仏画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仏画(ぶつが)とは、広義には、仏教絵画全般を指し、仏伝本生譚、浄土変相図当麻曼陀羅など)、来迎図、二河白道図、六道絵などの仏教説話画、祖師絵伝、絵巻祖師図、禅宗僧の肖像画でいう頂相、一般僧の肖像画なども含む。

狭義には仏教、特に密教系宗派の礼拝・儀式で使用される絵画。仏(如来)や菩薩仏教で信仰される、インド古来の神々をはじめ、中国、日本の神々など、それ等を描いた絵画(単身像または群像)や曼荼羅両界曼荼羅、別尊曼荼羅など)を含む。

関連項目[編集]