七覚支

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

七覚支(しちかくし、: satta bojjhaṅgā, サッタ・ボーッジャンガー)とは、仏教における修行内容の1つ。修行・瞑想における7種の注意点。七菩提分(しちぼだいぶん)とも。「七科三十七道品」の中の1つ。

内容[編集]

七覚支の内容は以下の通り[1]

  • 択法(ちゃくほう)覚支 - 教えの中から真実のものを選び取り、偽りのものを捨てる
  • 精進覚支 - 一心に努力する
  • 喜覚支 - 真実の教えを実行する喜びに住する
  • 軽安(きょうあん)覚支 - 心身を軽やか・快適にする
  • 捨覚支 - 対象への囚われを捨てる
  • 定覚支 - 心を集中して乱さない
  • 念覚支 - 思いを平らかにする

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『ブッダ最後の旅』 中村元 岩波文庫 p277

関連項目[編集]