ライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライオン
ライオン_オス
オス
ライオン_メス
メス
保全状況評価[a 1][a 2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
亜科 : ヒョウ亜科 Pantherinae
: ヒョウ属 Panthera
: ライオン P. leo
学名
Panthera leo (Linnaeus, 1758)
シノニム

Panthera leo roosevelti Panthera leo azandica
Panthera leo hollisteri

和名
ライオン
英名
Lion
Lion distribution.png
アフリカ大陸における分布 赤=過去の分布域、青=現在の分布域
Map Guj Nat Parks Sanctuary.png
亜種インドライオン分布図

ライオンPanthera leo) は、哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類、別名はシシ(獅子)ともある。

オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である[1]。現在の主な生息地はサブサハラであるが、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅危惧である。北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。更新世末期、約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類だった。よく見られたのはまずアフリカで、それから西ヨーロッパからインドにかけてのユーラシア、そしてユーコンからペルーまでのアメリカだった[2]

飼育個体は20年以上生きることもあるが、野生のライオンの寿命はより短く、特にオスが10年以上生きることは稀である。縄張りをめぐって他のオスと常に争うために傷を負い、それが寿命を大きく縮める原因となる[3]。典型的な棲息地としてサバンナと草原地帯が挙げられるが、茂みや森などに棲む場合もある。ライオンは他のネコ科の動物にはあまり見られない社会性をもっている。メスと子ライオン、そして少数の成熟したオスがプライド(群れ)を形成する。メスの集団が連係するのが狩りの特徴であり、おもに大型の有蹄動物を襲う。ライオンは捕食者の頂点でありまた象徴的な存在であるが、機会さえあれば屍肉も漁る。ライオンが人を襲うことはほとんどないが、その犠牲者がいることは知られている。

ライオンは危急種である。アフリカではこの20年間で30-50パーセントまで頭数が減っており、おそらくこの数字は回復しないだろうとされている。保護区や国立公園に指定された地以外では棲息が難しくなっている[4]。しかし、その数が減っている原因がはっきりしたわけではなく、棲息地の減少や人間との衝突が最大の原因だということに現在はなっている。ライオンはローマ時代から見世物としても知られ、その後2000年近くにわたって世界中の動物園で観賞されたという点で稀有な生物である。また世界規模でアジア種を救う養育プログラムが組まれ、動物園同士で協力しあっている。

百獣の王として世界で有名であり、一般的に最も強い動物であると思われている事が多い[5]。オスのライオンの外見は非常に特徴的であり、その鬣からすぐそれと認識できる。その容貌は動物そのもののシンボルとしてあらゆる文化のなかでもっとも広まったものの一つである。実際に国の象徴である国獣として選ばれる数はライオンが全ての動物で最も多い。ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟ショーヴェ洞窟洞窟画などがある。彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。

形態[編集]

全長オス260-330センチメートル、メス240-270センチメートル[6][7]。尾長オス70-105センチメートル、メス60-100センチメートル[8]。肩高オス80-123センチメートル、メス75-110センチメートル[8]体重オス150-250キログラム[8]、メス120-185キログラム[6][7]。頭部は太くて短く、丸みを帯びる[6]。背面の毛衣は黄褐色や赤褐色、腹面や四肢内側の毛衣は白い[6][9]。耳介背面は黒い体毛で被われる[8][6]。尾の先端には房状に体毛が伸長し[8]、色彩は暗褐色や黒[9]

出産直後の幼獣の体重は1-2キログラム[7]。幼獣には暗色斑が入るが、成長に伴い消失する[8][6][9]

オスの成獣は頭部から頸部にかけてが発達する[8][9]。鬣は体を大きく見せたり頭部や頸部に対しての攻撃を防ぐのに役立つと考えられている[6]

P. l. leo バーバリーライオン
毛衣は黒みがかった黄褐色[8]。腹面の体毛は伸長し、腹面の毛衣は黒褐色[8]。鬣は発達し、肩より後方に達する[8]。鬣は黒い[8]
P. l. bleyenberghi アンゴラライオン
背面の毛衣は灰黄色で、毛先が黒い[8]。鬣は発達しない[8]
P. l. krugeri トランスバールライオン
背面の毛衣は淡黄褐色で、毛先が黒褐色[8]。腹面の体毛は伸長しない[8]。鬣は発達するが、肩は鬣で被われない[8]。鬣は黒い[8]
P. l. massaieus マサイライオン
毛衣は灰褐色や淡黄褐色[8]。腹面の体毛は伸長しない[8]。四肢が長く、暗色斑が入る個体が多い[8]。鬣は発達するが、肩は鬣で覆われない[8]。鬣は黒褐色[8]
P. l. melanochaita ケープライオン
体長メス174センチメートル[8]。尾長メス90センチメートル[8]。毛衣は黄褐色[8]。腹面の体毛は伸長するが、胸部の体毛が伸長しない[8]。鬣は発達し、肩より後方に達する[8]。鬣は黒い[8]
P. l. persica インドライオン
体長195センチメートル[8]。尾長78-88センチメートル[8]。腹面や肘の体毛が伸長する[8][6]
P. l. senegalensis セネガルライオン
毛衣は赤みがかった黄褐色[8]。腹面の体毛は伸長しない[8]。鬣は発達せず、肩は鬣で被われない[8]。鬣は黄褐色[8]

分類[編集]

種小名leoは「ライオン」の意で、本種そのものを指す。

2-7亜種(少数の標本に基づき亜種が記載されたため亜種インドライオンを除いた全亜種を基亜種のシノニムとする説もある)に分かれる[6][9]。それぞれの地理分布も記す。

  • Panthera leo bleyenberghi (Lonnberg, 1914) アンゴラライオン Angolan lion
アンゴラコンゴ民主共和国ザンビアジンバブエ[8][6][9]
  • Panthera leo krugeri (Robert, 1929) トランスバールライオン Transvaal lion
南アフリカ共和国北東部[8][6][9]
  • Panthera leo massaieus (Neumman, 1900) マサイライオン Masai lion
ケニアタンザニアモザンビーク[8][9][7]
インドグジャラート州ギル森林)[8][6][9][7][10]
  • Panthera leo senegalensis (Meyer, 1826) セネガルライオン Senegalese lion
インドグジャラート州ギル森林)[8][6][9][7][10]

絶滅亜種[編集]

アフリカ大陸北部[8][6][9][7]
南アフリカ共和国[6][9][7]

ジブチガボントーゴモーリタニアレソト[7][a 2]

分布[編集]

上記亜種の分布域を参照。

壁画などから15,000年前にはヨーロッパ広域にも分布し、5,000年前には少なくともギリシャには分布していたと考えられている[6]

生態[編集]

草原砂漠に生息する[6][9]夜行性で、1日のうち20時間は木陰や樹上などで休む[8]。オス1-6頭、4-15頭のメスや幼獣からなる群れ(プライド、ハレムの一種)を形成して生活し、縄張り内では小規模な群れ(サブプライド)で分散し生活することが多い[6][9]。生後2-3年で群れから追い出されたオスは、別の群れに入るまでは同じ群れにいたオスと共同で生活する[6]。20-400平方キロメートル縄張りを形成して生活し、吠えたり尿を撒いて臭いをつけることで縄張りを主張する[6]。食物が少なくなると1日中活動したり[7]、縄張りを拡大することもある[6]。オスは基本的に他のオスからメスを守る[6][9]。群れを乗っ取ったオスは群れ内の幼獣を殺し(子殺し)、これによりメスの発情を促し群れ内の競合相手をなくすことで自分の子孫を多く残すことができると考えられている[6]。走行速度は時速58キロメートルに達する[8][6]

食性は動物食で、主に体重50-500キログラムの中型から大型の哺乳類を食べるが[9]、小型哺乳類、鳥類爬虫類昆虫なども食べる[8][6]。また他の動物が捕らえた獲物を奪うこともある[6]。主に夜間に狩りを行うが[8]、草丈が長く身を隠せる茂みでは昼間も狩りを行う[6][9]。主にメスが集団で狩りを行い[9]、メスが扇形に散開しながら獲物に忍び寄る[6]。大型の獲物は吻端や喉に噛みつき窒息死させる[8][6]。捕らえた獲物は主にオスが独占する[8][7]

繁殖形態は胎生。1回の交尾は約20秒で、1日に最高で50回以上交尾を行うこともある[6]。妊娠期間は98-120日[6][9]。プライドから離れ、1回に1-6頭(主に2-3頭[8])の幼獣を産む[6][9]。授乳期間は7-10か月[7]。メスは同じ群れの幼獣を一緒に育て、自分が産んだ幼獣以外にも授乳する[8][6]。幼獣は生後3か月で肉を食べられるようになる[6]。幼獣は上記のようにオスに殺されたりメスに放置されることが多く(特に獲物が少なかったり小型の場合)、生後1年以内の死亡率が60%以上[7]、生後2年以内の死亡率が80%以上[8] と成獣になる確率は低い[6]。オスは生後4-6年、メスは生後3年で性成熟する[7]、飼育下では24年生きた個体もいる[8]

人間との関係[編集]

開発による生息地及び獲物の減少、毛皮や肉目的の狩猟、娯楽としての乱獲、毒餌による中毒死、害獣としての駆除などにより生息数は減少している[8][6][7]セレンゲティ国立公園ではイヌ由来のジステンパーに感染し一時的に生息数が激減した[7][10]。亜種ケープライオンは1865年に、基亜種は1920年に絶滅した[8]。 亜種インドライオンは1900年に領主により狩猟が規制されたギルの森を除いて絶滅した[7][10]。第二次世界大戦以前は生息数が漸増傾向にあったが、第二次世界大戦後の人口増加による生息地の破壊、獲物の家畜との競合などにより生息数が減少した[10]。亜種インドライオンの生息地は国立公園として保護されているが[10]、生息地内に道路や鉄道、寺院があるため人の出入りがあり1988-1990年の2年間に人間が81回襲われた例がある[10]。現在は生息地の国立公園への追加指定や、国立公園内から人や家畜を放出する保護対策が進められている[10]。アフリカ大陸での1996年における生息数は5,000-10,000頭と推定されている[7]。亜種インドライオンの1963年における生息数は285頭、1969年における生息数は177頭と推定されている[10] 2005年に生息数は約350頭に回復した[11]

