サマタ瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サマタ瞑想(サマタめいそう、: samatha, サマタ: śamatha, シャマタ、漢訳:止行、奢摩他、: calm meditation)とは、仏教における瞑想の一種である。パーリ語の「サマタ瞑想」という表現を用いる場合は、上座部仏教のそれを指す。

概要[編集]

仏教において瞑想(坐禅)は「止観」とも呼ばれ、「止」と「観」とに大別されるが、この「」がここで言う「サマタ瞑想」である。(それに対し、「観」は「ヴィパッサナー瞑想」と呼ばれる。)

また、「戒定慧」における「」に相当するものでもあり、禅那禅定: Jhana: Dhyana)、すなわちいわゆる「」とも、その意味するところは同じである。

サマタとは心を落ち着けるということであり、上座部仏教では40種類の方法が説かれている。伝統的な仏教教学においては、まずはサマタ瞑想(止行)によって禅定を得ることが修行の根本となる。

現在、欧米で広まっているヴィパッサナー瞑想の一類であるマハシ系の瞑想法においては、その準備段階としてサマタ瞑想の一種である慈悲の瞑想が行なわれる。最も一般によく使われるサマタ瞑想は呼吸を対照するもの(安般念アーナーパーナ・サティ)である。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]