経行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ観世音禅センターの経行

経行(きんひん、Skt:Cankramana、英:Walking Meditation)は、原意は、一定の場所を徒歩で往復することである。

2012年現在の禅宗では、坐禅に伴う足の痺れや眠気を取り除くため、坐禅と坐禅の間に行うとされている。

また、義浄によれば、経行には、病を取り除き、消化を助ける、健康促進の目的もあったとされる[1]

坐る瞑想としての経行[編集]

歩行瞑想としての経行とは別に、午後の坐る瞑想としての、「飲食経行」(diva-vihāra)の用法も仏典中に見受けられる[2]

朝鮮高麗王朝での経行[編集]

高麗での経行は、朝廷主催の僧俗合同による、鎮護国家の仏教行進行事へと変化し、1046年より毎年3月に王都で開催されていた[3]

日本曹洞宗の場合[編集]

曹洞宗では、一息半歩(いっそくはんぽ)といって、爪先から踵までの半分の長さを歩幅とし、姿勢を正しつつ前方を俯瞰し、一息ごとに叉手(さしゅ)しながらゆっくりと歩く。

関連文献[編集]

  • 道元著『宝慶記』
  • 面山瑞方著『経行軌』
  • 面山瑞方著『経行軌聞解』
  • ティク・ナット・ハン著『ウォーキング・メディテーション - 歩く瞑想の本』(仙田典子訳、渓声社、1995年)
  • 曹洞宗『坐禅のすすめ』(曹洞宗宗務庁教化部、2011年)

参考文献[編集]

  • 関根正雄「瑞方面山の『経行軌聞解』について」(『日本医史学雑誌』16-4、日本医史学会、1970年)
  • 笹川浩仙「経行について」(『宗学研究』29、1987年)
  • 畝部俊英「『阿弥陀経』における「経行」について」(『真宗研究』47、真宗連合学会、2003年)
  • 安田純也「高麗経行考」(『朝鮮学報』255、朝鮮学会、2010年)
  • 水野榕己「仏教と医学(2)「経行」仏教従事者が担う医学医療」(『曹洞宗総合研究センター学術大会紀要』12、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 水野榕己「仏教と医学(2)「経行」仏教従事者が担う医学医療」(『曹洞宗総合研究センター学術大会紀要』12、2011年)より
  2. ^ 畝部俊英著「『阿弥陀経』における「経行」について」(『真宗研究』47、真宗連合学会、2003年)
  3. ^ 安田純也「高麗経行考」(『朝鮮学報』255、朝鮮学会、2010年)より

外部リンク[編集]