ヒメウズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメウズラ
ヒメウズラの雄
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: ウズラ属 Coturnix
: ヒメウズラ C. chinensis
学名
Coturnix chinensis Linnaeus1766
和名
ヒメウズラ
英名
Blue-breasted Quail
Coturnix chinensis

ヒメウズラ (学名:Coturnix chinensis)は、キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

キジ科最小種のひとつ。体長は8-10cmほどで、ウズラの半分ほどの大きさ。頭が小さくて体が丸く、尾が短い。オスはやや青みがかった灰色で、顔は白く、頭と背の部分にかけて黒のまだら模様がある。胸から腹にかけては赤茶色をし、喉部分に白と黒のはっきりとした月の輪状の模様があるものとブルーフェースと言って月の輪状の模様がないものがある。メスは頭と背の部分にかけて褐色の地に黒の細かいまだら模様があり、胸から腹に掛けては模様がない。ただし、色変わり種としてホワイト、オレンジ、シルバー、シナモン、パイド等様々な羽色が存在し、同じつがいから様々な羽色のヒナが誕生することもある。ヒナのうちは虹彩がないが成長と共にオスは橙色に変化し、メスは黒いまま変化がない。生後6週ほどで色変わりして大人の羽色となるため、孵化直後ホワイトであっても、しばらく成長するとブラウン色となるなどの羽色の変化がある。鳴き声はウズラと比較して小さく、この点でもペットとして好まれる要因となっている。

分布[編集]

東南アジアオーストラリア。茂みや農耕地などの草地に生息し、地上で昆虫類や穀類などを採餌する。つがいで行動し、メスが抱卵する。卵には柄つきとそうでないものがあり、ベージュの無地で2cmほど。ウズラとの自然交配は不可。

ウズラと異なりヒメウズラは国内の野生種はなく、家禽よりペットとして飼育される。このため国内で流通しているヒメウズラは抱卵することが少なく、孵化には孵化器を使う必要がある。

Sibley分類上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類

姫ウズラ[編集]

別種ウズラ Coturnix japonica の雛がより高価な「姫ウズラ」と称され、露店で売られることがある。