P. l. persica インドライオン
ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[a 2]
Status iucn3.1 EN.svg
ワシントン条約附属書I[a 1]

ヘロドトスアリストテレスは、ヨーロッパにはアケローオス川(アヘロオス川)とネッソス川(メスタ川)の間にだけライオンが生息していると記した[12]。この地のライオンは、紀元前480年にギリシャ征服のため行軍中のペルシャ軍の輸送隊のラクダを襲った[13]

象徴[編集]

強者の象徴であるライオンに囲まれる「王の中の王」エチオピア帝国皇帝テオドロス2世

マサイ族では、人間の力を誇示する目的でライオン狩りをするといわれ、仕留めたライオンの鬣を頭に被り、祭りのような派手な祝いをする。

古来より紋章文様に用いられている。また、特徴的な鬣を持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられる。古代エジプトでは人の顔、ライオンの体、の翼を持つスフィンクスとして神格化された。日本の狛犬や沖縄のシーサーもインドでライオンを意匠化したものが中国経由で伝わったものと考えられる。

仏教においては文殊菩薩の乗騎とされ、仏画としてよく描かれている。また文殊菩薩の浄土清涼山には牡丹が咲くとされるが、獅子が百獣の王であるのに対し、牡丹は百花の王といわれる。

東アジアから東南アジアにかけては、獅子を芸能舞踊演劇楽曲などとして取り上げるものも多く、美術作品の題材として取り上げられることもしばしばあった。古くは伎楽において、また後世においては石橋をはじめ、さまざまな獅子舞や、音楽作品として地歌の「獅子物」、長唄の「石橋物」等の作品群、また園芸植物にも獅子の名のつく品種名は少なくない[14]

キリスト教では、本種は聖マルコの象徴である。聖マルコはヴェネツィア守護聖人であるため、サン・マルコ広場 にあるライオンの像を始め、ヴェネツィアのいたるところで本種の意匠を見ることができる。ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞もそれに由来する。

イングランド王室でも王冠をかぶったライオンが象徴として用いられているが、これはノルマンディー公時代から受け継がれており、現在のフランスノルマンディー地方でも本種をあしらった旗が用いられている。勇猛なことで知られるイングランド王、リチャード1世は獅子心王とよばれていた。 紋章のライオンについては、ライオン (紋章学)も参照のこと。

画像[編集]

語源[編集]

ロマンス語の多くで類似した名前をみることのできる「ライオン lion」は、ラテン語のleo、古代ギリシャ語のλ?ων(leon)に由来している[15][16] 。またヘブライ語の לֶוִי (lavi)や古代エジプト語の rw ともつながりがある[17][18]カロルス・リンナエウスが18世紀に著した「自然の体系Systema Naturae」で、もともと Felis leo として分類された多くの種のひとつである[19]。科学的な呼称である、Panthera leo もギリシャ語の pan- (「あらゆる」)とther(「けもの」)に由来するとしばしば考えられているが、一方でこれは民間伝承的な語源である可能性は否定されていない。この言葉は古典語を通じて英語に入ってきたのだが、同時にサンスクリット語の pundarikam (「虎」)という言葉とも非常な親和をみせている。これはpandarah (「白っぽい黄色」)から来たものだろう[20]

特徴[編集]

骨格(クルーガー国立公園)

ネコ科で最も肩口までが高く、体重もトラに次いで2番目に重い。力強い脚部と強力な顎をもち、約8センチメートルの犬歯を備え、大型の獲物でも引き倒し、狩ることができる[21]。頭骨はトラのそれと非常に似通っているが、前頭部がたいてい凹んで平たくなっている。眼窩後部もやや短い。また鼻骨がより広く開いている。しかし頭骨でトラやライオンに区分できるといっても個体差が大きいために、たいていは下顎の構造だけが種をあらわす指標として信頼にたるものとみなされる[22]。体色は淡いバフ色から黄色がかっているもの、赤みがさしているもの、暗い黄土色まで様々である。腹部はふつうそれより明るい色をしていて、尾房は黒い。幼獣には、ヒョウよりもはっきりした、ロゼットと呼ばれる褐色の染みがある。ロゼットは成長するにつれ褪せていくのだが、たいてい脚部や腹部にはかすかに残るもので、その傾向はメスに特徴的である。

ネコ科で唯一性的二形が明瞭な種であり、雌雄で外見がまったく異なる。性によって群れのなかでこなす役割も異なり、専業的である。例えば狩りを行うのは、厚く邪魔になりがちな鬣がないメスである。獲物をつけ狙い、必死で追いかけるためには身を隠さねばならず、それにオスは向いていないのである。オスの鬣は金色から黒まで差があるが、たいてい老いたライオンほど暗い色になっている。

鬣はライオンをより大きくみせる

ノウェルとジャクソンの報告によれば平均して181kgになる(メスで126kg)[23]。ケニア山のそばで銃殺されたオスには体重272kgというものがいた。その大きさが環境や生まれ育った地域によって異なる傾向にあり、それが結果として記録される体重に開きを生じさせている。例えば南アフリカでは一般的に東アフリカよりも5%ほど体重が重くなるとされる[24]

大型個体の例として、1973年10月に南アンゴラのムッソで射殺された黒い鬣をもつオスが知られている。世界一重い個体として知られているのは、南アフリカの東トランスバール、ヘクトルスプルイット郊外で撃たれた、黒い鬣の人食いライオンである。体重は313kgあった[25]。飼育個体は野生のものより大きくなる傾向にあり、1970年の記録でイギリスのコルチェスター動物園で飼われていたオス「シンバ」の375kgというものがある[26]

Lion and eland.jpg

ネコ科で唯一の尾の先に房状の毛が生えているが、その役割はわかっていない。5mmほどの硬い棘や突起をふ房にしまっている個体もいる。房のある尻尾をもった動物なのだが、生後5か月と半月ほどで房が生えはじめ、7か月もするとはっきりそれとわかるようになる[27]

鬣(たてがみ)[編集]

オスの成獣が持つ鬣は、ネコ科のなかでも独特のもので最も明示的な種の特徴の一つである。鬣は外観をより大きくみせ、威嚇的に振舞うためには完璧といっても良いほどの役割を果たす。それは他の個体やアフリカでの主な競争者であるブチハイエナたちと対峙する場合も同じである[28] 。鬣の有無、色、毛の量は遺伝的要因、生育状況、テストステロンの量、気候などに影響される。大まかにいってより黒くたっぷりとした鬣を持ったライオンほど健康である。交尾の相手としても、より濃く、黒い色をした鬣をもっているライオンほどメスに好まれる[29]。 タンザニアでの調査も鬣の長さがオス同士の戦いでの強さを裏づけている。一年を通じて非常に暑い時期が続くにも拘らず、より暗色の鬣をもつ個体ほど多産であり、子孫も繁栄しやすい[30]。2、3頭のオスの連合体となるプライドでは、より大きい鬣を持つオスのほうが積極的に交尾をせがまれるということがしばしばである[29]

東アフリカのライオンたちの鬣にはこのような多様性がある。

かつて生物学者たちは、鬣の量が亜種の識別形態になると考えられており、基亜種や亜種ケープライオンのような亜種の同定に用いられた。しかし前述のように鬣の色や量は、外気温などによって影響を受ける[30]。例えばヨーロッパや北アメリカなど外界温度が低いところで飼育されているライオンはより多量な鬣をもつ。つまり鬣は下位区分を明らかにするための目印としては相応しくないということである[31][32]。一方で亜種インドライオンは、アフリカの個体群よりも鬣が薄い傾向がある[33]

セネガルやケニアの東ツアボ国立公園では鬣のないオスも報告されている。ティンババティ保護区のホワイトライオンの雄にも本来は鬣がなかった。テストステロンが鬣の成長と結びついているため、去勢され生殖腺が除去してテストステロンの生産も抑えられ、しばしば鬣が非常に薄かったり生えなかったりする[34]。鬣のない個体は近親交配をした個体にも見られることがある。そのような個体は繁殖力も貧弱なものになる[35]

多くのメスが首毛(ruff)をもっており、ある姿勢を取るとそれがはっきりわかる。その姿は特に古代の彫刻や絵画などにしばしば現れるが、時にそれは雄の鬣と間違われていた。メスの首毛は鬣とは異なるもので、耳の下から顎のラインにかけて生えているが、鬣というほどの量はなく、オスの鬣が耳を覆うように伸びてしばしば輪郭を隠してしまう一方で、メスのそれは気づかれないことも多い。

洞窟画に描かれた、すでに絶滅したヨーロッパホラアナライオンには鬣がないか、わずかしかない姿をしているものばかりである。これは、彼らが鬣がなかったことを示唆している[36]

ホワイトライオン[編集]

ホワイトライオンはPanthera leo krugeriに属すし、その毛色は劣性遺伝に由来する

ホワイトライオンの風変わりなクリーム色の毛皮はその劣性遺伝のゆえであり[37]、Panthera leo krugeriに区分されるなかでも珍しい外貌をしている。 ホワイトライオンはきちんとした下位区分ではないが、白変個体という遺伝形質をもつ特殊な形態をしていて、それがホワイトタイガーにも通じる薄い色合いを生んでいる。これはブラック・パンサーの黒化(melanism)とも似通った現象である。ホワイトライオンはアルビノなのではなく、眼や肌には通常の色素形成がなされている。ホワイトトランスヴァールライオンは南アフリカの東にあるクルーガー国立公園やティンババティ保護区の近隣でときに姿をみせることがある。とはいえ、もっともよく見られるのは彼らをあえて選んで飼育しているところである。南アフリカでは、キャンド・ハント(canned hunt:柵、囲いなどで行動を制限した動物を狩猟すること)の的にするためにホワイトライオンを飼育していたことが報告されている[38]

ホワイトライオンが実在するということが確認されたのはようやく20世紀後半になってからのことだった。長年の間、ホワイトライオンは南アフリカに実しやかに伝わる架空の生物だと考えられており、それによれば彼らの白い毛衣はあらゆる被造物の美を象徴しているとされていた。初めて目撃されたのは1900年代初めで、その後ほとんど半世紀にわたって続けざまに報告が寄せられた。1975年にはティンババティ保護区でホワイトライオンの子供の出産が確認された[39]

