神戸市立王子動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸市立王子動物園
Kobe City Oji Zoo
神戸市王子動物園.jpg
施設情報
前身 神戸市立諏訪山動物園
専門分野 総合
事業主体 神戸市
開園 1951年
所在地 657-0838
兵庫県神戸市灘区王子町3-1
北緯34度42分34.4秒 東経135度12分55.7秒 / 北緯34.709556度 東経135.215472度 / 34.709556; 135.215472
テンプレートを表示
絶滅寸前のアムールヒョウ(円形猛獣舎)
至近距離でパンダを見ることができる。(竹を食べるコウコウ)
フラミンゴ池
アシカ池

神戸市立王子動物園(こうべしりつおうじどうぶつえん)は、兵庫県神戸市灘区王子公園内にある動物園。関西三大動物園のひとつ。

概要[編集]

1928年諏訪山公園内に開園した諏訪山動物園1946年閉園)を前身に開園。1950年に開催された日本貿易産業博覧会(神戸博)の跡地を利用して1951年3月21日に現在地に移転・開園した。

総面積は80,618m²、ジャイアントパンダコアラアムールトラアムールヒョウユキヒョウなどの希少動物をはじめ138種、778点の動物たちが飼育展示されている(2012年4月末現在)。

現在、日本で唯一、ジャイアントパンダとコアラを同時に見ることができる動物園である。

園内には、上映設備のある動物科学資料館や遊園地などが設置されているほか、実物の蒸気機関車D51が展示保存されている。

異人館旧ハンター住宅」(国の重要文化財)が北野町から園内北東隅に移築され、毎年4・8・10月に館内を公開している。

春には無料で園内の桜を見学できる「夜桜通り抜け」というイベントが行われている。

施設[編集]

  • パンダ館
  • 動物とこどもの国 - コアラ舎、レッサーパンダ舎、リスと小鳥の森、動物ふれあい広場
  • 太陽の動物舎
  • 放養式動物舎
  • 円形猛獣舎
  • フラミンゴ池
  • ゾウ舎
  • 孔雀舎
  • アシカ池 - 水中観察可
  • ホッキョクグマ舎 - 水中観察可
  • 遊園地 - 観覧車、レストラン
  • 杜の館 - 休憩所
  • 動物病院
  • 動物科学資料館 - 常設展示室、特別展示室、ペンギンが見える休憩ホール、図書室、ビデオ視聴コーナー
  • 旧ハンター住宅
  • 蒸気機関車D51

歴史[編集]

