四念処

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

四念処(しねんじょ、: cattāro satipaṭṭhānā, チャッターロ・サティパッターナー)とは、仏教における悟りのための4種の観想法の総称。四念処観(しねんじょかん)、四念住(しねんじゅう)[1]とも言う。「七科三十七道品」の中の1つ。

釈迦初期仏教の時代から、悟りに至るための最も中心的かつ最重要な観想法であり、仏教瞑想の「止観」(サマタ瞑想ヴィパッサナー瞑想)の内、「観」(ヴィパッサナー瞑想)の中核を成す観想法である。

経典の記述[編集]

パーリ語経典においては、『大般涅槃経』等で繰り返し言及される他、

  • 『大念処経』(大念住経、長部第22経)
  • 『念処経』(四念処経、中部第10経)

などでも、詳しく説かれている。

内容[編集]

四念処の内容は以下の通り[2]

  • 身念処(身念住) - 身体の不浄を観ずる(不浄観
  • 受念処(受念住) - 一切の受は苦であると観ずる(一切皆苦
  • 心念処(心念住) - 心の無常を観ずる(諸行無常
  • 法念処(法念住) - 法の無我(いかなる事象も自分に非ず)を観ずる(諸法無我

脚注・出典[編集]

  1. ^ 玄奘以降の新訳表現。
  2. ^ 『ブッダ最後の旅』 中村元 岩波文庫 p276

関連項目[編集]