生態と習性[編集]

一日のほとんどを寝そべり、およそ20時間ほどを怠惰にすごす[40]。日中にも行動することはあるが、たいてい最も活動的になるのは夕暮れより後であり、それから社会的な行動や身づくろい、排泄などを行う。狩りが最もよく行われるのは日が昇る前の夜間であり、断続的に活発な行動をおこす。平均して2時間ほど動き回り、50分を食事に費やす[41]

集団行動[編集]

2頭のメスとオスの成獣(セレンゲチ北)
狩りを行うメス

系統の異なる二つの社会を形成する。定住性のプライドと呼ばれるものがその一方である[42]。群れはたいてい5-6頭のメスと、このメスらと交尾する1-2頭のオスからなっている(1頭より多い場合は連合として扱われる)。その子供はオスでもメスでも群れに含まれる。しかし30頭以上からなる非常に大きなプライドも観察されたことがある。連合における成体のオスの数はたいてい2頭であるが、4頭前後まで増えることもある。オスの幼獣は成熟すると、自分の群れから追い出されてしまう。これは遊牧的なものということが、1頭あるいは対になって広大な土地を放浪する[42]。このペアは生まれ育った群れから追い出されたオス同士で組まれることが非常に多い。このように生活様式を切り替えるのだといえる。遊牧的なスタイルが定住型にもなりうるし、その逆もある。オスはこの両方の生活を経験せねばならず、そのまま他の群れに加わることができない個体もいる。 遊牧的な生活を送る雌が新たな群れに加わるのは雄よりも遥かに難しい。群れのなかのメスたちは結びつきが強く、馴染みのないメスが家族ともいうべき集団にくわわろうとすることを拒むのである。

プライドの行動範囲をプライドエリアと呼び、遊牧的なスタイルをとっている場合、それはレンジと呼ばれる[42] 。プライドにいるオスたちはエリアの外周に身をおき、その縄張りを警戒してまわる傾向にある。なぜあらゆるネコ科のなかで最も高い社会性がライオンに育まれたのだろうかというテーマについては幾つもの議論がなされてきた。狩りの成功率を高めるためというのがもっともらしく思えるが、実験などで裏づけられたわけではなくはっきりしない。狩りを協同で行うことは捕食の機会を増やすことであるが、一方で群れが大きくなり狩りを行わないライオンが増えることで、1頭あたりのカロリー摂取量は減ることになる。またそこで育つ幼獣が群れを去るのはずっと先のことである。群れのメンバーは狩りのなかで常に同じ役割をこなす。狩りをおこなうものの健康は群れの存続に直接関わるため、彼らは狩りをおこなった場所で一番先に獲物にありつくことができる。血縁淘汰(同族のライオンはそうでないものより食料にあずかりやすい)を含めた同様の恩恵は、幼い仲間を守ることや縄張りの維持、飢えや怪我への保険(individual insurance)にも及ぶ[23]

群れのために狩りのほとんどをおこなうのはメスである。オスは重くて目立ちやすいたてがみが狩りのさまたげとなるし、また最中に興奮しやすいということもある。獲物に忍び寄り、捕食を成功させるため、メスたちはグループをつくり協力し合って行動する。しかし狩りの現場に雄がいた場合、彼らはすでに雌たちが狩った獲物を独り占めしてしまう傾向にある。獲物を分けあうとすればメスよりも幼獣とであることが多く、オス同士で獲物を分けあうことは滅多にない。比較的小さな獲物の場合はその場で食事がおこなわれ、ハンターたちがそれぞれ分け前にあずかる。獲物が大きかった場合はたいていプライドエリアまで引きずられていき、群れで共有されるのだが[43]、メンバーたちはできるだけ多くの食事をえようと互いに積極的になる。

敵から群れを守るのは雄の仕事でも雌の仕事でもあるが、必ず特定の個体が先頭にたち、他のメンバーはその背後につく[44]。ライオンたちは群れのなかで特定の役割を担っている傾向にあり、後者のライオンでも集団にとっては得がたい貢献をしているものだ[45]。侵入者を撃退するリーダーになることには見返りのようなものがあり、群れのなかでのメスの地位にもそういった役割が反映しているのではないかという説もある[46]。プライドと行動するオスは、群れにおける自分の地位を転覆させようとする他のオスと戦わねばならない。群れという安定した社会的単位にあるメスは他のメスを許容することはなく[47]、その構成が変化するのはメスの幼獣が産まれるときと死んだときだけである[48]。一方でオスは2-3歳で成熟したとみなされ、群れを去らなければならない。メスも群れを去り放浪することもある[48]

狩りと食性[編集]

鋭い牙を持つが、獲物はたいてい絞め殺されて窒息する

集団で協力し合って狩りをし、狙った獲物を追いかける。一方で持久力についてはあまり知られていない。たとえばメスの心臓は体重の0.57%を占めているに過ぎず、雄であれば0.45%にまで落ちる(一方でハイエナはほぼ1%台である)[48]。したがってメスが走るスピードは時速81kmにまで達するのだが[49]、ピークはごく僅かしか維持できないため[50]、獲物に攻撃を仕掛ける前に十分に近づく必要がありおよそ30m以内まで詰め寄るといわれている。メス達は目立ちにくくなるよう、カモフラージュできる場所を選んだり夜の間に狩りをおこなう[51]。何匹かのメスが集い、目当ての群れを数箇所から囲い込むのが典型的な狩りのスタイルである。群れに十分近づいたなら、通常最も近い獲物を標的にする。一気に襲いかかり、最後の一跳びで獲物を捕まえようとするのだ。そして獲物はたいてい絞め落とされ脳虚血症、窒息により死亡する[52]。もしくは口と鼻を顎で塞がれ窒息する。小型の獲物の場合は前足の一撃で絶命する[1]

アフリカスイギュウを狩る本種(ボツワナ)
アフリカスイギュウを倒す本種(タンザニア)

獲物は主に大型の哺乳類であり、とくにアフリカではヌー、インパラ、シマウマ、アフリカスイギュウ、イボイノシシなどが多い。インドではそれがニルガイやイノシシ、シカになる。機会さえあれば狩りの対象はさらに広がり、クーズーやハーテビースト、ゲムズボック、エランドといった50-300kgの有蹄動物も獲物となる[1]。また時としてトムソンガゼルやスプリングボックのような比較的小さな動物も襲うことがある。 集団で狩りをするため、幼獣に限らずほとんどの動物を獲物とすることができるが、成熟したゾウ、サイ、カバ、キリンなど非常に大型の動物になると怪我を負う危険もあるため襲うことはまれといわれる。しかしキリンやバッファローなどは地域によってはしばしば獲物となることがある。たとえばクルーガー国立公園ではキリンが日常的に狩られており[53]、マニャラ公園ではアフリカスイギュウが全体の食事量の62%を占める[54]。これはアフリカスイギュウの生息数が非常に多いことも原因である。サヴティ川流域ではゾウさえも獲物となってしまう[55]。ガイドの報告によれば、ひどく腹をすかせた場合はアフリカゾウの幼獣を獲物とし、頭数の多い群れだと視界が悪くなる夜間、又は昼でも成獣でさえも狩ってしまうことがある[56]。カバを襲うことはあるが、成体のサイは避けるのが一般的である。

いくつもの研究によって集められた様々な統計から、190-550kgの哺乳類を常食していることがわかる。アフリカではヌーが最もよく獲物となっており、セレンゲティではおよそ全体の半分にもなっている(シマウマがそれに次ぐ)[57]。小型のガゼルやインパラその他すばしこいレイヨウなどは一般に狩りの対象とはならない。190kg以下であってもイボイノシシはしばしば狩りの対象となる[58]。家畜も襲うため、インドではしばしばウシが犠牲となる[33]。ヒョウやチーター、ハイエナ、リカオンなど他の肉食動物も狩ることができるが、食べることはほとんどない。屍肉も漁る。病死したものでも他の肉食動物が仕留めたものでも変わらず。輪をつくっている猛禽類につねに目をやりハゲワシなどが死体や弱った動物を囲んでいないか注意深く観察するのである[59]。一般に大食いであり、一度に30kgの肉を平らげる[60]。獲物を食べきれないときには数時間休んで再び口をつける。成獣はメスで1日におよそ5kg、オスで7kgの肉を必要とする[61]

シマウマを分け合うハンターたち

獲物に見つかりやすい開けた場所で狩りをするため、集団行動をすることでその成功率を上げようとする。特に大型の動物を狙う場合はなおさらである。また獲物を仕留めたあとに、ハイエナなど他の肉食動物に手柄を横取りされないためにもチームワークは必要となる。遮蔽物のないサバンナでは何km先からもハゲタカが集まっているのが容易に見てとれるからである。狩りの大半はメスライオンがこなし、個々のメスライオンがそれぞれの位置について獲物を「鶴翼」で囲んで攻撃をしかけたり、集団で密集して移動し他のライオンと争って獲物を襲うというのが典型的である[62]。そのためオスライオンが怠け者であるといった俗説が一部にあるが、これは誤りでありオスライオンはもっぱらカバ、キリン、バッファローなどの大型動物を専門とする非常に有能なハンターである[63]

若い個体が初めて狩りに加わるのは生後3ヶ月ほどである。ただし獲物を追うだけで、実際に襲うのは1歳。2歳で狩りができるようになる[64]

繁殖と生活周期[編集]

通常ライオンは4歳ごろに受胎が可能となる[65]。交尾の時期は決まっておらず、発情期のようなものはない[66]。他のネコ科の動物のように、オスはペニスに傘状の「とっき」を持っている。この「とっき」が雌の性器を刺激し、排卵を促す[67]。メスが一頭のオスとだけ交尾するということはまずなく、交尾期には複数のオスと接触するのがふつうである[68]。交尾は数日かけて行われることもあり、番のライオンはたいてい食事をとらず1日におよそ20-40回の接合をおこなう。また飼育個体は妊娠しやすい傾向にある。

交尾をする番(つがい)