  • 1928年6月22日 - 諏訪山遊園地内で開園。
  • 1937年 - 神戸市に移管し、神戸市立諏訪山動物園として開園。
  • 1944年7月〜9月 - 軍部・憲兵隊からの命令により、クマ、ライオン、トラ、ヒョウ、オオカミ、ヘビなどを殺処分。職員は密かにオオヤマネコを隠して飼育していたが、1945年5月に死去。
  • 1946年3月31日 - 戦後の混乱により経営が行き詰まり閉園。
  • 1951年3月21日 - 神戸市立王子動物園として開園。
  • 1952年1963年 - トラグレビーシマウマチーター、キノボリカンガルー、ホッキョクグマカバクロサイなどが来園。
  • 1956年8月27日 - インドゾウ「摩耶子」死亡。
  • 1957年 - インドゾウ「太郎」来園。国内で初めてマレーオオコウモリの繁殖に成功する。
  • 1961年 - インドゾウ「太郎」脱走。キリン舎が火事で全焼する。
  • 1963年 - 国内で初めてクロサイの繁殖に成功する。国内初の人工保育チンパンジー「チェリー」誕生(繁殖賞受賞は1970年)。
  • 1964年 - チンパンジーの双子「金」「銀」が誕生。
  • 1969年 - 国内で初めてオウサマペンギンルリコンゴウインコの繁殖に成功する。
  • 1971年 - 65歳以上入園料無料を実施。世界で初めて混血コウノトリが誕生する。
  • 1973年 - 放養式動物舎完成。
  • 1976年 - 国内で初めてアムールトラ、グレビーシマウマの繁殖に成功する。
  • 1979年 - 太陽の動物舎完成。国内で初めてアムールトラの自然保育に成功する。
  • 1981年 - ポートピア'81会場(中央区)にてジャイアントパンダを借り受けて展示。国内で初めてヨーロッパフラミンゴの繁殖に成功する。
  • 1982年 - 負傷したコウノトリに人工嘴を装着、世界の話題となる。国内で初めてオセロットロウバシガンの繁殖に成功する。
  • 1983年 - 世界最大級のゴリラ「ザーク」死亡。国内で初めてカラカルシロミミキジの繁殖に成功する。
  • 1984年 - 国内で初めてフクロテナガザル、ヒワコンゴウインコの繁殖に成功する。
  • 1985年 - コウベグリーンエキスポ'85会場(須磨区)にてキンシコウを借り受けて展示。国内で初めてヒクイドリの繁殖に成功する。
  • 1986年 - 国内で初めてホンドタヌキの繁殖に成功する。
  • 1987年 - 動物科学資料館完成。
  • 1991年 - 動物とこどもの国完成。コアラ来園。
  • 1992年 - キンシコウ日中共同研究飼育開始。
  • 1993年 - アシカ池完成。中国以外では世界初のキンシコウ誕生
  • 1994年 - ホッキョクグマ舎完成。当時オスでは国内最高齢(47歳)のインドゾウ「太郎」死亡。
  • 1995年 - 阪神・淡路大震災発生。動物への被害なし。インドゾウ「マック」来園。
  • 1996年 - インドゾウ「ズゼ」来園。
  • 1999年 - 国内最高齢(30歳)のマサイキリン「キリコ」死亡。国内で初めてインドホシガメの繁殖に成功する。
  • 2000年 - 円形猛獣舎完成。ジャイアントパンダ日中共同研究飼育開始。
  • 2002年 - カバ「茶目子」(49歳)死亡。ジャイアントパンダ「興興」生殖器未発達のため返還。ジャイアントパンダ2代目「興興」来園。
  • 2003年 - 新カバ舎完成。
  • 2004年 - 日本初のインドゾウの赤ちゃん「モモ」誕生。キンシコウ中国へ返還。
  • 2005年 - インドゾウの子象「モモ」死亡。
  • 2006年 - クールスポット誕生。
  • 2007年 - 日本初のアジアゾウ(インドゾウ)のオス「オウジ」誕生。メスを含めた国内のアジアゾウとしては3例目。
  • 2008年4月10日 - 国内最高齢(65歳)のアジアゾウ(インドゾウ)「諏訪子」死亡。「諏訪子」は前身の諏訪山動物園にちなんで名付けられた。
  • 2008年8月26日 - ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生したが、同月29日に死亡。
  • 2009年 - 王子動物園初、オランウータンの赤ちゃん「ムム」が誕生。
  • 2010年 - 9月11日、チンパンジーの人工保育などを手掛けた飼育員、亀井一成が死去[1][2]。ジャイアントパンダのオス「興興」が精子摘出のための麻酔注射後に死亡。
  • 2011年 - クロジャガー「ローラ」来園。新クマ舎完成。
  • 2012年4月7日 - インドゾウの子象「オウジ」死亡。[3]国内で初めてキエリボウシインコの繁殖に成功する。
  • 2013年 - インドゾウ「姫子」来園。3ヶ月後姫路市立動物園に帰園。コアラ誕生。6ヶ月後死ぬ。インドゾウ「ズゼ」出産のため市原ぞうの国へ移動。ジャガー誕生。
  • 2014年 - インドゾウ「結希」誕生(出生場所は市原ぞうの国)。初の人工保育で育ったチンパンジー「チェリー」(51歳)が死亡(発表は16日)[4]。国内で初めてニシキマゲクビガメの繁殖に成功する。

交通[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【亀井一成さん死去】話しながら人を泣かせ、自分も目を赤くした
  2. ^ 主な著書「ゾウさんの遺言」、「チンパンジーのチェリー」、「うみをわたったキリン」、「ぼくはチンパンジーと話ができる」。テレビ動物園に出演
  3. ^ 神戸市立王子動物園:子ゾウ「オウジ」死亡
  4. ^ 初の人工保育チンパンジー死亡 故亀井さん夫妻が飼育 神戸

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度42分36秒 東経135度12分52秒 / 北緯34.71000度 東経135.21444度 / 34.71000; 135.21444