ヒマラヤタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒマラヤタール
ヒマラヤタール
ヒマラヤタール Hemitragus jemlahicus
保全状況評価[a 1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ヤギ亜科 Caprinae
: タール属 Hemitragus
: ヒマラヤタール H. jemlahicus
学名
Hemitragus jemlahicus (Smith, 1826)
和名
ヒマラヤタール
英名
Himalayan tahr

ヒマラヤタールHemitragus jemlahicus)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科タール属に分類される偶蹄類。

分布[編集]

インド北部、中華人民共和国南西部、ネパールヒマラヤ山脈[1][2][3][a 1]

アメリカ合衆国カリフォルニア州)、ニュージーランド南アフリカ共和国へ移入・定着[1][2][3][a 1]

形態[編集]

体長オス150-175センチメートル[2][3]。尾長オス15-20センチメートル[2]。肩高オス90-100センチメートル、メス80-90センチメートル[2]体重オス80-90キログラム、メス60-70キログラム[2]。顔や四肢前面の毛衣は暗褐色や黒褐色[2]。眼上部や吻端に白い斑紋が入る[2][3]。胴体の毛衣は赤褐色や暗褐色で、背面の正中線上に沿って暗色の縦縞が入る[2][3]

角はやや短い三日月状で、先端が内側へ向かう[2]。角長オス30-38.8センチメートル、メス20-25センチメートル[2]。角の断面は三角形[2]。角の前端内側に稜線状の隆起(稜)があり[3]、稜には疣がある[2]。吻端は体毛で被われ、板状の皮膚(鼻鏡)がない[2]

オスの成獣は頸部から胸部にかけての体毛が非常に伸長し、鬣状になる[1][2][3]。鬣の毛衣は淡黄褐色[2]。乳頭の数は4個[2][3]

生態[編集]

標高2,000-5,300メートルにある断崖や斜面にある森林などに生息する[3]。小規模な群れを形成して生活する[3]

食性は植物食で、主に木の枝などを食べる[3]

繁殖形態は胎生。10-翌1月に交尾を行い、妊娠期間は177-242日[3]。1回に1頭(まれに2頭)の幼獣を産む[3]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、食用の狩猟、家畜との競合などにより生息数は減少している[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、149頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、100-101頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、53、159頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c The IUCN Red List of Threatened Species
    • Bhatnagar, Y.V. & Lovari, S. 2008. Hemitragus jemlahicus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.2.