妊娠期間は平均110日であり[66]、メスはプライドの場所からやや離れた、他の動物の目につかない巣穴で1頭から4頭の幼獣を産む。出産直後の子ライオンは体重が1.2kgから2.1kgほどでおよそ1週間は目が見えない状態であり、ほとんど無力である。這いずりまわるのは生後1-2日で、3週間ほどで歩き回ることができるようになる[69]。幼いうちはこの巣穴に比較的近い場所で狩りを行い[70]、移動の際も他の動物に襲われないようにメスが子供たちの首筋をくわえて何度もねぐらをかえる[70]

母となったメスは、ふつう子供が生後6-8週間になるまでプライドに戻らない[71]。例外的にこの期間が短縮されるのは、他の雌ライオンと出産時期が重なった場合である。例えばプライドにいる雌たちはしばしば同時に受胎するため、幼獣に乳をやり育てることは共同で行われる(子供がひとり立ちする準備段階に入るまでのことである)。この場合母親が誰かということは問題にされず、幼獣はプライドにいる全てのメスから同じような扱いをうける。出産が重なることは、彼らが生き残らせ、大きく育てるためには大事なことである。たとえばあるメスが他のメスの出産後1-2ヶ月して子供を産んだ場合、後から産まれた幼獣が食事から締め出され飢死しがちである。

受胎した雌(右)

2歳まで生きる幼獣は20%に満たない[72]。ジャッカルやハイエナ、ハゲワシ、ヘビに襲われることもあり、アフリカスイギュウでさえ子供のライオンの匂いを嗅ぎつけたなら、親たちの守ろうとした巣穴に殺到し、踏み殺そうとする。

プライドのオスが争いに負けて交代すると、新しいオスが幼獣を殺すこともある[73]。これはおそらく雌ライオンは子供が成長するか死ぬまでは発情しないからである。子殺しを行うオスに母親はしばしば反発するが、成功することはまれである。たいていオスは2歳に満たない幼獣を殺す。母親はオスよりも体重が軽く、力も弱い。1頭の雄に対して3、4頭の雌が結束した場合には、子供を守れることもある[73]

初めてプライドへと連れていかれた幼獣は母親以外の前ではじめから堂々と振舞うわけではない。しかしすぐにプライドでの暮らしに夢中になり、幼獣同士だけでなく成獣とも遊ぼうとする。母親は我慢づよくなる傾向が強いが、オスの場合は時と場合による。じっと幼獣がその尻尾やたてがみで戯れるのに任せるときもあれば、唸り声をあげて追い払うときもある[74]

オスが幼獣に対する態度は個体によって異なる。しかし雌よりも幼獣と食糧を分け合う傾向がある

離乳は生後6-7ヶ月からである。オスは3年ほどで成熟し、4、5歳になると他のプライドのオスたちと決闘して、縄張りを争うようになる[75] 。10-15年で力が衰えるほどの高齢になるが、それはプライドをまもるために致命傷を負ったことがないことを意味している(またライバルの雄から群れを追い出されたものが再び天下をとることはごくまれである)。子孫を増やし育てることのはごく短い期間であるということだ。プライドを支配してすぐに子供を設けることができたほうが、追い出される前に成長させることができる。

プライドから追放され、放浪者となるのはオスばかりではない。多くのメスは産まれたプライドに留まり続けるが、プライドが大きくなりすぎると若いメスが縄張りを追われ、群れから放り出される。さらに新たなオスがプライドを支配するようになると、若い個体は雌雄を問わずに追い出されないという保証はない[76]。メスが放浪して生きることは簡単ではなく、こうしたメスが幼獣を成熟させた例はほとんどない。ある統計によれば雌雄を問わずに同性間でホモセクシュアリティー的な交流をもつ[77][78]

健康[編集]

自然界には天敵は存在せず、多くは他の個体か人間との争いによって死ぬことになる[79]。これはプライドの守護者であるオスには特に当てはまるデータで、彼らは非常にしばしば敵対するほかのオスと積極的に渡りあう必要がある。野生個体と飼育個体の平均寿命が劇的に異なる原因がこれだ。一方で二つのプライドで一箇所の縄張りを争っている場合には、ひどい傷を負ったり殺されることがある。

コミュニケーション[編集]

プライドの仲間に頭をこすりつける行動はひろくみられる

狩り以外にもいくつもの社会的な行動をみせる。この動物が何かを表現する動きは非常に発達しているのである。もっともよく見られる友愛的な身振りが、頭をすりつけ舌で舐めつけることだ[80]。これは霊長類の毛づくろいにあたる[81]。他の個体に頭をこすりつけたり額や首に鼻を寄せるのは歓待的な行動で、仲間としばらく離れていたり敵と戦ったあとにしばしば見られる[82]。オスは他のオスに、幼獣やメスはメスに対して行う[83]。2頭が互いに舌で舐めあうということもよくある。むしろ相互におこない、された側が喜びを露にするのが一般的である。頭部と頸部が舐められることが一般的だが、これは身体の構造上の問題である。ライオンは自分の頭部や頸部を舐めることができないためである[84]

外見的にそれとわかる表情や身振りなども豊富であり、発声法も複数存在する[85]。強弱とピッチなどが使い分けられ、単なる個々の合図というのではなく、コミュニケーションの主要な道具となっている。ライオンが出す音には、唸り声や叫び声、咳払いのようなものから、グルグルと喉を鳴らしたり、ネコや犬のような鳴き声まである。叫び声をだすときは、非常な特徴がある。まずとても低い声からはじめゆっくりと吠え、最後に何度か短く唸る。たいていそれは夜であり、8km先からも聞こえるほどである。大型のネコでは最も大きな声を出すことで、自分の存在を誇示しているのだ[86]

捕食者同士の争い[編集]

本種とブチハイエナが同所的に分布している地域では、この2種が同じ生態学的なニッチを占め対立することになる。ときには全体の食糧の68.8%が重なってしまうことがある[87] 。本種はブチハイエナが襲ってきたり食物を奪いにきたりしない限りは相手にしないが、ブチハイエナは食物の有無により本種に対する反応がまったく異なる。本種は容易にブチハイエナを殺すことができるからである。ンゴロンゴロ保全地域では本種がブチハイエナの倒した獲物を奪うことが日常的になっていて、ブチハイエナの高い死亡率につながっている。ハイエナたちが食事をするときの呼び声をテープで再生すると、本種が現れるという報告例もある[88]。命の危険に晒されたブチハイエナはすぐその場から立ち去るか、30-100mほど距離を置き食事が終わるまで待ち続ける[89]。一方で場合によっては食事を続けたり、逆に本種に襲い掛かることもある。食糧とは関係ないところでもこの2種は対立することがあり、はっきりとした理由がみえないような状況で本種がハイエナに飛びかかり、傷を負わせたりする。1頭の雄ライオンが別々の場所でリーダー格の雌ハイエナ2頭をかみ殺した姿が記録されていて、このオスはハイエナを食事にしたわけではない[90]。エトーシャ国立公園のハイエナの71%は本種に襲われて死んでいる。ブチハイエナはライオンが繰り返し自分たちの縄張りに侵入してくるプレッシャーに耐えているのだ[91]。飼育されたブチハイエナである実験をすると、ライオンにまったく接した経験のない個体はその姿を目にしても無関心であるが、匂いをかぐと怯えだすということが明らかになった[88]

チーターやヒョウといったライオンより小型のネコ科動物と共存している地域でも、ライオンは支配的な影響力をもつ傾向にあり、その獲物を奪ったり、子供たちやときには大人でさえも捕食してしまう。チーターがその獲物をライオンや他の捕食者に奪われる確率は50%にもなる[92]。ライオンはチーターの子供にとって最大の脅威であり、襲われて生後1週間で命を落とす子供は実に90%に達する。チーターは時間をこまかくずらして狩りを行い競合をさけ、子供たちは深い茂みに隠しておく。ヒョウも同じような戦略を使っているが、チーターと違ってヒョウは木登りが得意であり、そこに子供たちをおくことでライオンから身を守っている。しかし、雌ライオンはときどきヒョウの獲物をうばうために木に登ることがある[93]が、ヒョウ程高い所までは登れない。 リカオンにもライオンは優位にたち、獲物を奪いとるだけでなくリカオンの子供や大人を狩ることもある(後者はそれほど多いものではないが)[94]

アフリカニシキヘビも彼らの捕食対象となる。

ライオンと共存する生物のなかでは、人間をのぞけばナイルワニが唯一彼らを脅かすことができる存在である。ワニはライオンの獲物に含まれるが、[95]逆にワニにとってもライオンは獲物の一つである[96]

分布と生息地[編集]

2頭の亜種インドライオンのオス(ムンバイのサンジェイ ガンジー国立公園)。亜種インドライオンは絶滅の危機に瀕しており、西インドのジルに集められている[97]

アフリカでは、影のできるアカシアの木がまばらに生えているサバンナの草原地帯にライオンたちをみることができる。[98] インドでの生息地は乾燥したサバンナかさらに乾いた落葉樹林のなかである。[99]。最近では[いつ?]、ライオンが分布するのはギリシャからインドまでの南ユーラシアと、アフリカの大部分になっている(ただし熱帯雨林のある中央部とサハラ砂漠をのぞく)。ヘロドトスの記すところによれば、ライオンは紀元前480年ごろにはギリシャでよく知られる動物となった。ペルシャの王クセルクセス1世が国中を練り歩いているなか、そのラクダの積荷をライオンが襲ったことが記されている。アリストテレスは紀元前300年にはもう彼らが貴重な動物だと考えていて、その後400年ほどして彼の地でのライオンは絶滅している[100] 亜種インドライオンは10世紀ごろまではヨーロッパの辺境であるコーカサス地方にもいたと考えられている[101]

パレスチナに由来する種も中世には姿を消した。アジアのほとんどの地域でも、猟銃が簡単に手に入る18世紀ごろになるとライオンの姿は見られなくなった。19世紀の終わりから20世紀はじめにかけて、北アフリカおよび東南アジアでも絶滅している。トルコおよびインド北部のほぼ全域も同様である[102] 。アジアで最後にライオンが確認されたのは1941年のイランであるが、3年後にはカルン川の岸辺で死骸となって発見された。その後イランでは信頼できるレポートは送られていない[60]。最後に生き残った亜種インドライオンはインド北部のギルの森周辺でみることができる[103]。そこはグジャラート州に属する、ほとんどが森に覆われた1412平方キロメートルの土地であり、300頭ほどのライオンたちの聖地となっていて、その数はゆっくりと増しているという報告もある[104]

