サティ (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サティ: sati: smṛti (スムリティ)、漢訳:「」(ねん)、: mindfulness)は、特定の物事を心に(常に)留めておくことで、仏教の実践において「正念」(sammā-sati)は八正道の一つである。正しい念は、あるいは三十七道品のなかの四念住などにおける「念」とあるように、基本概念の一つである。また、対象に執着あるい嫌悪などの価値判断を加えることなく、中立的な立場で注意を払うことを意味し、仏教における瞑想の基礎的な技術の一つであり、念を深めると心が固定され、何事にも惑わされない 定にいたるとされる。

上座部仏教のビパサナ瞑想の一系統であるマハシ系の瞑想方では、気づきと訳されるが、これは念の英語訳であるmindfullを日本語の「気をつける」「注意する」に訳したものである。ただし、勧行であるビパサナ瞑想と止行であるサマサ瞑想における念の役割は微妙異なるので、その訳にもニュアンスの違いがある。

概要[編集]

サティとは特定のことに常に意識を止めておくことである。ただし、その特定のことに執着するあるいは、嫌悪の対象として押し戻すように対峙するのではなく、中立的な状態で価値判断を加えることなく、意識を対象物に止めておくことである。また、常に意識を対象物に止めることで、意識の対象物に対する注意が途切れるということや、他の事に気が迷い別のことに意識が向かうこともなく、経つ時間を忘れるということもないとされる。

念が深まると意識が完全に固定され動かなくなる定にいたり、三昧の境地に入る。この三昧の境地は光悦感が伴うもので、釈迦は出家後に当時の数々の聖人の元で修行した時には、この念・定・三昧を非常に短期間で習得している。ただし、釈迦はこの光悦感がどれほど高次であろうとも最終的にはその光悦は一時的なものに過ぎないと知ることにより、釈迦これらの聖人達の下から離れて自ら苦行の道に進む。最後にこの苦行にも見切りをつけて菩提樹の下で瞑想するにあたり、まず最高位の三昧の境地に入った後、定の状態からその意識を森羅万象の変化に向けることによって観を得て、最後に釈迦は悟りにいたっている。

サマタ瞑想(止)の意識の対象は40程にあたり、息などの生理現象などから、神々、また喜捨することを心に浮かべてそれに集中することも「念」という。例えば、仏を心に想起してこれに集中することは「仏随念」あるいは「念仏」(buddhānusmṛti)という。これらの6つの念じる対象を特に六念処と呼ぶ。

ただし、近年で特に欧米で広く広まったビパサナ瞑想では、この念の対象を伝統的な40程のサマタ瞑想の対象物でなく、最初から物事の変化に向けるので、念を深めて定に至っても三昧の境地に入ることはできない。また、念の対象を常に変化する現象に向けるため、変化に連続的に「気づく」という意味となるが、サマサ瞑想の場合は対象物が固定されているので「気に留める」あるいは「意識を固定する」という意味で「念ずる」が適切な訳となる。念の途中で「気づく」たびに三昧から抜けてしまうという意味では念の訳として「気づく」は適さない。ビパサナ瞑想ではサティとは、「今の瞬間に生じる、あらゆる事柄に注意を向けて「、中立的によく「観察」し、「今・ここ」に気づいていることであるとされる。この様な観行にいたる境地と止行により至る境地の違いが現れる。

禅における念[編集]

サティは基本的に瞑想中にするもので、坐禅経行、立禅の最中に行う。また掃除や皿洗いや裁縫などの日常生活の簡単な動作そのものを念の対象とすることもある。これから最終的には仕事中や会話中などの日々の生活において複雑な作業をしているときでも常にサティを行えるようになるとされる。

日本における「念」の受容[編集]

日本のおいては浄土系の仏教が広まったことから念仏の行における南無阿弥陀仏という唱え言葉が一般的で、このことから「念」が「心に強く思う」という意味で理解されてきた。ただし、念仏はあくまでも念の一系統であり、古典的な意味での念というのは対象物を意識に常に途切れることなく留めるという意味が古典的な漢文経典でも見られる。

心理療法におけるサティ[編集]

欧米では、心理療法にサティを取り入れ、マインドフルネス認知療法として、うつ病の再発予防に活かしている[1]

関連[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『マインドフルネス認知療法 うつを予防する新しいアプローチ』(Z・V・シーガル、J・M・G・ウィリアムズ、J・D・ティーズデール共著、越川房子監訳、北大路書房、2007年)

外部リンク[編集]