益財団法人東京動物園協会へ引き継がれた。

園内構成[編集]

生息地域ごとに生物を区分けする地理学展示を基調としている。

アジア園[編集]

オランウータンのスカイウォーク
放飼場同士をタワーとワイヤーロープで結ぶ。全長150mと世界最大級。
2005年、エンリッチメント大賞 飼育施設部門大賞を受賞。
猛禽舎
半円形の巨大ケージの中をオジロワシイヌワシが自由に飛び回る。
アジアの山岳ゾーン
ユキヒョウレッサーパンダゴールデンターキンを展示。
マレーバクの水辺
水中を泳ぐマレーバクをガラス越しに観察できる。
モグラの家
ガラスに入れた土や金網のトンネルでモグラの巣を再現。日本最小の哺乳類、トウキョウトガリネズミも展示。
アジアの沼地
コツメカワウソインドサイスイギュウ、水鳥の生息地を再現。
アジアの平原
オオカミモウコノウマを展示。

アフリカ園[編集]

アフリカ園・ライオンバス
ライオンバス
サファリ形式によってライオンを見ることが出来る、日本国内の動物園における初の施設として有名。なお、バスの運行は京王電鉄バスが行っている。
サバンナ
広大な放飼場でアミメキリングレビーシマウマシロオリックスダチョウペリカンを混合展示している。
チンパンジーの森
高さ15mのタワーやUFOキャッチャー、自動販売機などチンパンジーの運動能力と知能を観ることが出来る。

オーストラリア園[編集]

コアラ館
コアラを中心にフクロモモンガハイイロリングテイルなどの有袋類を展示。

昆虫園[編集]

昆虫園・昆虫生態園
飼育されているチョウ
昆虫園本館
トンボをイメージした建物に興味深い昆虫の生体・標本を展示している。2002年4月25日にリニューアルオープンした。
2005年、キノコを育てる「ハキリアリの飼育と展示」高碕賞を受賞。
昆虫生態園
温度を調節し、中に川や森などを再現してチョウタガメカブトムシなどを季節に関係なく1年を通して放し飼いされている大温室(チョウの通年飼育は日本初)のほか国内外の昆虫を展示したスペースがある。
チョウをイメージしており、1989年、日本建築学会賞を受賞。

代表的な飼育動物[編集]

など

歴史[編集]

その他[編集]

今でこそ、ライオンバスと同じように放し飼いの猛獣を自動車に乗ったまま見学できる施設は日本各地にあるが、ライオンバスを始めた当時はまだ日本にこのような施設はなく、地域住民からの猛反発を受けて当初昭和38年5月に開始予定だったものが翌年の5月まで延期が発表された。更に昭和39年1月に「当年5月の開業は見送る」と発表され、結局運行開始は昭和39年の夏だった。

こどもの日の入園料に関しては当日は無料になるが、周辺の有料駐車場は有料であるため、公共機関を利用するほうが得策である。

利用案内[編集]

  • 開園時間:9:30~17:00(入園は16:00まで)
  • 休園日:毎週水曜日(水曜日が国民の祝日振替休日都民の日の場合はその翌日が休園日)および年末年始(12月29日~1月1日)
  • 飲食物の持ち込みは可能。
  • 貸ベビーカー:正門の外にある「京王レストハウス」が2013年11月30日で閉店になったため、12月1日をもって終了[2]。現在は、ウォッチングセンター前で行っている。(料金500円)

交通[編集]

入園料金[編集]

一般(高校生以上)
個人 600円/団体 480円
中学生(都外)
個人 200円/団体 160円
65歳以上
個人 300円/団体 240円
  • 小学生以下・都内在住・在学の中学生・障害者手帳所持者と、その付随人1名は無料。
  • 団体は20名以上で適用
  • みどりの日、こどもの日、都民の日は無料開放となる。
    • なお、9月15日~9月21日は60歳以上の方(付随人1名)に限り無料となる。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京都事業 「重点公園・緑地」、「優先整備区域」一覧
  2. ^ 多摩動物公園京王レストハウス

外部リンク[編集]