アフリカのほぼ全土、西ヨーロッパからインドの多くの地域、北アメリカのベーリング地峡自然保護区など生息地は幅広い。しかし今日では一部の地域で種そのものが絶滅している。

保全状態[編集]

アジア種はかつてインド沿岸部から北西地域まで生息していたが、現在では野生のライオンはジルの森かグジャラートでしか目にすることはできない。その数はおよそ320頭ほどである[105]

多くの個体は東アフリカと南アフリカに生息しているが、その数は激減しており20年間で30-50%まで数を減らしている[4]。2002-2004年現在のアフリカでの野生個体数は16500-47000頭と推測されているが、1990年代はじめになされた調査では1950年には10万-40万頭までいたとされていた[106][107]。原因ははっきりしていないが、この数字が回復することはおそらくない[4]。生息地の減少と人間との衝突が種を脅かす最大の原因と考えられる[108][109]。ライオンたちがいま生き残っている地域はそれぞれが孤立した状態にあり、近親繁殖が進んでしまうため、遺伝的な多様性が失われている。西アフリカにおけるライオンの数は中央アフリカのそれと非常に差があり、交配する個体の交替がまったくといっていいほどなされない。この地域における成体のライオンの頭数調査が近年2度行われ850-1160頭と推計されている(2002年と2004年)。これは最も大きな数字であって、ブルキナファソのArly-Singou エコシステムのもとでは100-400頭という推計とは食い違いがある[4]

保護には国立公園や禁猟区を設置し維持することが求められる。ザンビアのエトーシャ国立公園、タンザニアのセレンゲティ国立公園、南アフリカのクルーガー国立公園などが有名である。このエリアの外では人間や家畜と接触するために問題が起こってしまうため、たいていライオンのほうが排除される[110]。亜種インドライオンはインド西部にあるギル国立公園が最後の生息地となっている。そこは1,412平方キロメートルの面積をもち、2006年4月の時点でおよそ359頭の生息が確認されている。アフリカと同様にこの公園に非常に近いところに大勢の人間が暮らしているため、ライオンと家畜や地元民、保護団体のあいだで問題が生じている[111]。亜種インドライオンを復活させるプロジェクトが計画され、インドのマディヤ・プラデシュ州にある野生動物保護区に複数頭がまとめられた[112]。亜種インドライオンが生き残るためには遺伝子プールとを確保し、遺伝的多様性をひろげ維持することが重要なのである。

樹皮のかけらと戯れるライオンの子供

かつて動物園の基亜種は人気があったが、個別に飼育されることでバーバリライオンの野生個体数が減っていくという結果につながった。イギリス、ケント州のポート・リム野生動物公園にいた12頭はモロッコ王が所有していたペットの子孫であった[113]。ほかにも基亜種と考えられる個体11頭がアディスアベバの動物園で発見されている。こちらは皇帝ハイレ・セラシエが飼っていたライオンの子孫である。ワイルドリンク・インターナショナルはオックスフォード大学と共同で、国際的なバーバリーライオン・プロジェクトを立ち上げている。これは世界中のバーバリーライオンを同定し、繁殖することで定期的にモロッコのアトラス山脈にある国立公園に再導入していくというものである[32]

アフリカで生息数が減っているという事実が明らかになると、それを食い止めるために幾つもの保護プログラムが組まれるようになった。本種はSSP(Species Survival Plan )に含まれる動物であり、動物園と水族館が団結して生存の可能性を高める努力が行っている。この計画はもともと亜種インドライオンを対象に1982年に始まったものだが、北アメリカにいる亜種インドライオンの多くがアフリカ産の亜種と交配され、遺伝的に純粋ではないことが判明したために棚上げされていた。アフリカのライオンを対象にした計画は1993年に持ち上がる。これはとりわけ南アフリカの亜種に重点をおいたものであったが、飼育個体の遺伝的多様性を判断するという難題が課せられていた。ほとんどの個体はその血統がはっきりしていないためである[102]

人食いライオン[編集]

ふつう人を襲うことはないが、例がないわけではない。非常に有名になったものにツァボの人食いライオンがいる。これは1898年にケニア(当時はイギリス領東アフリカ)のツァボ川に架橋する工事の最中に起こった悲劇で、ケニア-ウガンダ間に鉄道を敷くための9ヶ月に合計で28人の工夫が犠牲になったものである。1991年にはザンビアでも事件が起き、ムフエルアングワ渓谷で6人がかみ殺されている[114]。この人食いライオンたちを撃ち殺したハンターは、ライオンたちが捕食行動をおこなっていたと詳細に記している。ツアボとムフエの事件には類似点がみられ、どちらのライオンも平均よりも巨大な体躯をもち、たてがみがなかった。そして虫歯に苦しんでいるらしきところも共通していたが、この虫歯も含めた疾患によるストレスという説を支持する研究者は皆無である。博物館のコレクションにくわえられた人食いライオンたちの顎と歯の分析が示しているのは、虫歯はいくつかの付随的な条件を示すことはあるかもしれないが、ライオンたちが人を襲ったのは人間の多い地域で食糧が不足したためだという可能性が最も高いということである[115]。ツアボの事件を中心に人食いライオン一般を研究した学者は、病気になったり傷を負ったライオンが人を襲う傾向にあることは認めたが、そういった行動は決して異常ではなく、機会さえあればむしろ当然のものだとしている。家畜や人間に遭遇するなどの要因さえあれば、ライオンはいつでも人間を獲物にしうるということである。著者たちはこういった人間との関係は古生物学の記録によればヒョウや他の霊長類にも十分に確認できると記している[116]。ライオンがどのように人を襲うのかという傾向については体系だてられた調査が存在する。アメリカとタンザニアの科学者は、タンザニアの地方でライオンの被害が増加していると報告している。それによれば1990年から2005年にかけて数が増しており、すくなくとも563の村が襲われ、1世紀も前に有名になったツアボの事件の被害者数をはるかに越えるスピードで人間が殺されている。たとえばルフィジ県のセルー国立公園周辺やモザンビーク国境沿いのリンジ地方などで事件が多発している。人口が増えてより辺境に暮らす人が多くなったことも原因の一つだが、著者たちが主張しているのはライオンの保護プログラムが危険を放置したままにしているということである。これらのケースではプログラムがそのまま被害につながっているからである。リンジでのケースは、村からでた人間がライオンに襲われた例として記録されている[117]

シカゴの博物館に展示されるツアボの人食いライオン

「エデンの人食いライオン」の著者ロバート・R・フランプは、南アフリカのクルーガー国立公園を夜中に横切るモザンビークの難民が定期的にライオンに遭遇し、殺されていると指摘し、公園側もそれが問題となっていることを認めている。公園がアパルトヘイトの対象となり、難民が夜中にそこを通らなければならなくなって以降、10年間で数千もの人々が犠牲になっているとフランプはいう。国境が封鎖されるまでの100年近く、モザンビークの人間は日中を比較的安全に歩いて通ることができたのだ[118]

パッカーの試算によると、毎年200人以上のタンザニア人がライオンをふくめ、ワニ、ゾウ、カバ、蛇に殺されている。実際の数字はこの倍に達することもありえ、少なくともそのうち70がライオンによるものである。彼は1990年から2004年までの記録をつくり、タンザニアでのライオンが815人を襲い、そのうち563人を食い殺しているとしている。パッカーとイカンダは欧米流の保護プログラムがこういった側面にも責任を持たねばならないとする数少ない論者でもある。ライオンの保護と人命への倫理的な配慮を両立させなければ、長期的な成功はなしえないからである[117]

2004年にはタンザニアの南で人食いライオンが射殺されている。ルフィジ県の鉱山地帯にある村々で事件を起したこのライオンは、少なくとも35人を襲い、食い殺したとされている[119][120]。GTZのコーディネーターであるロルフ・D・バルダス博士は、臼歯のしたにおおきな膿瘍があったことが人を襲った原因である可能性が高いと語った。このライオンの臼歯にはいくつかの亀裂さえあり、「特にものを噛む時にはおそらくひどい痛みを感じていた」[121]。GTZとはドイツの開発協力機構で、この20年間タンザニア政府と協同で野生動物の保護にとりくんでいる。彼によれば、他のライオンと同様にこの個体も巨大な体躯をもち、たてがみが無く、そして歯に問題を抱えていた。

「All-Africa」の記録は、ツアボの事件ではなく、あまり知られていない1930年代の終わりから40年代にかけてのタンガニーカ(いまのタンザニア)での人食いライオンの事例を集めたものである。それによれば保護区の巡視員でありプロのハンターであるジョージ・ラシュビーが駆除したプライドには、いまでいうンジョレ地区で3世代にわたって1500から2000もの人々を食い殺してきたとされているものがあった[122]

飼育[編集]

概要[編集]

飼育個体

18世紀後半には動物園の目玉になっていた。彼らのような大型のネコ科とともに、ゾウやサイ、カバなどの脊椎動物や霊長類なども人気を博していた。かつて動物園はこういった珍しい動物を可能なかぎり集めていたのである[123]。現代の動物園の多くはもっと的を絞っているのがふつうだが[124]、それでも世界中の動物園や国立公園には1,000を越えるアフリカ産の個体と100を越える亜種インドライオンがいる。彼らは大使のような扱いをうけ、教育や観光、環境保護のために駐在していると考えられている[125] 。飼育個体は20年以上生きることもあり、ハワイのホノルル動物園にいた「アポロ」は22歳まで生きて2007年8月に死んだ。1986年に産まれた彼の姉妹2頭は、2007年8月現在も存命である[126]。なお、日本では、横浜市立野毛山動物園にいたオス「モドリ」(2008年3月に24歳で死亡)が最高齢である。繁殖プログラムは異なる亜種を交配しないよう、血統を明らかにする必要がある。そうしなければ保護する価値がわからなくなってしまう[127]

歴史[編集]

