等正覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

等正覚(とうしょうがく、: sammā-sambodhi, サンマー・サンボーディ、: samyak-sambodhi, サンミャク・サンボーディ)とは、仏教における悟りの境地のこと。正等正覚(しょうとうしょうがく)、正等覚(しょうとうがく)、正覚(しょうがく)、あるいは漢字音訳で、三藐三菩提(さんみゃくさんぼだい)、または単に菩提(ぼだい)とも言う[1][2]

また、主に大乗仏教で用いられる、その至高性・完全性をより強調した、かしこまった表現としては、無上正等正覚(むじょう-しょうとうしょうがく、: anuttara-samyak-sambodhi, アヌッタラ・サンミャク・サンボーディ)[3]無上正等覚(むじょう-しょうとうがく)、無上正覚(むじょう-しょうがく)、無上菩提(むじょう-ぼだい)、あるいは漢字音訳で、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたら-さんみゃくさんぼだい)といった表現もある[1]

文字通り、生死の迷い等、あらゆる煩悩を取り払い(漏尽)、苦を滅し(苦滅)、一切を平等に正しく観ずることができた境地を指す[1]。他の宗教でも見られる通俗的な表現を用いれば、これは「他我の区別が消失した、至福の境地」ということになるが、一時的な生理的変調ではなく、戒律瞑想・自己分析を通じて、理知的かつ習慣的・持続的なものとしてこれを達成していこうとするところに、仏教の特徴がある。

歴史[編集]

初期仏教[編集]

初期仏教においては、此縁性十二因縁四諦八正道などを踏まえつつ、戒律禅定観行(戒・定・慧の「三学」)を修め、己の煩悩を特定・除去して行き、己の煩悩が尽き、欲望・生存・無知の苦しみから解放され、解脱が成され、二度と生死の迷いの道に入ることは無い「再生の遮断」が成されたと、知るに至った段階(漏尽通阿羅漢果)の境地を指す[4]

この段階に達すると、煩悩・苦の汚れに邪魔されることなく、一切をありのままに平等に正しく観ずることができるようになるので、この境地を「等正覚」(正等正覚)と呼ぶ[1]

初期の仏教教団(僧伽)においては、釈迦の指導によって、五比丘を始めとする数多くの修行者がこの境地に至り[5]、釈迦が入滅後の第一回結集においては、500人の阿羅漢五百羅漢)が集結するに至った。

部派仏教[編集]

部派仏教の時代になると、有力部派であった説一切有部を中心に、縁起のメカニズム自体の分析・理論化への関心が高まり、多くのアビダルマ(論書)が書かれ、様々な説・理論が形成されることになった。

これは般若経製作集団や、龍樹中観派等によって批判されることになるが、他方で唯識派などの理論・分析の材料ともなった。

大乗仏教[編集]

大乗仏教においては、般若経龍樹中観派等によって、認識対象・認識内容の「性」「無自性」が強調され、世俗諦(分別智)ではなく、真諦(無分別智)としての等正覚を目指す本来の仏教、釈迦への回帰が主張される一方、各種の大乗仏教経典によって具現化・広大化された諸仏や、複雑化・詳細化された縁起観・自然観などを通じた観想によって、等正覚に至ろうとする各種の行法も発達した。

なお、初期仏教の頃から、瞑想の導入として、自身や他者の身体の不浄さや死後の腐乱(九相図)を観想したり(不浄観)、慈・悲・喜・捨の四梵住四無量心)を想起したり、世界の構成要素(十遍)を観想したり、三宝等を観想したり(十念十随念)といったような、その時々で瞑想に入るのに妨げとなっている囚われごとに応じて、様々な観想を行う行法が存在していた(上座部仏教で言うところの「四十業処」)ので、大乗仏教の様々な行法も、その変化・発展形態だと言うことができる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d 等正覚とは - 大辞泉/大辞林/コトバンク
  2. ^ 菩提とは - 大辞泉/コトバンク
  3. ^ (anuttarāṃ-samyak-sambodhiṃ)とも記述される。サンスクリットの原意では「最も優れた-正しい-知識」、「最も勝った-完全な-理解」と言った意味である。
  4. ^ 沙門果経
  5. ^ パーリ語経典律蔵

関連項目[編集]