亜種トランスバールライオンのオス

紀元前850年ごろにはアッシリア王によって飼育された[100]。アレクサンダー大王もまた北インドから調教された個体を献上されたといわれている[128]。ローマの時代がくると、皇帝たちは剣闘士と戦わせるようになる。スッラやポンペイウス、カエサルといった名高い人物たちはしばしば一度に何百頭という個体を集め殺戮させるよう命じていた[129]。東洋ではインドの王妃が飼育された。マルコ・ポーロの記すところによれば、クビライ・ハンは室内にライオンを飼っていたという[130]。ヨーロッパで始めて「動物園」が貴族や王家のあいだで流行したのは13世紀のことである。17世紀ごろまでにはハーレム(seraglios)と呼ばれ、驚異の部屋の延長として当時は見世物小屋(menageries)という名も定着していた。ルネサンス期にはフランス、イタリアからヨーロッパ全土へと広がった[131]。イギリスではこのハーレム文化があまり栄えることはなかったが、13世紀にジョン王がロンドン塔につくったハーレムのなかで飼われていた。おそらく1125年にヘンリ1世がはじめた初期の見世物小屋が起源だと考えられる[132][133]。それはオックスフォードのそばのウッドストック近くにあり、マームズベリのウィリアムはライオンたちがそこで飼われていたと記録している[134]

こういった施設は貴族の富と権力とを表すものであり、とりわけ巨大なライオンやゾウたちのような動物はそのまま力のシンボルとなった。これはつきつめると、人間が自然を支配しているということを誇示するためのものでもあった。ライオンのような大自然の「王」が怯える姿や、サイを前にしたゾウが尻込みする様に17世紀の好事家たちは驚き、そして喜んだのだった。見世物小屋が一般大衆に受け入れられるようになると、このような動物同士の決闘は次第にみられなくなっていった。大型動物をペットにするという伝統は19世紀まで続くが、その頃にはかなり奇矯なふるまいとみなされるようになった。[135]

デューラーによるライオンのスケッチ(1520年ごろ)

ロンドン塔には常にライオンがいたわけではなく、たとえばヘンリー6世の妃であったマーガレット・オブ・アンジューのような趣味人が探し出したり、贈られたりしたときに見ることができた。記録によれば、当時のイギリスでの飼育環境は貧弱なもので、フィレンツェなどとは開きがあったという[136]。18世紀ごろには見世物小屋は大衆に開かれたものとなり、3ペンス半を払うか餌となる犬猫をもってくれば入場料となった[137]。エクセターにあるもう一つの小屋も19世紀はじめまでライオンを見世物にしていた。ウィリアム4世によってロンドン塔のmenagerieは閉じられ、動物たちはロンドン動物園に移された。こちらが一般に公開されるようになったのは1828年4月27日のことであった[138]

野生動物の取引がされるようになり、それが隆盛をきわめるのは植民地貿易が進んだ19世紀のことである。本種はごく一般的かつ安価な生き物だと考えられていた。トラよりは高値がついたものの、キリンやカバなどの巨大で輸送が難しい動物ほどではなく、ましてパンダとは比べものにならなかった[139]。他の動物と同様に、彼らは自然由来の単なる商品とみなされ、捕獲や輸送に関してほとんど省みられるということがなかった[140]。さらにライオンを追いかけるハンターという英雄的なイメージが人口に膾炙し、長年にわたってそれが支配的なものとなった[141]。冒険者やハンターたちはありがちなマニ教的善悪二元論を利用して、その冒険譚に彩りをくわえ、自ら英雄として振舞ったのである。こうして人食いライオンは人食いライオンなのだという考えが大型のネコ科動物にはあてはめられ、「大自然の驚異とそれを克服する悦び」という構図がつくられた[142]

メルボルンの動物園

ライオンが飼育される窮屈で不潔な環境が一変したのは、1870代になってロンドン動物園におおきく住みよいケージがつくられてからである[143]。20世紀のはじめになると、カール・ハーゲンベックがより本来の生態にあうような囲い込み法を考案した。これはさらに開けた敷地をもうけて砂利をまぜた岩山をつくり、柵のかわりに掘割をそなえたものだった。このデザインは、その後メルボルンやシドニーなどで取り入れられている。ハーゲンベックの設計は普及したとはいえ旧式の柵と檻も60年代まで動物園では当たり前のものであった[144]。1990年代になると、敷地はさらに広げられ、自然環境になぞらえられるとともに、鉄網や薄いガラスなどが使用され、見物客はかつてないほどライオンの側まで近寄ることができるようになった。いまではライオンたちの住環境は自然のそれと非常に近く、彼らの欲求に従ってさらにあるがままに近づける現代的なガイドラインが採用されている。巣穴はいくつかに分散させ、ライオンたちが横たわる場所には陽射しと木陰のどちらも過不足がなくなるようにし、水はけをよくするとともに歩きまわれるスペースも確保するということに重点がおかれる[125]

調教[編集]

檻の中のライオンをてなずける調教師のスケッチ(19世紀)

ライオン狩り(Lion-baiting)とは他の動物とライオンを戦わせる血なまぐさいスポーツのことである。たいていその相手は犬たちであり、記録によれば古代から17世紀まで行われていた。ウィーンでは1800年、イギリスでは1825年に禁止されている[145][146]

サーカスなどの見世物にするためにライオンを調教することも昔からなされていた。現代でもジークフリード&ロイといったエンターティナーがいる。これはライオンだけでなく、トラやヒョウ、ピューマなどにも試みられていた。この分野の先駆者は19世紀始めのフランス人アンリ・マーティンと、アメリカ人のアイザック・ヴァン・アンバーグである。二人は世界中をまわり、無数の追随者を生んだ[147]。ヴァン・アンバーグは1838年にイギリスを訪れた際にヴィクトリア女王の前でもその腕を披露している。マーティンは「マイソールのライオンたち」というパントマイムを考案し、アンバーグはすぐにそのアイディアを借用した。これらの出し物はそれまでサーカスの目玉だった馬術にとってかわったが、実際にライオンのショーが大衆の関心を集めたのは20世紀はじめに映画に登場してからである。これは前世紀的なライオンとの決闘と同じようなも構図でもって動物に対する人間の優位を誇示するものであった[147]。調教師の支配力と監督力を極端なまでに証明するものが、ライオンの口にその頭を突っ込むパフォーマンスである。今日ではライオン調教師の象徴ともいえるパフォーマンスであるが、これを初めて行ったのはアメリカ人のクライド・ベイティ(1903年-1965年)だとされている[148]

養殖と狩猟[編集]

南アフリカなどの国では、単に種の保存を目的とするだけでなく、狩猟用に飼育されている場合がある。このようなライオンたちは、幼獣の時期にはエコツーリズムなどの観光の資源として利用される。観光客は代金を支払い、子ライオンを抱いたり、ミルクを与えたりして楽しむ。そしてライオンは成長すると、狩猟のために野に放され、狩猟愛好家の標的となる。生まれた時から人間に飼育されたライオンに、猟師から逃れるすべはない。狩猟の顧客はアメリカ人が多い[149]

東洋においてトラの骨の酒(虎骨酒)が珍重されているが、20世紀末になるとトラは保護され、代わりにネコ科の大型獣が用いられるようになり、2008年よりライオンの骨も利用され、養殖されたライオンの骨が国際取引される[150]

雑学[編集]

  • ライオン (企業) - ライオン株式会社の創業は1891年、当時は小林富次郎商店と言った。「ライオン歯磨」の発売は1896年。小林が知り合いの牧師に商品名を相談して「ライオンは歯が丈夫であるし商品の名前としてうってつけではないか」と言われて付けた。
  • ライオンズマンション - 入り口に座ったライオンの銅像が置いてある。ライオンの名前の由来は群れで行動し、家族を大切にするライオンにあやかり、マンションに住む住人たちの家庭円満を願ってのものである。
  • ライオン看板 - ライオン鬣の面構えに似ているという洒落と自嘲でトタン看板の造作を「ライオン造り」と称していた(東京っ子が命名したという)。

著名な創作物[編集]

  • 野性のエルザ - いくつかの書籍や映画にまとめられたライオンの保護飼育の記録。
  • グレートハンティング - ライオンの人食いシーンが登場してヒットしたイタリア映画。
  • ジャングル大帝 - 白いライオンを主役にしたきっかけは、動物絵本の挿絵としてライオンを描いている時に白熱電球の下で仕事をしたために、彩色に失敗し薄い色のライオンができてしまったことによる。これをインスピレーションとしてレオを描いた[151][152]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Nowak, Ronald M. (1999). Walker's Mammals of the World. Baltimore: Johns Hopkins University Press. ISBN 0-8018-5789-9. 
  2. ^ Harington, CR (1969). “Pleistocene remains of the lion-like cat (Panthera atrox) from the Yukon Territory and northern Alaska”. Canadian Journal Earth Sciences 6 (5): 1277–1288. 
  3. ^ Smuts, G.L. (1982). Lion. Johannesburg: Macmillian South Africa (Publishers)(Pty.) Ltd.. p. 231. ISBN 0-86954-122-6. 
  4. ^ a b c d Nowell & Bauer (2004). Panthera leo. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 11 May 2006. Database entry includes a lengthy justification of why this species is vulnerable.
  5. ^ 最強の動物といえば…ベスト3は「ライオン」「ゾウ」「トラ」 nifty何でも調査団 nifty(2012年6月8日)2012年9月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、36-43頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社2000年、14-18、151-152頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba 今泉忠明 『絶滅野生動物の事典 4版』、東京堂出版2003年
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、171頁。
  10. ^ a b c d e f g h i 『絶滅危惧動物百科2 アイアイ―ウサギ(アラゲウサギ)』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、84-85頁。
  11. ^ 『朝日新聞』2007年11月24日朝刊。
  12. ^ ヘロドトス『歴史』第7巻126(岩波文庫版下巻79頁)。アリストテレス『動物誌』第6巻第31章(岩波文庫版上巻334頁)、第8巻29章(下巻108頁)。
  13. ^ ヘロドトス『歴史』第7巻125(岩波文庫版下巻79頁)。
  14. ^ 例えば万年青では葉先が巻き込むものを獅子葉と言い、この芸を持つものは往々にしてこの名を持つ。
  15. ^ Simpson DP (1979). Cassell's Latin Dictionary (5th ed.). London: Cassell Ltd.. p. 342. ISBN 0-304-52257-0. 
  16. ^ Liddell, Henry George Scott, Robert (1980). A Greek-English Lexicon (Abridged Edition). United Kingdom: Oxford University Press. p. 411. ISBN 0-19-910207-4. 
  17. ^ Simpson, J., Weiner, E. (eds), ed (1989). “Lion”. Oxford English Dictionary (2nd edition ed.). Oxford: Clarendon Press. ISBN 0-19-861186-2. 
  18. ^ yourdictionary.com”. 2007年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月26日閲覧。. As in other ancient scripts, in Ancient Egyptian only the consonants are written. No distinction was made between 'l' and 'r'.
  19. ^ Linnaeus, Carolus (1758) (Latin). Systema naturae per regna tria naturae :secundum classes, ordines, genera, species, cum characteribus, differentiis, synonymis, locis.. 1 (10th ed.). Holmiae (Laurentii Salvii). p. 41. http://www.biodiversitylibrary.org/page/726936 2008年9月8日閲覧。. 
  20. ^ Panther”. Online Etymology Dictionary. Douglas Harper. 2007年7月5日閲覧。
  21. ^ Lion”. Honolulu Zoo. 2007年7月12日閲覧。
  22. ^ V.G Heptner & A.A. Sludskii (1992). Mammals of the Soviet Union, Volume II, Part 2. Leiden u.a.: Brill. ISBN 9004088768. 
  23. ^ a b Nowell K, Jackson P (1996). “Panthera Leo” (PDF). Wild Cats: Status Survey and Conservation Action Plan. Gland, Switzerland: IUCN/SSC Cat Specialist Group. pp. 17–21. ISBN 2-8317-0045-0. http://carnivoractionplans1.free.fr/wildcats.pdf. 
  24. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela. (2002) Big Cat Diary: Lion, p. 80
  25. ^ Wood, The Guinness Book of Animal Facts and Feats. Sterling Pub Co Inc (1983), ISBN 0-85112-235-9
  26. ^ Jungle Photos Africa Animals mammals - lion natural history Wood, G. 1983. The Guinness book of animal facts and feats. Sterling Pub. Co. Inc. 3rd. edition. 256 pp.
  27. ^ Schaller, p. 28
  28. ^ Trivedi, Bijal P. (2005年). “Are Maneless Tsavo Lions Prone to Male Pattern Baldness?”. National Geographic. 2007年7月7日閲覧。
  29. ^ a b Trivedi, Bijal P. (2002年8月22日). “Female Lions Prefer Dark-Maned Males, Study Finds”. National Geographic News. National Geographic. 2007年9月1日閲覧。
  30. ^ a b West, Peyton M.; Packer, Craig (August 2002). “Sexual Selection, Temperature, and the Lion's Mane”. Science 297 (5585): 1339–43. doi:10.1126/science.1073257. PMID 12193785. 
  31. ^ Barnett, Ross; Nobuyuki Yamaguchi, Ian Barnes and Alan Cooper (August 2006). “Lost populations and preserving genetic diversity in the lion Panthera leo: Implications for its ex situ conservation”. Conservation Genetics 7 (4): 507–514. doi:10.1007/s10592-005-9062-0. 
  32. ^ a b Yamaguchi, Nobuyuki; B. Haddane (2002). “The North African Barbary lion and the Atlas Lion Project”. International Zoo News 49: 465–481. 
  33. ^ a b Menon, Vivek (2003). A Field Guide to Indian Mammals. Delhi: Dorling Kindersley India. ISBN 0-14-302998-3. 
  34. ^ Munson, Linda (March 3, 2006). “Contraception in felids”. Theriogenology 66 (1): 126–134. doi:10.1016/j.theriogenology.2006.03.06. PMID 16626799. 
  35. ^ Trivedi, Bijal P. (2002年6月12日). “To Boost Gene Pool, Lions Artificially Inseminated”. National Geographic News. National Geographic. 2007年9月20日閲覧。
  36. ^ (ドイツ語) Koenigswald, Wighart von (2002). Lebendige Eiszeit: Klima und Tierwelt im Wandel. Stuttgart: Theiss. ISBN 3-8062-1734-3. 
  37. ^ McBride, Chris (1977). The White Lions of Timbavati. Johannesburg: E. Stanton. ISBN 0-949997-32-3. 
  38. ^ Tucker, Linda (2003). Mystery of the White Lions—Children of the Sun God. Mapumulanga: Npenvu Press. ISBN 0-620-31409-5. 
  39. ^ The rare white lions Retrieved on 20 September 2007.
  40. ^ Schaller, p. 122
  41. ^ Schaller, p. 120–121
  42. ^ a b c Schaller, p. 33
  43. ^ Schaller, p. 133
  44. ^ Heinsohn, R.; C. Packer (1995). “Complex cooperative strategies in group-territorial African lions”. Science 269 (5228): 1260–1262. doi:10.1126/science.7652573. PMID 7652573. 
  45. ^ Morell, V. (1995). “Cowardly lions confound cooperation theory”. Science 269 (5228): 1216–1217. doi:10.1126/science.7652566. PMID 7652566. 
  46. ^ Jahn, Gary C. (1996). “Lioness Leadership”. Science 271 (5253): 1215. doi:10.1126/science.271.5253.1215a. PMID 17820922. 
  47. ^ Schaller, p. 37
  48. ^ a b c Schaller, p. 39
  49. ^ Speed of Animals”. Fact Monster. 2009年10月6日閲覧。
  50. ^ Schaller, p. 247–248
  51. ^ Schaller, p. 237
  52. ^ Dr Gus Mills. “About lions—Ecology and behaviour”. African Lion Working Group. 2007年7月20日閲覧。
  53. ^ Pienaar U de V (1969). “Predator-prey relationships amongst the larger mammals of the Kruger National Park”. Koedoe 12: 108–176. 
  54. ^ "Among the Elephants", Iain and Oria Douglas-Hamilton, 1975
  55. ^ Kemp, Leigh. “The Elephant Eaters of the Savuti”. go2africa. 2010年3月8日閲覧。
  56. ^ Whitworth, Damien (2006年10月9日). “King of the jungle defies nature with new quarry”. The Australian. http://www.news.com.au/story/0,23599,20547955-38195,00.html 2007年7月20日閲覧。 
  57. ^ The Art of Being a Lion pg 186, Christine and Michel Denis-Huot, Friedman/Fairfax, 2002
  58. ^ Hayward, Matt W.; Graham Kerley (2005). “Prey preferences of the lion (Panthera leo)”. Journal of Zoology 267 (3): 309–322. doi:10.1017/S0952836905007508. 
  59. ^ Schaller, p. 213
  60. ^ a b Guggisberg, C. A. W. (1961). Simba: the life of the lion.. Cape Town: Howard Timmins. 
  61. ^ Lions”. Honolulu Zoo. 2007年7月20日閲覧。
  62. ^ Stander, P. E. (1992). “Cooperative hunting in lions: the role of the individual”. Behavioral Ecology and Sociobiology 29 (6): 445–454. doi:10.1007/BF00170175. 
  63. ^ オスの仕事、カバを襲うライオン ナショナルジオグラフィックニュース 2012年7月11日付 2013年1月25日閲覧
  64. ^ Schaller, p. 153
  65. ^ Schaller, p. 29
  66. ^ a b Schaller, p. 174
  67. ^ Asdell, Sydney A. (1993) [1964]. Patterns of mammalian reproduction. Ithaca: Cornell University Press. ISBN 978-0-8014-1753-5. 
  68. ^ Schaller, p. 142
  69. ^ Schaller, p. 143
  70. ^ a b Scott, Jonathon; Scott, Angela. (2002), Big Cat Diary: Lion, p. 45
  71. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela. p. 45
  72. ^ Macdonald, David (1984). The Encyclopedia of Mammals. New York: Facts on File. p. 31. ISBN 0-87196-871-1. 
  73. ^ a b Packer, C., Pusey, A. E. (May 1983). “Adaptations of female lions to infanticide by incoming males” (PDF). American Naturalist 121 (5): 716–728. doi:10.1086/284097. http://www.lionresearch.org/current_docs/6.pdf 2007年7月8日閲覧。. 
  74. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela; p. 46
  75. ^ Crandall, Lee S. (1964). The management of wild animals in captivity. Chicago: University of Chicago Press. OCLC 557916. 
  76. ^ Scott, Jonathon; Scott, Angela. p. 68
  77. ^ Bagemihl, Bruce (1999). Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity. New York: St. Martin's Press. pp. 302–305. ISBN 0-312-19239-8. 
  78. ^ Srivastav, Suvira (15–31 December 2001). “Lion, Without Lioness”. TerraGreen: News to Save the Earth. Terragreen. 2008年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月21日閲覧。
  79. ^ Schaller, p. 183
  80. ^ Schaller, p. 85
  81. ^ Sparks, J (1967). “Allogrooming in primates:a review”. In Desmond Morris. Primate Ethology. Chicago: Aldine. ISBN 0-297-74828-9.  (2007 edition: 0-202-30826-X)
  82. ^ (ドイツ語)Leyhausen, Paul (1960). Verhaltensstudien an Katzen (2nd ed.). Berlin: Paul Parey. ISBN 3-489-71836-4. 
  83. ^ Schaller, p. 85–88
  84. ^ Schaller, p. 88–91
  85. ^ Schaller, p. 92–102
  86. ^ Schaller, p. 103–113
  87. ^ Prey preferences of the spotted hyaena (Crocuta crocuta) and degree of dietary overlap with the lion (Panthera leo) by M. W. Hayward, Terrestrial Ecology Research Unit, Department of Zoology, Nelson Mandela Metropolitan University, Eastern Cape, South Africa
  88. ^ a b Interactions between Hyenas and other Carnivorous Animals from Hans Kruuk’s The Spotted Hyena: A Study of Predation and Social Behaviour The University of Chicago Press, Chicago 60637, 1972
  89. ^ Interactions with hyenas, jackals and vultures from The Serengeti lion: a study of predator-prey relations by George B. Schaller, University of Chicago Press, 1976
  90. ^ Dereck and Beverley Joubert (1992年). Eternal Enemies: Lions and Hyenas (DVD). National Geographic. 
  91. ^ Competitive interactions between spotted hyenas and lions in the Etosha National Park, Namibia by Trinkel, Martina; Kastberger, Gerald. African Journal of Ecology, Volume 43, Number 3, September 2005 , pp. 220-224(5), Blackwell Publishing
  92. ^ O'Brien, S., D. Wildt, M. Bush (1986). "The Cheetah in Genetic Peril". Scientific American 254: 68–76.
  93. ^ Schaller, p. 293
  94. ^ Animal Info - African Wild Dog
  95. ^ Crocodiles! - PBS Nova transcript
  96. ^ Guggisberg, C.A.W. (1972). Crocodiles: Their Natural History, Folklore, and Conservation. Newton Abbot: David & Charles. p. 195. ISBN 0715352725. 
  97. ^ Miller, Brian. Endangered animals: a reference guide to conflicting issues. Greenwood Publishing Group, 2000. ISBN 0313308160, 9780313308161. 
  98. ^ Rudnai, Judith A. (1973). The social life of the lion. Wallingford: s.n.. ISBN 0-85200-053-7. 
  99. ^ The Gir - Floristic”. Asiatic Lion Information Centre. Wildlife Conservation Trust of India (2006年). 2007年9月14日閲覧。
  100. ^ a b Schaller, p. 5
  101. ^ Heptner, V.G.; A. A. Sludskii (1989). Mammals of the Soviet Union: Volume 1, Part 2: Carnivora (Hyaenas and Cats). New York: Amerind. ISBN 9004088768. 
  102. ^ a b Past and present distribution of the lion in North Africa and Southwest Asia.”. Asiatic Lion Information Centre (2001年). 2006年6月1日閲覧。
  103. ^ Wildlife Conservation Trust of India (2006年). “Asiatic Lion - History”. Asiatic Lion Information Centre. Wildlife Conservation Trust of India. 2007年9月15日閲覧。
  104. ^ Wildlife Conservation Trust of India (2006年). “Asiatic Lion - Population”. Asiatic Lion Information Centre. Wildlife Conservation Trust of India. 2007年9月15日閲覧。
  105. ^ The Mane Don't Fit
  106. ^ Bauer H, Van Der Merwe S (2002). “The African lion database”. Cat news 36: 41–53. 
  107. ^ Chardonnet P (2002). Conservation of African lion. Paris, France: International Foundation for the Conservation of Wildlife. 
  108. ^ AWF Wildlife: Lion”. African Wildlife Foundation. 2007年8月29日閲覧。
  109. ^ NATURE. The Vanishing Lions”. PBS. 2007年7月20日閲覧。
  110. ^ Roach, John (2003年7月16日). “Lions Vs. Farmers: Peace Possible?”. National Geographic News. National Geographic. 2007年9月1日閲覧。
  111. ^ Saberwal, Vasant K; James P. Gibbs, Ravi Chellam and A. J. T. Johnsingh (June 1994). “Lion-Human Conflict in the Gir Forest, India”. Conservation Biology 8 (2): 501–507. doi:10.1046/j.1523-1739.1994.08020501.x. 
  112. ^ Johnsingh, A.J.T. (2004). “WII in the Field: Is Kuno Wildlife Sanctuary ready to play second home to Asiatic lions?”. Wildlife Institute of India Newsletter 11 (4). オリジナルの2007-09-27時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070927222341/http://www.wii.gov.in/publications/newsletter/winter04/wii+in+field.htm 2007年9月20日閲覧。. 
  113. ^ Barbary Lion News”. 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  114. ^ Man-eaters of the Field Museum: Lion of Mfuwe”. Field Museum of Natural History. Field Museum of Natural History (2007年). 2007年9月16日閲覧。
  115. ^ Patterson, Bruce D.; Ellis J. Neiburger, Ellis J.; Kasiki, Samuel M. (February 2003). “Tooth Breakage and Dental Disease as Causes of Carnivore-Human Conflicts”. Journal of Mammalogy 84 (1): 190–196. doi:10.1644/1545-1542(2003)084<0190:TBADDA>2.0.CO;2. http://www.bioone.org/perlserv/?request=get-abstract&doi=10.1644%2F1545-1542(2003)084%3C0190%3ATBADDA%3E2.0.CO%3B2 2007年7月6日閲覧。. 
  116. ^ Peterhans, Julian C. Kerbis; Thomas Patrick Gnoske (2001). “The Science of Man-eating”. Journal of East African Natural History 90 (1&2): 1–40. doi:10.2982/0012-8317(2001)90[1:TSOMAL]2.0.CO;2. オリジナルの2007-10-30時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071030031426/http://www.man-eater.info/gpage6.html 2007年7月7日閲覧。. 
  117. ^ a b Packer, C.; Ikanda, D.; Kissui, B.; Kushnir, H. (August 2005). “Conservation biology: lion attacks on humans in Tanzania”. Nature 436 (7053): 927–928. doi:10.1038/436927a. PMID 16107828. 
  118. ^ Frump, RR (2006). The Man-Eaters of Eden: Life and Death in Kruger National Park. The Lyons Press. ISBN 1-592288-92-9. 
  119. ^ Daniel Dickinson (2004年10月19日). “Toothache 'made lion eat humans'”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/3756180.stm 2007年7月20日閲覧。 
  120. ^ Ludger Kasumuni (2006年8月28日). “Terror from man-eating lions increasing in Tanzania”. IPPmedia.com. 2010年3月8日閲覧。
  121. ^ Baldus, R (march 2006). “A man-eating lion (Panthera leo) from Tanzania with a toothache”. European Journal of Wildlife Research 52 (1): 59–62. doi:10.1007/s10344-005-0008-0. 
  122. ^ Rushby GG (1965). No More the Tusker. London: W. H. Allen. 
  123. ^ de Courcy, p. 81
  124. ^ de Courcy, p. 82
  125. ^ a b Dollinger P, Geser S. “Animals: WAZA'S virtual zoo - lion”. WAZA'S virtual zoo. WAZA (World Association of Zoos and Aquariums). 2007年9月7日閲覧。
  126. ^ Aguiar, Eloise (August 2007). “Honolulu zoo's old lion roars no more”. Honolulu Advertiser. http://the.honoluluadvertiser.com/article/2007/Aug/08/ln/hawaii708080394.html 2007年9月4日閲覧。. 
  127. ^ Frankham, Richard; Ballou, Jonathan; Briscoe, David (2009). Introduction to Conservation Genetics. Cambridge University Press. p. 437. ISBN 0521702712. http://books.google.com/?id=vLZKnsCk89wC&pg=PA437&dq=conservation+lion+breeding+captivity+subspecies+separate&q 2010年9月12日閲覧。. 
  128. ^ Smith, Vincent Arthur (1924). The Early History of India. Oxford: Clarendon Press. p. 97. 
  129. ^ Thomas Wiedemann, Emperors and Gladiators, Routledge, 1995, p. 60. ISBN 0-415-12164-7.
  130. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 17.
  131. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 19–21, 42.
  132. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 20.
  133. ^ Owen, James (2005年11月3日). “Medieval Lion Skulls Reveal Secrets of Tower of London "Zoo"”. National Geographic Magazine. National Geographic. 2007年9月5日閲覧。
  134. ^ Blunt, p. 15
  135. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 24–28.
  136. ^ Blunt, p. 16
  137. ^ Blunt, p. 17
  138. ^ Blunt, p. 32
  139. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 122.
  140. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 114, 117.
  141. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, p. 113.
  142. ^ Baratay & Hardouin-Fugier, pp. 173, 180–183.
  143. ^ Blunt, p. 208
  144. ^ de Courcy, p. 69
  145. ^ Hone, William (2004) [1825–1826]. “July”. In Kyle Grimes. The Every-Day Book. University of Alabama at Birmingham. p. 26. http://www.uab.edu/english/hone/etexts/edb/indices/index.html#jul 2007年9月5日閲覧。. 
  146. ^ Blaisdell, Warren H. (November 1997). “How A Lion Fight Caused England To Stop The Breeding Of Both Ring And Pit Bulldogs”. American Bulldog Review 3 (4). オリジナルの2008-04-24時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080424001716/http://www.american-bulldog.com/how_a_lion.htm 2007年9月5日閲覧。. 
  147. ^ a b Baratay & Hardouin-Fugier, p. 187.
  148. ^ Feldman, David (1993). How Does Aspirin Find a Headache?. HarperCollins. ISBN 0-06-016923-0. 
  149. ^ “狩猟用の飼育ライオンが1週間逃亡中、南ア”. フランス通信社. (2013年1月19日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2921839/10124646 2013年1月19日閲覧。 
  150. ^ ライオンの骨、伝統薬人気がもたらす危機 南アAFP/Jean Liou, 2012年08月27日18:58, 2013年1月25日閲覧。
  151. ^ 手塚治虫『手塚治虫漫画全集399 手塚治虫のマンガの描き方』講談社、1997年、p228
  152. ^ 手塚治虫『マンガの描き方-似顔絵から長編まで』光文社<光文社文庫>、1996年、p232
  153. ^ DISCOVERY CHANNEL

参考文献[編集]

  • Juliet Clutton-Brock 『ネコ科の動物』 ㈱リリーフ・システムズ訳、株式会社 同朋舎出版〈ビジュアル博物館〉、1992年ISBN 4-1088-0980-3
  • Baratay, Eric; Elisabeth Hardouin-Fugier (2002). Zoo : a history of zoological gardens in the West. London: Reaktion Books. ISBN 1861891113. 
  • Blunt, Wilfred (1975). The Ark in the Park: The Zoo in the Nineteenth Century. London: Hamish Hamilton. ISBN 0241893313. 
  • de Courcy, Catherine (1995). The Zoo Story. Ringwood, Victoria: Penguin Books. ISBN 0140239197. 
  • Schaller, George B. (1972). The Serengeti lion: A study of predator-prey relations. Chicago: University of Chicago Press. ISBN 0226736393. 

外部リンク[編集]

  1. ^ a b CITES homepage
  2. ^ a b c The IUCN Red List of Threatened Species
    • Bauer, H., Nowell, K. & Packer, C. 2008. Panthera leo. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.
      • Breitenmoser, U., Mallon, D.P., Ahmad Khan, J. & Driscoll, C. 2008. Panthera leo persica. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.

関連項目[編集]